1. HOME
  2. ブログ
  3. 【天皇賞春2018過去データ分析】サトノクロニクル✕川田騎手

【天皇賞春2018過去データ分析】サトノクロニクル✕川田騎手

どうも!komeです。

※4/22(日)+収支181,7500円!!詳細はこちら!

4/29(日)にG1天皇賞春2018が開催されます。今回の天皇賞春2018はまさしく「主役不在」という言葉が適しているのではないのでしょうか?

そこで今回は天皇賞春に出走予定のサトノクロニクル✕川田騎手について「天皇賞2018で好走するのか?」徹底的に考察してみました!

kome
果たしてサトノクロニクルは買える馬なんでしょうか?!

天皇賞春2018 出走予定馬・騎手・予想オッズ

※net.keiba引用

▼馬名をタップすると「馬✕天皇賞春」の相性が確認できます

サトノクロニクル 牡4歳 鹿毛

調教師  池江 泰寿(栗東)
馬主  サトミホースカンパニー
 ハーツクライ
 トゥーピー
本賞金  134,800,000円
馬主の由来・意味  冠名+年代記

過去の参考レース成績

ここではサトノクロニクルの過去レース成績を振り返り、天皇賞春2018の馬券予想に役立てていきましょう!

【前走2018/03/18】 GⅡ阪神大賞典 2着

https://youtu.be/yL040bdOo8Y

【通過タイム】※ミドルペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.12.8 0.24.2 0.35.9 0.47.7 1.00.1
(0.12.8) (0.11.4) (0.11.7) (0.11.8) (0.12.4)
1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
1.12.4 1.25.0 1.38.3 1.51.1 2.03.4
(0.12.3) (0.12.6) (0.13.3) (0.12.8) (0.12.3)
2200m 2400m 2600m 2800m 3000m
2.15.4 2.27.2 2.39.1 2.52.1 3.03.6
(0.12.0) (0.11.8) (0.11.9) (0.12.0) (0.12.5)

【レース展開】

ほぼ揃ったスタート。外からダッシュを利かせて11番ヤマカツライデンがハナに立つ。1周目のスタンド前で、リードは1馬身半。9番ムイトオブリガードが2番手。

1馬身差の内に1番トミケンスラーヴァ、外にスタート後やや行きたがる面を見せた8番クリンチャーと続く。2馬身差で4番カレンミロティック。3馬身離れた中団に2番スーパーマックス。1馬身差で6番サトノクロニクル。2馬身離れた後方に7番レインボーライン。1馬身半差で10番アルバート。

2馬身差で3番シホウ。6馬身離れた最後方に5番コウエイワンマンという隊列で進んでいく。

前半1000m通過60秒1と緩みない流れで、ヤマカツライデンがレースを引っ張る。リードは1馬身半。2番手ムイトオブリガード、3番手トミケンスラーヴァ。その後にクリンチャーが続いていく。

そこから3馬身離れてカレンミロティック、サトノクロニクル。2周目に入って中団・後方勢が徐々に差を詰めてくる。

3コーナーからペースが上がって、各馬がスパートを開始。ヤマカツライデンとムイトオブリガードが並走状態で4コーナーから直線へと入っていく。

直線へ向いて、ムイトオブリガードが先頭に立つも脚がなくなる。外からクリンチャーがじわじわ伸びているが、大外に持ち出したレインボーラインが勢い良く伸びてくる。

やや内にササりながらも残り200mで抜け出していく。2番手には外からサトノクロニクルが浮上。クリンチャーとアルバートが3番手争い。抜け出したレインボーラインが先頭ゴールイン。

2着サトノクロニクル。クリンチャーがクビ差アルバートに先着して3着に入った。

昨年末の有馬記念以来の実戦となったレインボーラインが、一昨年のアーリントンC以来となる重賞2勝目を飾った。G1の舞台で善戦するも勝ち切れない面はあったが、今回はペースが流れてこの馬向きの展開となった。

展開に左右される面はあるものの、次走が春の天皇賞でも面白いのではないか。サトノクロニクルは成長を感じさせる2着で、次走も楽しみだ。

1番人気に推されたクリンチャーはスタート後に行きたがる面を見せて、最後苦しくなった。得意の京都で巻き返しに期待したい。

【レース後評価(サトノクロニクル)】

有馬記念以来の実戦だったが、仕上がっていた。道中は控えて、4コーナーで外目を回っていったが、さらに外を回ったレインボーラインに抜け出された。それでも、自身、伸びて2着。

 

【前々走2017/12/24】有馬記念 9着

https://youtu.be/ggaQyd_vvFM

【通過タイム】※スローペース

100m 300m 500m 700m 900m
0.06.8 0.18.4 0.30.3 0.42.5 0.54.8
(0.06.8) (0.11.6) (0.11.9) (0.12.2) (0.12.3)
1100m 1300m 1500m 1700m 1900m
1.08.1 1.21.3 1.34.1 1.46.3 1.58.4
(0.13.3) (0.13.2) (0.12.8) (0.12.2) (0.12.1)
2100m 2300m 2500m
2.10.1 2.21.3 2.33.6
(0.11.7) (0.11.2) (0.12.3)

