どうも!komeです。

※4/22(日)+収支181,7500円!!詳細はこちら!

4/29(日)にG1天皇賞春2018が開催されます。今回の天皇賞春2018はまさしく「主役不在」という言葉が適しているのではないのでしょうか?

そこで今回は天皇賞春に出走予定のトーセンバジル✕デムーロ騎手について「天皇賞2018で好走するのか?」徹底的に考察してみました!

kome
果たしてトーセンバジルは買える馬なんでしょうか?!

天皇賞春2018 出走予定馬・騎手・予想オッズ

※net.keiba引用

▼馬名をタップすると「馬✕天皇賞春」の相性が確認できます

トーセンバジル 牡6歳 黒鹿毛

調教師  藤原 英昭(栗東) 
馬主  島川 隆哉
 ハービンジャー
 ケアレスウィスパー
本賞金  142,650,000円
馬主の由来・意味  冠名+バジル。花言葉「何という幸運」

過去の参考レース成績

ここではトーセンバジルの過去レース成績を振り返り、天皇賞春2018の馬券予想に役立てていきましょう!

【前走2018/03/24】 GⅡ日経賞 1着

【通過タイム】※スローペース

100m 300m 500m 700m 900m
0.07.1 0.19.2 0.31.0 0.43.4 0.56.1
(0.07.1) (0.12.1) (0.11.8) (0.12.4) (0.12.7)
1100m 1300m 1500m 1700m 1900m
1.09.4 1.21.6 1.33.5 1.45.5 1.57.9
(0.13.3) (0.12.2) (0.11.9) (0.12.0) (0.12.4)
2100m 2300m 2500m
2.09.8 2.21.4 2.33.9
(0.11.9) (0.11.6) (0.12.5)

【レース展開】

ほぼ揃ったスタート。4番ロードヴァンドールがハナに立とうとするも、外からダッシュを利かせて12番ガンコが先頭で1周目の4コーナーへ。リードは2馬身。

ロードヴァンドールが2番手を追走。1馬身半差の内に1番アルター、外に9番ゼーヴィント。1馬身差の内に6番ノーブルマーズ、外に15番ソールインパクト。

2馬身離れて7番トーセンバジル。そこから4馬身離れた中団に3番チェスナットコート。2馬身差で11番サクラアンプルール。1馬身半離れた外に14番キセキ、内に5番ナスノセイカン。

2馬身離れた後方に2番ショウナンバッハ。1馬身差で10番ピンポン。5馬身離れて8番サイモントルナーレ。5馬身離れた最後方に13番アクションスターでかなり縦長の隊列で進んでいく。

前半900m通過56秒1でスローペース。ガンコが先頭で2周目の2コーナーを過ぎたところで、馬群の外からマクるようにキセキが上がっていって一気に先頭へ立つ。3馬身のリード。

2番手にガンコ。3番手ロードヴァンドール。後方2頭を除いて3コーナー手前で2番手集団が密集。3コーナーを過ぎて、2番手のガンコが先頭のキセキに接近する。

好位・中団勢もスパートを開始して、キセキの内からガンコが並びかけて4コーナーから直線へと入ってくる。

直線へ向いてガンコが早め先頭に立って2馬身、3馬身とリードを広げていく。キセキは脚がなくなって失速気味。外目に持ち出したロードヴァンドール、トーセンバジルもそれほど伸びがない。

大外に持ち出したサクラアンプルールとチェスナットコートが馬体を併せて伸びてくる。それでも急坂を力強く駆け上がったガンコが押し切って先頭ゴールイン。2着に外を伸びたチェスナットコート。

際どい3着争いはサクラアンプルールがアタマ差ロードヴァンドールに先着した。

初の中山コースだったガンコが実績馬を破って重賞初制覇を飾った。途中でキセキに先頭は奪われたものの、2番手で折り合いがついたのが最後の伸びにつながった。

2走前の日経新春杯は52キロの軽ハンデで3着だったが、今回は別定56キロでの堂々の勝利。まさに充実一途で、次走天皇賞・春に期待を持たせる好内容だった。チェスナットコートは終いの脚が目立っており、今後が楽しみだ。

1番人気に推されたキセキは折り合いを欠いたのがすべて。精神面の成長が待たれるレースぶりだった。

【レース後評価(トーセンバジル)】

控えて追走。勝負所で上がっていくものの、反応はもうひとつ。直線は伸び切れず、上位争いに加わることはできなかった。

天皇賞春過去データ✕トーセンバジル✕デムーロ騎手

ここでは過去のデータ(天皇賞春や京都3200mコース)とトーセンバジルを照らし合わせて「天皇賞春で買える馬か?」というところを徹底的に探っていきます。

5番人気以下なら少し割引

 

今のところ、トーセンバジルについては5番人気と予想しています。当日の人気しだいにはなりますが、データ的に見れば3番人気~4番人気の方がアツいです!

