SANYOから発売された、大人気機種「聖闘士星矢 海皇覚醒」のアテナフリーズとアテナステージについて、詳しくお伝えしていきます。普段、ホールで打っていても滅多にお目にかかることは出来ません。

ほとんどの人がネット上の動画で、視聴することが多い、それほど発生する確率となっており、希少演出となっています。

でも、逆に言えば、ロマンがあると言えるのです。演出を発生させることができれば、この台の魅力を引き出したと言う事が出来達成感に満たされるでしょう。

ぜひ、この記事を読んでから実践することをおすすめします。何事もイメージトレーニングは大事なことです。

アテナフリーズについて

発生条件

まず、発生条件ですがART中のみ発生します。発生すると、1,000G以上の上乗せが確定。

期待値は4桁以上のゲーム数が確定しているので2,000枚+ART期待値の1,300枚を足して3,300枚overとなります。

既にフリーズの動画を見られた人はご存知だと思いますが、ロングフリーズ中に、上乗せのカウントが始まり最終的に火時計を押すと、上乗せゲーム数が告知される仕様となっています。

一撃で2,000枚overとなると夢が詰まってますし、枚数でなくG数のため消化する間に、レア役による上乗せ、聖闘士Attackによる上乗せを加味すると万枚ですら現実的に見えてきます。

これが打ち手にとって、ロマンを求める根拠になっているのです。

なお、上乗せG数演出は一発告知仕様なのですが、1,000G以上乗る場合の仕組み等詳細なことは解析されていません。

また、確率も約20万分の1とも言われていますが、正確な情報がないため割愛しています。

現在、分かっている確かな情報はこれだけです。

解析によっては、アテナフリーズの契機は全役で抽選している等の記載とアテナフリーズ後の恩恵について、ART高確スタートと記述されている場合がありますが、信憑性がない情報となっています。

これには最近メーカー側が、解析値を公表しないどころか、完全に解析されないよう対策もされていることが多く、雑誌等のメディア媒体に規制を掛けている場合があります。発売から一定期間を過ぎても情報公開されないのは、そのためなのです。

話は逸れましたが、「アテナフリーズ」を簡単に紹介してきました。絶対条件としてARTに突入しなければお話になりません。しかしながら、まずそのARTに突入する事自体が難しいのです。

凄腕の豪腕とか、狙った役を簡単に出せる人は置いといて、普通の人はARTのゲーム数を多く獲得することが重要になってきます。

それには、設定が入っていればARTに度々突入することが可能ですから、設定狙いをするのは間違いではありません。

確率にはART初当たりには、大きな設定差があります。

GB(ART当選契機)

  • 設定1:1/376
  • 設定2:1/362
  • 設定3:1/344
  • 設定4:1/324
  • 設定5:1/299
  • 設定6:1/275

ART(初当たり確率)

  • 設定1:1/1311.34
  • 設定2:1/1263.84
  • 設定3:1/1137.00
  • 設定4:1/980.51
  • 設定5:1/769.01
  • 設定6:1/683.12

ARTに突入すれば、それだけアテナフリーズを引く抽選を多く受けられるわけですから、高設定を当然狙うのは、自然の流れと言えます。上記確率だけ見ると、設定6でも当選率は難易度が高いことがわかります。

設定1だと、爆死は確定と言えます。しかし、現実的にはART純増2.0枚の機種で1回あたりの獲得枚数が、1,365枚も期待値がある台に設定を入れるお店は、限られてきます。

そういったお店は当然人気も高く、人も多いため朝の並びがきつかったり、抽選番号に恵まれなかったりと運の要素が大きく占めることになりがちです。

かといって、べタピンのお店で打つと、朝から閉店までARTにすら入らないことはよくあることです。

いかに高設定を掴むか?!

