今回は2018年3月11日(金)に開催されます金鯱賞のレースの詳細について発表していきたいと思います。レースまで残り1週間程になっていますが、現在出てる情報を詳しく解説していきたいと思います。

それでは、ゆっくりとご覧下さい。

金鯱賞のネットの反響について

金鯱賞のネットの反響についてTwitterで調べてみましたが、かなりの盛り上がりを見せています。その盛り上がりと言いますのは、やはり出走する馬がかなり大物だからだと思います。

競馬ファンの方がかなりの注目を集めている金鯱賞ですが、どのような結果になるでしょうか?

2018年の金鯱賞が注目を集めている理由について

昨年から大阪杯のステップレースとしてこの時期に移動したこのレース。今年の金鯱賞のテーマは、新鋭VSベテランでしょう。

nori
なるほど!注目の理由の1つで古きVS新しきという事なんか!

前者の代表格は、スワーヴリチャード。ダービー2着、有馬記念でもいい競馬をしたように、古馬と互角以上の競馬をしている明け4歳世代の代表格の一頭。スタートの課題などはありますが、左回りの広いコースは合いそうで、ここは力の違いを見せたいところ。

脅威なのは同世代のトリオンフ。前走の小倉大賞典は力の違いだけで影をも踏ませぬ大楽勝でした。去勢してからは別馬のようなパフォーマンス。

G2の舞台でどこまでやれるか、今後の試金石になりそうですが結果次第ではキタサンブラックのあと混迷しそうな古馬戦線の主役になりそうです。

世代は違いますが、メートルダールも中京の中日新聞杯を快勝して、ようやく軌道に乗ってきました。クリスチャン・デムーロ騎手のスムーズな騎乗もありましたが、中団からの33秒台の末脚は、ここでも破壊力十分です。

ベテランの代表格はまだベテランと形容すべきか迷いますが、サトノダイヤモンド。有馬記念でキタサンブラックを負かしたあとは阪神大賞典こそ勝ったもののあとは期待を裏切る競馬ばかり。欧州遠征は馬場など一定の理由は考えられますが、ここで負けたら後がない状況。

nori
負けられない戦いというのも、かなり注目のポイントやな!

復活をかけ、皐月賞以来の2000メートルのレースに挑みます。また、このレース連覇中のヤマカツエースも注目。三連覇をかけて臨みます。

一昨年の有馬記念、昨年の大阪杯と見せ場のある競馬をG1でしながらも、昨年後半は結果が出ませんでした。得意のこのレースで巻き返しをしたいところです。

他にも、怪我から復活したブレスジャーニー、中京で重賞タイトルがあるサトノノブレスらも出走予定。大阪杯に向けて、新鋭が路線の主役に名乗りをあげるか、ベテランが復活を遂げるか、いすれにしても古馬戦線の今後を占う上で重要な一戦となりそうです。

金鯱賞のコースの特徴について

金鯱賞(きんこしょう)とは中京の芝2000mで行われるG2レースで、2018年の登録馬には凱旋門賞以来のサトノダイヤモンドや有馬記念以来のスワーヴリチャードなどのいままで休んでいた有力馬が登録されています。

中京競馬といえば2010~2011年の間は改装工事が行われており、その改装前と改装後で脚質による着順に関するデータが大きく代わっているというのが特徴的です。

もちろんここでは工事後の2012年以降の、改装後のレースの特徴についてご紹介していきます。

脚質の傾向

このレースの特徴として改修後は差し馬が圧倒的に有利で4-2-4-15と勝率16.00%、複勝率40.00%と非常に高い傾向があります。

直線が長いため追い込み馬も届きそうだと思われがちですが、過去の追い込み馬の成績は0-0-1-20と3着に一度入ったのみで、後ろから一気に追い込むという展開待ちの馬にとっては非常に厳しいレースになっています。

逃げ馬は過去0-0-0-5と追い込み馬同様に冴えていない成績で、先行馬1-3-1-12と差し馬についで好成績になっています。

そのためある程度の好位でレースを運べて、直線できれる脚を使える馬がこのレースでは狙い目ということになります。

年齢の傾向

年齢に関しては、3歳馬が0-2-0-5、4歳馬が3—1-1-7、5歳馬が1-1-4-15、6歳馬が0-1-1-15、7歳馬が1-0-0-7となっており、4歳馬が勝率25.00%、複勝率が41.70%と非常に好成績を収めています。

