どうも!komeです。

5/6(日)にG1NHKマイルカップ2018が開催されます。今回のNHKマイルカップ2018も波乱の予感が…『この馬っ!』っていう主役がいない気がしますな。

しいて言うならば、昨年のGⅠ朝日杯フューチュリティで3着に食い込んだタワーオブロンドンが人気を集めそうですが果たしてどうか?ってとこですね!

今回の記事ではNHKマイルカップに出走予定のギベオン×デムーロ騎手コンビについて「NHKマイルカップ2018で好走するのか?」徹底的に考察してみました!

kome
果たしてギベオン×デムーロ騎手コンビは買える馬なんでしょうか?!
スポンサードリンク

NHKマイルカップ2018 出走予定馬・騎手・予想オッズ

以下が現段階での出走予定の有力馬と騎手・予想オッズになります(想定です)

※馬名をタップすると「馬・騎手✕NHKマイルカップ」の相性が確認できます
(随時、追加していきます)

ギベオン 牡3歳 鹿毛

調教師  藤原 英昭(栗東)
馬主  社台レースホース
 ディープインパクト
 コンテスティッド
本賞金  32,000,000円
馬主の由来・意味  ナミビアで発見された隕石の名

過去の参考レース成績

ここではギベオンの前走レース成績を振り返り、天皇賞春2018の馬券予想に役立てていきましょう!

【前走2018/03/24】 GⅢ毎日杯 2着

【通過タイム】※スローペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.12.9 0.24.5 0.36.0 0.48.0 1.00.3
0.12.9 0.11.6 0.11.5 0.12.0 0.12.3
1200m 1400m 1600m 1800m   
1.12.4 1.23.9 1.35.0 1.46.5 
0.12.1 0.11.5 0.11.1 0.11.5 

※画像引用元:net.keiba

【レース結果・展開と総括】

第65回毎日杯は池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピースが、先団追走から最後の直線はラチ沿いを力強く伸び切り優勝。無傷の3連勝で重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分46秒5(良)。鞍上の池添騎手、本馬を管理する大竹正博調教師ともにこのレースは初勝利となった。

2着は2馬身差でD.バルジュー騎手騎乗の2番人気ギベオン。3着はクビ差で岩田康誠騎手騎乗の3番人気インディチャンプ。

スタートはほぼ横一線。やや気合いを入れられて6番ウォーターパルフェがハナへ。2馬身差の2番手に1番ブラストワンピース。半馬身差の外に4番シャルドネゴールド。外から7番ユーキャンスマイルが追い上げ、その間から9番マイハートビートが出て行き2番手争いへ。中団はかたまり2番ノストラダムス、5番ギベオン、3番インディチャンプ、8番テイエムディラン。10番アルムフォルツァも続き、インディチャンプが最後方に下がる隊列になった。

ウォーターパルフェのリードは1馬身半ほど。前半1000m通過は60秒3でスローペース。後ろの隊列も少頭数だったこともあり、一団となった。そのままの状態で4コーナーへ。シャルドネゴールドが2番手に上がり、最後の直線へ入っていった。

ウォーターパルフェの内側をブラストワンピースが狙い、残り300mあたりで早くも先頭。2番手争いはギベオン、ノストラダムス、そして食い下がったウォーターパルフェ。インディチャンプは外に出て追い出されるが、先頭との差はまだある。力強く抜け出したブラストワンピースが堂々の走り。後続の追い上げを許さず突き放し、2馬身の差をつけてゴールした。

ペースが落ち着いたこともあり、1枠スタートのブラストワンピースが楽に好位を取ることができた。最後の直線は内ラチ沿いにぶつかったようにも見えたが、力強く鋭い脚捌きで堂々と突き抜けた。次走のローテーションがどうなるかだが、ダービーを意識させる強い勝ちっぷり。クラシック戦線の有力馬に躍り出た。

  【レース後評価(ギベオン)】
前走よりは前目に位置。先行馬を見ながら好位の後ろ目を進んだ。直線で、間を割って伸びて2番手に上がり、インディチャンプの追撃を封じた。勝ち馬とはコースどりの差もあった。

 

NHKマイルカップ過去データ✕ギベオン×デムーロ騎手

ここでは過去のデータ(NHKマイルカップや東京芝1600mコース)とギベオン×デムーロ騎手を照らし合わせて「NHKマイルカップで買える馬か?」というところを徹底的に探っていきます。

 前走レース 毎日杯組の成績は?

