1. HOME
  2. ブログ
  3. 1度は読んで下さい!番長3の打ち方で重要な攻略の鍵!

1度は読んで下さい!番長3の打ち方で重要な攻略の鍵!

今回は番長3の基本的な流れや打ち方について詳しく解説していきたいと思います。

まだ番長3を打った事がなく「今度番長3打ってみたいな」と思ってる方のお役に立てればと思い、番長3の流れや押さえておくべきポイントを解説していきたいと思います

nori
番長3って設定判別やゲーム性が難しくなったって聞いたけど本当か?!
おっさん
確かに。少し複雑な所はあるがポイントさえ押さえる事が出来れば大丈夫じゃ!

番長3の基本的な流れ

番長3の基本的な流れについて解説していきたいと思います。

番長3では、通常時とART2つのモードが存在します。そしてBB(番長ボーナス)とプレミアボーナスの超番長ボーナスがあります。それぞれの役割はこのようになっています。

画像引用元:http://www.daitogiken.com

上記の画像が基本的なモードになります。この通常時には4つのモードがそんざいしており夕方背景や夜背景のステージに移行する事で対決や特訓に突入する確率が高くなります。

画像引用元:http://www.daitogiken.com/

画像引用元:http://www.daitogiken.com/

このように通常時の流れは、通常時→対決or特訓→敗北→通常時→対決or特訓→勝利→ART当選

となります。この部分は前作の番長シリーズと同じなので新しく覚える事は、ほとんどありません。そしてART(頂ジャーニー)に当選させる事が出来ましたら下記のようなゲームフローになっています。

画像引用元:http://www.daitogiken.com/

ART中はセット数管理となっていましてG数の上乗せは存在せずストックを獲得しながら出玉を増やしていくタイプの機種になっています。

番長3ではベルがかなり重要!

そして今作の番長3では、G数管理ではなく、ベル回数で対決や天井といった事を管理しています!前作までの番長シリーズと大きく変わった点は、このベル管理システムに変わった部分ではないでしょうか?

ベルの獲得回数で対決に行ったり、特訓に行きARTに当選させるようになっています!ですので番長3ではベルの引きが出玉に大きく関わってきます。

ちなみにベルの出現確率にも設定差があり、設定6程ベルの落ちが良くなっています。

各設定毎のベル確率につきましては「番長3の鍵を握る通常時のベル確率について」こちらの記事をご覧下さい。

nori
ベルで番長3の出玉が大きく変わるんだな!
おっさん
番長3ではベルを多く引けば良いというのは分かったと思うが実はベルを引くタイミングでも大きく出玉は変わるんだ!

番長3の対決の仕組み

番長3では対決中にベルを引く事で対決の結果を書き換える事が出来ます。

これはどういう事かと言いますと番長3では、普通の対決と確定対決という2種類の対決が存在します!

普通の対決の場合の勝率は20%そして確定対決は名前の通り「勝利が確定」してる対決の事を指します!

基本的には、普通の対決に発展する事がほとんどなので、対決中にいかにベルを引いて、勝利に書き換えるかが重要になってきます。

番長3対決や特訓に突入するベル回数について

そして番長3では、対決ベルカウンターというものが存在します。

画像引用元:http://www.daitogiken.com

リールの右の部分に黄色の部分があると思います。

この上の部分です!ここが対決のベルカウンターで、その下に表示されてる部分がARTの天井までを示唆したカウンターになっています。

対決のベルカウンターの天井は128回(ベル)そしてARTの天井が200回(ベル)が必要になります。

ですので天井狙いをする際には、このベルカウンターを参考にすると良いです!

天井狙いをする際の期待値や詳しい情報につきましては「番長3の天井狙い目ベル回数と期待値!狙っても勝てないのか?!」こちらの記事を読んで頂ければ参考になると思います。

そして番長3では、稀にベル天井や子役を引いてなくても特訓や対決に発展する事があります。

これには番長3の大きな設定判別要素がありまして、その内容につきましては「プロは知ってる!番長3でゾーン以外での対決や特訓にいく2つの理由」こちらの記事をご確認下さい。

番長3のART中の挙動について

ART[に当選させる事が出来ましたら、ここからが本番です!番長3では、いかにループストックを獲得しセット数を増やし、出玉を伸ばせるかが重要になります。

番長3では1セット=40GのARTで純増は2.0になっています。

ここでも、ベルを引き、ベルカウンターにポイントを貯めて対決に発展させるかが勝負の鍵となります。ですがART中はベル回数が増えるので(ART中なので)通常時よりも格段にベルを引く回数は多くなります。

番長3では対決が連続で起こる事も

基本的に番長3は対決に連続で行く事は、ほとんどありません!