しかし、このまま5番人気に支持されれば過去のデータからいくとそこまで好走率は高くありませんね。あとは、当日が何番人気か?に注目しておきましょう!

【トーセンバジル買えるポイント:△】

 前走レース 日経賞組の成績は?

トーセンバジルは前走、日経賞を経由して天皇賞春2018に臨んできます。その日経賞を経由した馬の成績が上記表となっています。

結果としては、めちゃくちゃ良くもなく、悪くもなくといった内容です。

天皇賞春のステップレース3つ「日経賞」「大阪杯」「阪神大賞典」の中では中間くらいの成績と言えるでしょうね。

 

【トーセンバジル買えるポイント:○】

前走距離 2000m組の成績は?

トーセンバジルは前走、日経賞を経由しておりその距離は2500m戦です。前走が2500m戦を走った馬の成績は、前走レースに引き続き中間くらいの評価と言って良いでしょう。

(日経賞と連動しているため当たり前っちゃ当たりまえ)

1番成績の良い、2000m組と比較しても勝率は約半分、3着内率も約半分程度の成績となっています。

 

【トーセンバジル買えるポイント:○】

トーセンバジルは買える世代か?

トーセンバジルの年齢は6歳にあたります。その6歳世代の成績ですが、このレースに強い4歳~6歳世代の中では1番成績が優秀ですね(微々たるものですが)

勝率も高く、3着内率もトップ。ここは買いでしょうか?!

【トーセンバジル買えるポイント:◎】

父馬ハービンジャー産駒の成績は?

父にハービンジャーをもつトーセンバジルですが、過去に天皇賞春でハービンジャー産駒が出走した経験は1度だけあります。1度だけなので何とも言えませんが、その結果は着外へと破れており、3着内率の実績はない産駒となっていますね。

 

【トーセンバジル買えるポイント:△】

トーセンバジルは買える脚質か?

シュヴァルグランの脚質は「追い込み脚質」にあたります。その追い込み脚質の天皇賞における成績は上記表でも確認できるように良くはありません。過去にこの脚質で3着内に入着したことはありません。

トーセンバジルの場合、いっても差しまででしょうからここは割り引いてもよさそうですね。(ただし、鞍上はデムーロのため注意は必要です)

【トーセンバジル買えるポイント:☓】

デムーロ騎手は京都の長期距離が得意?!

 

ここではデムーロ騎手と京都3200mについて、相性をみていきましょう。

過去に1度、出走経験がありますがその時は着外へ。次に京都の3000m戦の成績ですが【1-0-1-2/4】という結果でここは3着内率も高そうですよね!

最後に京都の2400m戦です。結果が【5-1-4-8/18】で勝率27.8%、連対33.3%、3着内率55.6%と高い数字です。

まあ、デムーロなんでどんなコース・距離であっても期待は持てるのですがね...

【トーセンバジル買えるポイント:○】

トーセンバジル総評まとめ

  • 前走、日経賞に該当:○
  • 前走、距離2500m組に該当:○
  • ハービンジャー産駒に該当:△
  • 6歳世代に該当:◎
  • 追い込み脚質に該当:☓
  • デムーロ騎手の鞍上:○

【トーセンバジル総評】
前走ローテを考えると良い傾向にある。しかしながら、一番痛いポイントとしては脚質面です。過去のデータからは追い込み脚質で3着内に入った馬がいない...ここは大きくマイナス評価。しあkしながら、鞍上は大阪杯で「神騎乗」をやってのけたデムーロ騎手。ここは期待大か?!

天皇賞春2018の総合情報はこちら!

今回はトーセンバジルにスポットを当てて解説してきましたが、

天皇賞春2018の過去データ(ジンクスや枠順成績など)についてもっと知りたい! という方は「天皇賞春2018過去データ消去法!傾向や枠順データを徹底調査!」をご覧下さいね!

 

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事