どうも!komeです。

今回は4/28(土)に東京競馬場でGⅡ青葉賞が開催されます。

そこで今回は青葉賞における過去10年間の枠順データや、同じ舞台となる東京芝2400mの枠順成績を分析してみました!

  • もっとも勝率の高い枠順、低い枠順
  • もっとも連対率・3着内率が高い枠順、低い枠順

などの情報が一目でまる分かりになっていますので、ぜひレース予想の参考にしてくださいネ!

kome
枠順の傾向をつかむことも、馬券を組み立てる上で重要なファクターですよね!
おっさん
まぁ貴様は単純すぎるけどなw

青葉賞 過去10年間の枠順データまとめ

それでは青葉賞における過去10年間の枠順データをいっきに見ていきましょう!!

1枠 [1-2-1-15/19]
2枠 [1-2-0-16/19]    
3枠 [2-1-1-15/19]  
4枠 [2-1-1-16/20] 
5枠 [1-2-2-15/20]   
6枠 [2-2-0-16/20]   
7枠 [0-0-2-25/27]   
8枠 [1-0-3-24/28]   

このような結果となりました。外枠の出走回数が圧倒的に多い結果となりましたね。

次に勝率について見ていきましょう!

青葉賞でもっとも勝率の高い枠順

ここからは青葉賞で最も勝率の高い枠順・低い枠順を分析していきます。

                                (勝率)
1枠 [1-2-1-15/19]  5.2%
2枠 [1-2-0-16/19]    5.2%  
3枠 [2-1-1-15/19]  10.5%
4枠 [2-1-1-16/20]     10%
5枠 [1-2-2-15/20]       5%
6枠 [2-2-0-16/20]     10%
7枠 [0-0-2-25/27]       0%
8枠 [1-0-3-24/28]    3.5%

びっくりするほどとびぬけている枠番はありませんね!

逆にここで注目したいのは出走頭数は多いものの、7枠が青葉賞ににおいてまだ1度も勝利したことがない枠順になります。

このジンクスは今回のレースで破る事ができるのでしょうか?!

青葉賞と同コース・同距離での枠順データ

ここでは青葉賞の舞台、東京芝2400mの枠順データを見ていきたいと思います。(過去3年間)

青葉賞と比較して、どのような結果となるのでしょうか?!

                                                    (勝率)
1枠 [11-11-10-88/120]   9.2%
2枠 [15-8-7-94/124]     12.1%
3枠 [10-12-7-102/131]   7.6%
4枠 [10-11-10-109/140] 7.1%
5枠 [11-7-11-119/148]   7.4%
6枠 [10-14-15-117/156] 6.4%
7枠 [16-12-9-143/180]   8.9%
8枠 [5-13-19-150/187]   2.7%

ここでは2枠が12.1%と高い数字をたたき出しています! それに次いで1枠という結果に。ここは長距離戦なので内を走る方が良い結果につながるという事が顕著に出ている証拠でもありますね。

次に連対率を見ていきましょうか!!

kome
内が有利なのは間違いなさそうですね!

青葉賞 連対率枠順データについて

ここからは勝率に引き続いて、連対率にスポットを当てて調査していきます。

『複・連系馬券』を買われる方は参考にしてください!

青葉賞 連対率の高い枠順

                                (連対率)
1枠 [1-2-1-15/19]  15.7%
2枠 [1-2-0-16/19]    15.7%  
3枠 [2-1-1-15/19]    15.7%
4枠 [2-1-1-16/20]    15.0%
5枠 [1-2-2-15/20]    15.0%
6枠 [2-2-0-16/20]    20.0%
7枠 [0-0-2-25/27]         0%
8枠 [1-0-3-24/28]      3.5%

ここは6枠が優秀ですね!

逆に7枠が勝率に引き続き、連対率が0%...これは完全に軽視レベルかもしれませんね。

次は、東京2400mコースの成績を見ていきましょう!

東京2400m 連対率の高い枠順

【東京2400m】

                                                     (連対率)
1枠 [11-11-10-88/120]   18.3%
2枠 [15-8-7-94/124]       18.5%
3枠 [10-12-7-102/131]   16.8%
4枠 [10-11-10-109/140] 15.0%
5枠 [11-7-11-119/148]   12.2%
6枠 [10-14-15-117/156] 15.4%
7枠 [16-12-9-143/180]   15.6%
8枠 [5-13-19-150/187]     9.6%

kome
ここでも内枠が有利なのが分かりますね!

青葉賞 3着内率枠順データについて

ここからは勝率に引き続いて、3着内率にスポットを当てて調査していきます。

『複・連系馬券』を買われる方は参考にしてください!

青葉賞 3着内率の高い枠順

【青葉賞】
                                (3着内率)
1枠 [1-2-1-15/19]  21.0%
2枠 [1-2-0-16/19]    15.7%
3枠 [2-1-1-15/19]    21.0%
4枠 [2-1-1-16/20]    20.0%
5枠 [1-2-2-15/20]    25.0%
6枠 [2-2-0-16/20]    20.0%
7枠 [0-0-2-25/27]      7.4%
8枠 [1-0-3-24/28]    14.2%

内枠の方がじゃっかん有利なデータに見えますね。しかしながら7枠の成績が悪すぎますね。ずば抜けて悪いのはなんのせいなのかはイマイチ分かりませんがね…

東京2400m 3着内率の高い枠順

                                                     (3着内率)
1枠 [11-11-10-88/120]   26.7%
2枠 [15-8-7-94/124]       24.2%
3枠 [10-12-7-102/131]   22.1%
4枠 [10-11-10-109/140] 22.1%
5枠 [11-7-11-119/148]   19.6%
6枠 [10-14-15-117/156] 25.0%
7枠 [16-12-9-143/180]   20.6%
8枠 [5-13-19-150/187]   19.8%

なんとなく分かってましたが、やはり内枠が有利な傾向が見えました!

ここは思い切って内枠の馬を軸に馬券を組み立ててもいいんじゃないでしょうか?!

(馬券は自己責任でオナシャス!!)

まとめ

いかがでしたか?

青葉賞、過去10年間の枠順データと同コースの過去3年間のデータを見ていきました。分析をした結果、

  • 青葉賞での勝率は3枠が一番高い
  • 有利な枠順は内枠(1・2・3枠)
  • 青葉賞における7枠の成績は壊滅的である

という事が分かりました。レース前の枠順発表時にこういったポイントも踏まえて注目してみて下さいね!