どうも!komeです。

※4/22(日)+収支181,7500円!!詳細はこちら!

4/29(日)にG1天皇賞春2018が開催されます。今回の天皇賞春2018はまさしく「主役不在」という言葉が適しているのではないのでしょうか?

そこで今回は天皇賞春に出走予定のシュヴァルグラン✕ボウマンについて「天皇賞2018で好走するのか?」徹底的に考察してみました!

kome
果たしてシュヴァルグランは買える馬なんでしょうか?!
スポンサードリンク

Contents

天皇賞春2018 出走予定馬・騎手・予想オッズ

※net.keiba引用

▼馬名をタップすると「馬✕天皇賞春」の相性が確認できます

シュヴァルグラン 牡6歳 栗毛

調教師  友道 康夫(栗東) 
馬主  佐々木 主浩
 ハーツクライ
 ハルーワスウィート
本賞金  800,200,000円
馬主の由来・意味  偉大な馬(仏)

 

過去の参考レース成績

ここではシュヴァルグランの過去レース成績を振り返り、天皇賞春2018の馬券予想に役立てていきましょう!

【前走2018/04/01】 GⅠ大阪杯 13着

スポンサードリンク

【通過タイム】※スローペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.12.8 0.24.1 0.36.5 0.48.9 1.01.1
(0.12.8) (0.11.3) (0.12.4) (0.12.4) (0.12.2)
1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
1.12.9 1.24.1 1.35.2 1.46.6 1.58.2
(0.11.8) (0.11.2) (0.11.1) (0.11.4) (0.11.6)
     
     
   

【レース展開】

スタートは全馬ほぼ互角。12番ヤマカツライデンが押し出されるようにじんわりと出て行き1コーナーへ。1馬身半差で2番手に14番ダンビュライト。1馬身差の3番手に6番スマートレイアー。半馬身差の外に11番ウインブライト。1馬身差の先団に2番サトノダイヤモンド。半馬身差で馬群の中に8番アルアイン、外に7番ゴールドアクターだが、向正面に入ったところで前へ動いた。1馬身差の中団に3番ヤマカツエース、5番ペルシアンナイト、4番シュヴァルグラン。その後ろも1馬身差で10番サトノノブレス、16番メートルダール、1番ミッキースワロー。さらに9番トリオンフ、後方から2番手に15番スワーヴリチャード。5馬身切れて最後方に13番マサハヤドリームという隊列になった。

前半1000m通過は61秒1でスローペース。ちょうど残り1000mあたりからスワーヴリチャードが外から進出を開始。押さえ切れない手ごたえで一気に先頭に並びかけた。トリオンフも外から押っつけて進出。アルアインも馬群の中から手が動き、先団はほぼかたまった状態で4コーナーをカーブした。

スワーヴリチャードが堂々の先頭で最後の直線へ。2番手にアルアインが上がり、懸命に前を追った。サトノダイヤモンドは後方に下がってしまい、完全に脱落。大外からはミッキースワローが脚を伸ばしかけるが、前との差がだいぶある。

残り200mでもスワーヴリチャードのリードは1馬身ほど。馬場の4分どころからペルシアンナイトが、じわじわと差を詰めながら坂を上がってきた。内のアルアインを交わしたが、先頭のスワーヴリチャードにまでは及ばず、同馬がそのまま押し切った。

勝ったスワーヴリチャードは8枠スタートの上、ペースが上がらず、序盤は後方から2番手。しかし、向正面で一気に動いて先頭に立つという大胆な騎乗で、勝利をものにした。有馬記念の二の舞を演じないよう、意識的に取った作戦だったようだが、デムーロ騎手らしい「神業」と言える好騎乗だった。馬自身も右回りを克服し、今後の可能性がさらに広がる大きな勝利だった。

2着のペルシアンナイトは人気がやや落ちていたようだが、普通ならばこれぐらいは走れる。

【レース後評価(シュヴァルグラン)】

全くと言ってシュヴァルグランの競馬ができなかった。道中は中団で上手く控えながら脚をためていたがデムーロ騎手の「神騎乗」によってペースを乱されてしまい、万事休す…いろんな意味で課題の残る結果となった。

【前々走2017/12/24】有馬記念 3着

【通過タイム】※スローペース

100m 300m 500m 700m 900m
0.06.8 0.18.4 0.30.3 0.42.5 0.54.8
(0.06.8) (0.11.6) (0.11.9) (0.12.2) (0.12.3)
1100m 1300m 1500m 1700m 1900m
1.08.1 1.21.3 1.34.1 1.46.3 1.58.4
(0.13.3) (0.13.2) (0.12.8) (0.12.2) (0.12.1)
2100m 2300m 2500m
2.10.1 2.21.3 2.33.6
(0.11.7) (0.11.2) (0.12.3)

【レース後評価】

中ほどの枠から中団を追走。直線、外目からスパートしたが、さらに外からスワーヴリチャードが寄ってきて行き場がなくなってしまった。それでも3着を確保。スムーズならもっときわどかった。