ギベオンは前走、毎日杯を経由してマイルカップに挑みます。その毎日杯を踏んで出走してきた馬の、過去データは【2-1-0-6/9】と良い成績を残す傾向にあります。まだ、3着に入ったことがないのでギベオンを軸にするなら思い切って連対の軸にするのも良いかもしれませんね!

スポンサードリンク

【ギベオン買えるポイント:◎】

前走距離 1800m組の成績は?

ギベオンは前走、毎日杯を経由しておりその距離は1800m戦です。前走が1800m戦を走った馬の成績も毎日杯ローテと同じように好印象です。

【ギベオン買えるポイント:◎】

 父馬ディープインパクト産駒の成績は?

ディープインパクトを父にもつギベオンですが、そのディープインパクト産駒の3着内率は高い数字です。連対率も高ければ勝率も高い。しかしながら、単勝・複勝回収率を見れば分かるのですがそこまで高くはない…ということは人気上位に支持された馬が好走し、下位人気に落ちるとなかなか好走しないのかな?と考察します。

NHKマイルカップにおいてギベオンは上位人気に支持されると考えていますので、この産駒は良い傾向かもしれませんね。

【ギベオン買えるポイント:〇】

 カツジは買える脚質か?

ギベオンのこれまでの走りを確認すると、先行→1回、差し→2回の競馬をしています。脚質は「先行~差し脚質」にあたるといってよいでしょう。その先行~差し脚質のNHKマイルカップにおける成績は上記表でも確認できるように逃げよりやや劣ります。

前走の毎日杯では上がり2番目となる差し脚で2着でした。今回も…となると、データ的にはそこまで良い結果ではありません。

【ギベオン買えるポイント:△】

デムーロ騎手と東京芝1600mの相性

昨年のNHKマイルカップでは1番人気カラクレナイに跨り、結果は17着と大敗。凡走していましたね。

ここではデムーロ騎手と東京芝1600mについて、相性をみてみましょう。(過去3年間集計)

(左から勝率・連対・3着内率・単回収率・複回収率)

3着内率はとても高いですね。40%の確率で馬券に絡むんですから信頼度はかなり高いでしょう。

あとは単勝回収率。

126.5%もありますね。このコースでデムーロ騎手の単勝を買い続ければプラスになるんですから相性が良いと言っても良いでしょう!

【ギベオン買えるポイント:◎】

ギベオン総評まとめ

  • 前走、毎日杯組に該当:◎
  • 前走、距離1800m組に該当:◎
  • ディープインパクト産駒に該当:〇
  • 先行~差し脚質(やや差し強)に該当:△
  • デムーロ騎手の鞍上:◎

【ギベオン総評】
データ的にはかなり評価が高いギベオン。迷わず買えるレベルですね。脚質データが少しマイナスですが、騎手がその辺りもうまくカバーできそう。

管理人komeの買い目公開!

枠順が決まり次第、買い目を決めて公開したいと思います!

※4/22(日)LINEで公開した馬券で19万円の払い戻し成功♪(競馬収支は毎週、ブログコンテンツで掲載しています)

 

komeの購入馬券を見たい方はLINEでともだち追加オナシャス!!!!(もちろん無料です!)

ともだちになってわいわいしましょう(笑)

NHKマイルカップ2018の総合情報はこちら!

今回はギベオンにスポットを当てて解説してきましたが、

NHKマイルカップ2018の過去データ(ジンクスや枠順成績など)についてもっと知りたい! という方は「5枠が強いっ!!NHKマイルカップ2018有利な枠順とは?!」をご覧下さいね!

スポンサードリンク