アテナフリーズで恩恵を受け取るためには、しっかりとARTに入れてそこでチャンスを掴むしか他に方法はありません!ですので高設定をいかに掴み、そこでARTの初当たり回数を多く取り、アテナフリーズを引けるかにかかっています。

アテナフリーズの発生確率は、正直雲をつかむような確率ですが、それでもARTに入れない事には何も始まりません。そのためには高設定に座ったら、しっかりと高設定だと見抜く力が必要になります。

聖闘士星矢海王覚醒の設定判別について詳しく知りたい方は「知らないと損!聖闘士星矢海王覚醒設定判別を効率よく行う重要事項」こちらの記事をご覧下さい。

おすすめ!爆死せずにアテナフリーズを出現させるための施策

アテナフリーズを引くためには、長い間ARTに滞在することが有利な条件となります。抽選機会を多く増やすためです。そのためには高設定を打つのが理想です。

機種には設定示唆表示がいくつも存在し、最高設定確定演出もありますが、判別は難しく回転数を多く稼いでも、よくわからないのが現実です。

朝一のリセット狙い

解析でも、朝一はリセット恩恵があることが分かっています。

全設定共通で50%高確スタート。強レア約を引けば、初回のGBのバトル継続率が優遇されているので、設定不問でART突入可能性があります。

聖闘士星矢の朝一の詳しい情報に関しては「スロット聖闘士星矢海王覚醒の朝一の圧倒的恩恵!」こちらの記事をご覧下さい。

不屈ポイント

50ポイント以上で、次回ART確定ですが、あくまで救済措置なのであまりおすすめ出来ません。かなりの確率で低設定なのは間違いないからです。

多くの打っている人は、理解しているのでよほどのことがないと落ちていることはないでしょう。

GBスルー回数

これは、お店のデーターカウンターにも依ります。データーカウンターが詳細表示されていれば、目視で確認出来ます。

9スルー後の次回GBでARTに突入(つまり10回目のGB)ありますが、運良く見つけても天井喰らうのは、よくある話。

スルー回数が多いのは投資もかさみ、低設定確定です。開店から時間も経過しているので、取り切れない可能性もあるのであまりおすすめしません。

オカルト

何も引けない時に限って、凄い確定役引くとか薄いところ引くとかはスロットではよくある話。スロットを打ち込んでる人ならば、誰でも体験したことがあるはず。

結局、確率なんか関係ないんです。サクッと中段チェリー引いて、ART中にフリーズさせてしまえば良いんです。

ショボく終わっても、SNS投稿や動画サイトにアップすれば小遣い稼ぎもできるので問題なし、実践あるのみ。

これができれば、苦労はなく立ち回りも不要。

最強もしくは豪腕伝説なりますが、普通の人は爆死確定、負債が増えるだけです。

この発想は、頭おかしい人かお店にとって養分になる人の考え方とも言えます。

アテナステージについて

女神像ステージとも言われています。移行すればガセ前兆ではなく、本前兆濃厚ステージと言われていて、実践上ART確定します。

レア役後、発展したバトルで敗北した場合にアテナステージに選択される場合があります。ほとんどの場合は、十二宮ステージが選ばれるのですが、アテナステージが選ばれれば大ラッキー。

色んなパターンで、アテナステージの移行は確認されていますが、確率的な数字は、残念ながら解析値が出ていません。選択率におそらく、設定差はないものと想定しています。

ただ、ART確定となるだけなので、そんなに重要視しなくても問題はありません。あくまで、おまけと考えましょう。

アテナステージに移行したらかと言って、女神覚醒が選ばれるわけではないですし、高確スタートというわけでもありません。

普通にGBに勝利したのと、実践上は同じと捉えられています。期待に胸を膨らませ、鼻息が荒くなりがちですが過度の期待をしないようにしましょう。

この後の初期ゲーム数が大事なのです。ART突入までに、引きを発揮するためにもご自身の小宇宙を貯めといてください。油断は禁物です。ART突入後も上乗せするようにどんなときもイメージは大事です。

ARTに入ってからが本番で、最低保障の100Gで駆け抜けだと、200枚と悲しい結果になってしまうので、万枚目指して頑張りましょう。

ちなみに聖闘士星矢 海皇覚醒の万枚達成率は0.28%とも言われています。凱旋やハーデスにも負けない破壊力があります。

まとめ

今回は、聖闘士星矢海王覚醒の中でもトップクラスのプレミアフラグ「アテナフリーズ」とアテナステージの詳細について説明しました。

聖闘士星矢海王覚醒は、アテナフリーズの他にも爆発的な上乗せをする仕組みが施されているので、アテナフリーズを引く事が出来ない場合でも大量出玉を出す事は全然出来ます。

ですが、聖闘士星矢を打ってるなら誰でも一度はアテナフリーズを引いてみたいですよね。また引いた事がある方はコメント欄などで教えて頂ければ幸いです。