【前走2017/11/26】 ジャパンカップ1着

【通過タイム】※ミドルペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.13.0 0.24.2 0.36.3 0.48.4 1.00.2
(0.13.0) (0.11.2) (0.12.1) (0.12.1) (0.11.8)
1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
1.12.3 1.24.6 1.36.8 1.48.6 1.59.9
(0.12.1) (0.12.3) (0.12.2) (0.11.8) (0.11.3)
2200m 2400m
2.11.7 2.23.7
(0.11.8) (0.12.0)

【レース後評価】

最内枠から先団を見ながら追走。道中もインコースを上がっていき、直線で外に出されてスパート。先頭のキタサンブラックに迫っていき、交わして1着。京都大賞典から直行の臨戦過程も良い方に出た。

天皇賞春過去データ✕シュヴァルグラン

ここでは過去のデータ(天皇賞春や京都3200mコース)とシュヴァルグランを照らし合わせて「天皇賞春で買える馬か?」というところを徹底的に探っていきます。

3番人気~4番人気でも十分に狙える!

おそらく、天皇賞春2018当日のシュヴァルグランは3番人気~4番人気に支持されると予想してます。特に3番人気であれば3着内率60%と高い数字ですし、4番人気でも40%と好走確率は高めな人気となっておりますね!

あとは、シュヴァルグランが当日に「何番人気になるのか?」に注目しておきましょう! どっちにせよ期待値は高いですね。

【シュヴァルグラン買えるポイント:○】

前走レース 大阪杯組の成績は?

シュヴァルグランは前走、大阪杯を経由して天皇賞春2018に臨んできます。その大阪杯を経由した馬の成績が上記表となっています。

結果としては、かなり良い数字を叩き出しています!天皇賞春のステップレース3つ「日経賞」「大阪杯」「阪神大賞典」の中では1番良い成績と言えるでしょうね。

【シュヴァルグラン買えるポイント:◎】

前走距離 2000m組の成績は?

シュヴァルグランは前走、大阪杯を経由しておりその距離は2000m戦です。前走が2000m戦を走った馬の成績は、前走レースに引き続きなり評価の高い距離だ!と言って良いでしょう(大阪杯と連動しているため当たり前っちゃ当たりまえ)

勝率・連対率・3着内率ではどの前走距離よりも高い数字となっていますから期待が持てそうです。

【シュバルグラン買えるポイント:◎】

シュヴァルグランは買える世代か?

シュヴァルグランの年齢は6歳にあたります。その6歳世代の成績ですが、このレースに強い4歳~6歳世代の中では1番成績が優秀ですね(微々たるものですが)

勝率も高く、3着内率もトップ。ここは買いでしょうか?!

【シュヴァルグラン買えるポイント:◎】

父馬ハーツクライ産駒の成績は?

ハーツクライを父に持つシュヴァルグランですが、天皇賞春において未だハーツクライ産駒の馬がレースに勝ったことありません。しかしながら、3着内率が50%と非常に高い数字ですね!

勝率こそ0%でも買い方としては複勝系の軸には最適かもしれません。

【シュヴァルグラン買えるポイント:◎】

シュヴァルグランは買える脚質か?

シュヴァルグランの脚質は「差し脚質」にあたります。その差し脚質の天皇賞における成績は上記表でも確認できるようにそこまで良くはありません。しかしながら、基本的には差し脚質ですが、昨年の天皇賞春は先行策で2着にくい込んでいます。今年も同じような競馬ができれば大きく期待できると思います。

【シュヴァルグラン買えるポイント:○】

ボウマン騎手は京都3200m戦で過去1度しか走ったことがない

短期免許で来日するボウマン騎手のデータが少なすぎるので、考察までとはいかないですが参考までに…

過去に1度だけ京都3200mで騎乗した経験をもつボウマン騎手ですが、その際は着外へと破れています。また、京都の長距離戦(3000m、2400m)でも出走経験は1度もありません。

 

【シュヴァルグラン買えるポイント:?】

シュヴァルグラン総評まとめ

  • 前走、大阪杯に該当:◎
  • 前走、距離2000m組に該当:◎
  • ハーツクライ産駒に該当:◎
  • 6歳世代に該当:◎
  • 差し~先行脚質に該当:○
  • ボウマン騎手の鞍上:?

【シュヴァルグラン総評】
全体的に△以下の評価がなく、買えるポイントが高すぎる。思い切って軸にしたい1頭である。しかし、勝率の面では不安が残るデータとなっているため、頭固定だけは避けたいところだ。

天皇賞春2018の総合情報はこちら!

今回はシュバルグランにスポットを当てて解説してきましたが、

天皇賞春2018の過去データ(ジンクスや枠順成績など)についてもっと知りたい! という方は「天皇賞春2018過去データ消去法!傾向や枠順データを徹底調査!」をご覧下さいね!

 

スポンサードリンク