上記のデータの該当馬

データ的に押せる馬はある程度前でレースを運べる4歳馬ということなので、どう考えてもスワーヴリチャードになりますね。

個人的にこのレースに合いそうだと思う馬っている馬は、前走約8ヶ月の休み明けで小倉大賞典4着だったダッシングブレイズです。

明け6歳馬と年齢ではそこまで押せはしませんが、好位で追走できる上に直線できれる脚も持っているため上記で紹介した脚質のデータマッチとしていて、叩き2走目の今回は前走よりもいい走りが期待できるのではないかと思っています。

金鯱賞の出走予定馬(騎手)とオッズについて

それでは、気になる出走予定馬の情報とオッズについて紹介していきたいと思います。

馬名 騎手 予想オッズ
サトノダイヤモンド
ルメール 2.4
スワーヴリチャード 四位 2.9
ヤマカツエース 池添 5.0
ブレスジャーニー 三浦 9.1
プラチナムバレット 未定 19.0
サトノノブレス 未定 28.9
デニムアンドルビー 川田 40.5
ルミナスウォリアー 未定 44.0

予想オッズは上記のようなデータになっています。

金鯱賞の注目馬3頭について

当サイトで注目しています金鯱賞に出走する3馬について解説していきたいと思います。

サノダイヤモンド

サトノダイヤモンドについては凱旋門賞からの休み明けと言うことで多少の太め残り感で出走してくることでしょう。このレース次第では天皇賞へ行くか大阪杯に行くか選択なされるのではないのでしょうか。

ともあれ、このレースが試金石になりファンのためには絶対負けるわけにはいかないレースであります。ルメールがトライアルだからと言って手抜きのレースをしたのでははっきり言って意味がありませんから。

なんにせよ今の調教具合を見る限り急仕上げの感じがしてならないのですがどうなんでしょうか?最低でも2着は確保することが出来なければ次走では期待も持てません。

あとはルメールの有馬のトラウマさえなければこの馬のポテンシャルを引き出すことができるはずだと思っていますからね。ルメール以外の騎手ならはっきり言って消してもいいですよ。

ヤマカツエース

馬券検討をする上でこの馬は中京の2000メートルは得意ということで人気をするとは思いますがはっきり言っていらないです。

多分この馬が先行するか逃げるかするとは思っていますが今回の出走メンバーを見る限りでは勝つのは相当な予想だにしない展開にならなければまず不可能に近いですね。

あっても3着狙い良くても掲示板狙いのレースを池添はやるのではないのではないでしょうか?気楽に乗れる分だけ一発はあるのではと思います。

大阪杯で最終的に勝てばいいだけでここでは無理することなく回ってくるのではないのでしょうか?それにしても今回のレースに登録するより中山記念を回ったローテーションの方がよかったのかもしれませんね。

あっちの方が小粒なメンバー構成だったのに。

サトノノブレス

この馬は去年の宝塚記念優勝馬と言うことで人気が出るに違いませんがヤマカツエースも出るから先行争いは熾烈な予想しています。

この馬は中京2000は得意なので最低でも2着はあるかなと思っています。開幕週の馬場ではいかがなものかは思っていますがそれは鞍上の川田次第でしょう。

救われたのはフルゲートではなさそうな感じなので勝てるかもしれませんが他にも癖のあるメンバー構成なので油断は禁物です。スワーヴリチャードを本気で負かす気で来てくれたら競馬ファンとしては楽しみではあります。

事実そうであって欲しいものですがね。

今回の3頭以外にもメイチで来るメンバーが多数揃っているのでほんと3連単は高額配当になるかもしれませんね。

金鯱賞の3連単順位予想!

当サイトの競馬好きの方の意見を公開していきたいと思います。

データをくれた方は、かなり競馬好きの方なので何か参考になる部分があるかもしれません。

Sさんの結果予想

1着ヤマカツエース

この馬は中京2000メートルはなぜか勝つ池添きしゅにとってはやりや3いこーすではないのでしょうか?他の馬は調整だけなのにたいしてこの馬は8割ほどの仕上がりで出走してくるから要注意でございます。

得意パターンの先行体制からの押し切りで勝つと私は思っております。もし負けるのであるのならばそれは池添が後方待機策をとるときだと私は思っております。

今のあいつは何をやらかすかわかりませんから。とりあえず要注意ですね。

2着スワーヴリチャード

この馬をなぜ評価を下げたのかといいますとこの間のオールドファンには懐かしの平成のサルノキング事件、中山記念をご覧になったこととは思います。

けども、このうまもすたーとがもしわるければまたまた後方待機策で脚が届かない展開になるのではないかと言う予想です。しかしなんとか2着の方は確保できるのではないかと思っております。