【レース後評価】

2着馬クイーズリングの後ろでじっくり構えるも直線の反応はいまいちであった。やはりここでは力さを感じる内容であった。

【4走前2017/10/22】 GⅠ菊花賞 10着

【通過タイム】※ミドルペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.13.2 0.25.8 0.37.8 0.50.9 1.04.1
(0.13.2) (0.12.6) (0.12.0) (0.13.1) (0.13.2)
1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
1.17.6 1.32.1 1.46.4 1.59.9 2.12.9
(0.13.5) (0.14.5) (0.14.3) (0.13.5) (0.13.0)
2200m 2400m 2600m 2800m 3000m
2.26.0 2.38.9 2.52.3 3.05.0 3.18.9
(0.13.1) (0.12.9) (0.13.4) (0.12.7) (0.13.9)

【レース後評価】

道悪が影響していたのか?勝負どころの4角手前で騎手が追い出すも反応はイマイチ。終始馬群に囲まれながらの競馬となったせいか、自分の走りが全くできていなく、良いところがにレースとなった。

天皇賞春過去データ✕サトノクロニクル✕川田騎手

ここでは過去のデータ(天皇賞春や京都3200mコース)とサトノクロニクルを照らし合わせて「天皇賞春で買える馬か?」というところを徹底的に探っていきます。

前走レース 阪神大賞典組の成績は?

サトノクロニクルは前走、阪神大賞典を経由して天皇賞春2018に臨んできます。その阪神大賞典を経由した馬の成績が上記表となっています。

結果としては、そこまで良い結果とは言えない内容です。むしろ天皇賞春のステップレース3つ「日経賞」「大阪杯」「阪神大賞典」の中では成績が一番悪いですね。

【サトノクロニクル買えるポイント:△】

前走距離 3000m組の成績は?

サトノクロニクルは前走、阪神大賞典を経由しておりその距離は3000m戦です。前走が3000m戦を走った馬の成績は、阪神大賞典に引き続きよくありません。(阪神大賞典と連動しているため当たり前っちゃ当たりまえ)

1番成績の良い、2000m組と比較しても勝率は約半分、3着内率も1/3程度の成績となっています。

【サトノクロニクル買えるポイント:△】

サトノクロニクルは買える世代か?

サトノクロニクルの年齢は4歳にあたります。その4歳世代の成績ですが、過去の勝利数で言えば一番高い世代になります。

また、3着内率に関しても6歳世代に次ぐ2位という順位のなので、ここはサトノクロニクルにとって良いデータと見て良いでしょう。

【サトノクロニクル買えるポイント:○】

父馬ハーツクライ産駒の成績は?

ハーツクライを父に持つサトノクロニクルですが、天皇賞春において未だハーツクライ産駒の馬がレースに勝ったことありません。しかしながら、3着内率が50%と非常に高い数字ですね!

勝率こそ0%でも買い方としては複勝系の軸には最適かもしれません。

 

【サトノクロニクル買えるポイント:○】

サトノクロニクルは買える脚質か?

サトノクロニクルの脚質は「先行脚質」にあたります。その先行脚質の天皇賞における成績は上記表でも確認できるように1番成績が良いです。3着内率でいくと約35%で3回に1回は3着内に食い込む計算となりますね。ここはプラスポイントとして見て良いでしょう。

【サトノクロニクル買えるポイント:◎】

 

川田騎手は天皇賞でまだ1度も入着経験がない!

天皇賞春における川田騎手の成績ですが、過去に4度出走してまだ1度も入着経験がありません。 (上記表は2017年のレースが反映されておりません。2017年はアルバートに騎乗して5着に敗れています)

しかしながら、京都の2400m戦での成績はかなり良いです(3000m戦は出走経験がない)

ここは川田騎手、京都を得意と捉えても良いかもしれませんね!

【サトノクロニクル買えるポイント:○】

サトノクロニクル総評まとめ

  • 前走、阪神大賞典組に該当:△
  • 前走、距離3000m組に該当:△
  • ハーツクライ産駒に該当:○
  • 4歳世代に該当:○
  • 先行脚質に該当:◎
  • 川田騎手の鞍上:○

【サトノクロニクル総評】
前走や産駒に気になる点が多い。しかしながら先行脚質が有利な天皇賞春において同馬の評価は高い。しかしながら、この馬が勝つイメージが湧かない…(個人的な意見です)川田騎手の手腕にも期待いところですね。

天皇賞春2018の総合情報はこちら!

今回はサトノクロニクルにスポットを当てて解説してきましたが、

天皇賞春2018の過去データ(ジンクスや枠順成績など)についてもっと知りたい! という方は「天皇賞春2018過去データ消去法!傾向や枠順データを徹底調査!」をご覧下さいね!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事