ですが対決連チャンモードというのが存在しており、そのモードに突入させる事が出来ましたら、対決ベルカウンターの天井を強制的に7回に短縮させる事が出来ます!

そうなれば対決が連続で発生してART中ならば一気にセット数を獲得して出玉を増やす事が出来ます。

対決連チャンモードの突入確率や設定毎の確率について詳しく知りたい場合は「設定6は別格!番長3の対決連チャンモードの移行確率」こちらの記事をご覧下さい。

同時にベルカウンターの色が通常は黄色なんですが、緑や赤そして紫に変化する事があります。

そのベルカウンターの色が示唆してる事については「番長3のベルカウンターの色レインボー・緑・紫・赤の意味は!?」こちらの記事を確認して下さい。

高確を示唆するポイント

番長3のART中には様々な演出で高確を示唆するポイントがあります。

高確中に子役を引く事で対決抽選に当選する確率も格段に上がるので、ベル以外でも子役を引く事が出来ましたら自力で対決にもっていく事が出来ます。

番長3のART中の高確示唆について詳しく知りたい方は「以外に知らない?番長3ART中の舎弟や薫先生が示唆する〇〇のポイント」こちらの記事を読んで頂ければすぐに分かります。

番長3のステージにも注目!

ART中には番長が様々なステージに移動するのですが、このステージの中でも激熱のステージだったり絶頂対決の示唆をしてるステージが存在します。

ART中には、ステージの移行がかなり重要なカギになっています。

番長3のステージアップやステージチェンジにつきましては「番長3のステージチェンジやステージアップ通常時・ART中完全攻略!」こちらの記事をご覧下さい。

番長3のART終了画面でも設定判別可能!

番長3では、ARTが終了した際に表示される終了画面でも設定判別を行う事が可能になっています。

ですのでARTが終了しても設定6の確定画面が出現する事もありますので気を抜く事が出来ません。

番長3の終了画面や開始画面の設定判別を知りたい方は「番長3の設定判別!終了画面と開始画面が示唆するポイント!」こちらの記事をご覧下さい。

そして番長シリーズでは引き戻しというものがあり、ARTが終了しても、そのARTの復活抽選を行います!

これは番長2でも設定判別でかなり使える手段でしたが、今回の番長3でも健在で設定判別にかなり有効です!

番長3のARTの引き戻しについて詳しく知りたい方は「番長3のARTの引き戻しの設定差別の確率について」こちらの記事をご覧下さい!

番長3のARTが終了したらどうする?!

それでは、番長3の出玉を増やすARTが終了してしまった場合、いつ台を変えれば良いのか?

それとも回してどこまで追えば良いのか?

という事なんですが、番長3のやめどきにつきましては「番長3攻略!ART後のやめどきのタイミングについて」こちらの記事をご確認下さい。

番長3のプレミアフラグやおまけ情報

それでは最後に番長3のプレミア演出などについて紹介していきたいと思います。

様々な演出や超番長ボーナスなどもありますので是非ご覧下さい。

番長3プレミアボーナス「超番長ボーナス」

まず最初に紹介したいのが皆さんの中でも知ってる人がほとんどだと思いますが超番長ボーナスは番長3の中でもプレミアのボーナスに設定されています。

いわゆる、フリーズとも呼ばれている引く事が出来れば大量出玉を獲得する大チャンスです!

超番長ボーナスを引く事が出来れば万枚の可能性も出てきますので是非ホールで引きたいですね。

超番長ボーナスの詳しい情報は「番長3 超番長ボーナス!恩恵・確率・契機!爆発の秘訣は青7にあり!」こちらの記事をご覧下さい。

番長3では中段チェリーに大きな設定差が?!

他のプレミアフラグで中断チェリーがあります。この中段チェリーは確定チェリーとも呼ばれていて通常時に引く事が出来れば、番長ボーナスが確定します。

この中段チェリーにも大きな設定差があり、恩恵もいつ引くかで大きく変わってきます。

中段チェリーの設定差別の出現確率や恩恵について詳しく知りたい方は「番長3の中段(確定)チェリーの恩恵や確率!出目パターンは3種類存在?!」こちらの記事をご覧下さい。

まとめ

どうでしたか?番長3には様々な新しい演出やモードが存在していますので今まで番長シリーズを打った方にも新鮮な気持ちで楽しく打つ事が出来ると思います。

番長3は口コミなどでも完成度が高く面白い!と言われていますので今まで番長シリーズを打った事がない方も是非遊んでみてはいかがでしょか?

※このページは随時新しい情報を更新していきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事