なんせ、調整だけで走らせるから勝てるかどうかはわかりませんトライアルを仕上げて出すかは多分誰もしないと思います。

3着デニムアンドルビー

この馬を3着予想にしたのはこのレース、意外に追い込みが来るのですよ。

それに金子真人の馬だから買っておいた方がいいですよ。中山牝馬よりこのレースを選択したのには余程自信がなければ無理なことだからね。

ジャパンカップ2着の実績も去ることながら経験豊富な馬なので非常に楽しみな馬でございます。

人気するようでは回目から個人的には外しますが人気しないのなら買っておいた方が損はないと思っています。

Cさんの結果予想

1着メートルダール

中日新聞杯で悲願の重賞勝利。斤量、相手関係は一気に厳しくなりますが、善戦マンタイプは惜敗続きから脱出したあとに勢いに乗るタイプもいますので楽しみ十分。

何より、左回りのこの条件はベスト。かつてのように極端な位置ではなく、中団あたりから33秒台の決め手を使えればここもチャンス。

落ち着いたペースになりそうなメンバー構成で、ある程度の位置から道中進んで、上がりの脚の勝負ならこの馬の持ち味が出せそうです。

2着トリオンフ

重賞初挑戦となった小倉大賞典の内容が圧巻。一頭だけ別次元の競馬、違うレースをしているかのようでした。去勢してからの成績の安定ぶりは馬が変わったかのよう。

まだ能力の違いだけで勝っているようなところもあり、今後に向けて内容も求められるところです。潜在能力はこの中でも見劣りしませんが、経験の差がどうでるか。

また、小回りコースで良績重ねてきましたので、長い直線での末脚勝負になった場合は、どうなるかわからないという点で次点としました。

3着サトノダイヤモンド

昨年は屈辱の1年。将来を嘱望された3歳時の位置を取り戻すためにはここは負けられません。

凱旋門賞以来のレースですが、調教の動きがいまいちで、一週前でジャンダルムに大きく先着を許しました。終われてからの反応も今一つ。

G12勝で格は文句なくこのメンバーでは随一ですが、最近の敗因は、精神的なものかもしれません。今週の追い切り次第では消しまでありえますが、とりあえずは馬券の対象にはしたいと思います。

Pさんの結果予想

1着スワーヴリチャード

大阪杯に向けた前哨戦のイメージが強いが、有馬記念でも古馬を相手に力の有ることを見せつけたのと、1日の追い切りでもミルコデムーロ騎手を鞍上に迫力ある調教をやって来ていたので問題なく勝ち上がってくる一頭だと思います。

あとはどこまで本気で仕上げてくるのか楽しみにしていますが、ある程度良い形に仕上げて来ると思うのでここで惨敗っていうイメージが一番沸いてこないので1着予想として上げました。

2着サトノダイヤモンド

この馬が本来の力や精神力で出走してきたら間違いなく1着予想にしたいと思えるほど。

最強馬としての素質はあるのですが、凱旋門賞の惨敗から見えないスランプに陥ってしまった様な調教での様子で調教を見ていてもガッカリさせられてしまう様な調教で、本来なら1着の実力が絶対あるのですが気持ちがどこまで回復してくるかが鍵となって来るレースだと思います。

あまりガッカリな結果であれば今後が厳しいような気になるので、是非とも復活を願う一頭です。

3着サトノノブレス

サトノダイヤモンドと同厩舎で凱旋門賞へも一緒に同行した帯同馬の役割を果たした馬ではあります。

金鯱賞へ向けた調教ではサトノダイヤモンドより先着と強い調教が出来ており、昨年の金鯱賞でも3着と相性の良いレースでもあることから3着に来そうと思い上げた一頭です。

実際2着予想のサトノダイヤモンドの気持ちが回復してこない様なら逆転まであると思える力強い調教であった為非常に迷わせる一頭ではあります。

まとめ

どうでしたか?今回は、世間でかなり注目度が高くなっています金鯱賞について記事を更新していきました。

当サイトでは、色んなギャンブルについての記事を更新していますので興味のあるジャンルがありましたら是非ご確認下さい!