どうも!komeです。

5/6(日)にG1NHKマイルカップ2018が開催されます。今回のNHKマイルカップ2018も波乱の予感が...『この馬っ!』っていう主役がいない気がしますな。

しいて言うならば、昨年のGⅠ朝日杯フューチュリティで3着に食い込んだタワーオブロンドンが人気を集めそうですが果たしてどうか?ってとこですね!

今回の記事ではNHKマイルカップに出走予定のカツジ×松山騎手コンビについて「NHKマイルカップ2018で好走するのか?」徹底的に考察してみました!

kome
果たしてカツジ×松山騎手コンビは買える馬なんでしょうか?!

NHKマイルカップ2018 出走予定馬・騎手・予想オッズ

以下が現段階での出走予定の有力馬と騎手・予想オッズになります(想定です)

※馬名をタップすると「馬・騎手✕NHKマイルカップ」の相性が確認できます
(随時、追加していきます)

カツジ 牡3歳 鹿毛

調教師  池添 兼雄(栗東)
馬主  カナヤアマホールディングス
 ディープインパクト
 メリッサ
本賞金  79,800,000円
馬主の由来・意味   人名より

過去の参考レース成績

ここではカツジの前走レース成績を振り返り、天皇賞春2018の馬券予想に役立てていきましょう!

【前走2018/04/07】 GⅢニュージーランドT 1着

【通過タイム】※ミドルペース

200m 400m 600m 800m 1000m
0.12.5 0.23.6 0.35.2 0.47.1 0.59.1
0.12.5 0.11.1 0.11.6 0.11.9 0.12.0
1200m 1400m 1600m
1.11.2 1.22.8 1.34.2
0.12.1 0.11.6 0.11.4

※画像引用元:net.keiba

【レース結果・展開と総括】

中山競馬場で行われたG2・第36回ニュージーランドトロフィーは、松山弘平騎手騎乗の2番人気カツジが優勝。道中は後方で脚を溜めて、直線では外に持ち出して力強く差し切った。勝ち時計は1分34秒2(良)。鞍上の松山騎手は本競走初制覇、本馬を管理する池添兼雄調教師は15年ヤマカツエース以来となる本競走2勝目を飾った。

アタマ差の2着は1番人気・戸崎圭太騎手騎乗のケイアイノーテック、4分の3馬身差の3着は9番人気・大野拓弥騎手騎乗のデルタバローズが入った。なお、これら上位3頭にはNHKマイルカップへの優先出走権が与えられる。

ほぼ揃ったスタート。6番カシアスがハナに立って、2コーナーへ。リードは2馬身。2番手に7番エントシャイデン。1馬身差の内に1番コスモイグナーツ、外に8番ラムセスバローズ。1馬身離れて15番アンブロジオ。半馬身差の内に2番デルタバローズ。半馬身差で13番ペイシャルアス。1馬身半離れた中団の内に10番ファストアプローチ、外に14番ケイアイノーテック。1馬身差で4番アイスフィヨルド。1馬身差で12番リョーノテソーロ。1馬身差の内に9番イサチルルンルン、外に11番カイザーメランジェ。2馬身離れた後方に5番カツジ。2馬身差の最後方に3番ゴールドギアという隊列で進んでいく。前半800m47秒1と緩みない流れで、カシアスがレースを引っ張る。中団・後方もそれほど差がなく、一団で進んでいく。3コーナーを過ぎて、2番手のエントシャイデンが徐々に先頭へと接近。中団・後方勢もスパートを開始して、4コーナーで内外に大きく広がる。後方にいたカツジも大外に持ち出して、4コーナーから直線へと入っていく。

直線へ向いて、カシアスが内ラチ沿いで粘るも内からデルタバローズ、中からケイアイノーテック、外からカツジが勢い良く伸びてくる。残り200mを切って、最内のカシアスは失速。3頭の追い比べは一番外で勢いに勝るカツジが最後もう一伸びして先頭ゴールイン。2着ケイアイノーテック。3着争いは大外のゴールドギアを抑えて、デルタバローズがハナ差先着した。

近2戦の重賞で先行していたカツジが今回は後方で脚を溜め、差し切り勝ちを決めた。馬体重は12キロ減っていたが、前走が太め残りだったのもあるだろう。初の中山への遠征も問題なく、直線での伸び脚は迫力があった。勝ち時計はやや平凡に映るも、次走のNHKマイルCへ期待が持てる前哨戦となったのではないか。ケイアイノーテックも勝ち馬と同じくディープインパクト産駒で、瞬発力がある馬が上位に来る結果となった。

 【レース後評価(カツジ)】
やや間隔はひらいたが、体重が12kg減で絞れていた。これまでとは違い、控えて追走。4コーナーで外を回って、直線で追い込んできた。抜け出しかけたケイアイノーテックに並んでいき、差し切った。

 

NHKマイルカップ過去データ✕カツジ×松山騎手

ここでは過去のデータ(NHKマイルカップや東京芝1600mコース)とカツジ×松山騎手を照らし合わせて「NHKマイルカップで買える馬か?」というところを徹底的に探っていきます。

 前走レース NZT組の成績は?

NHKマイルカップのローテとして圧倒的に多いのがNZTを踏んでのステップ。カツジは前走、そのNZTを経由してNHKマイルカップに臨んできます。そのNZTを経由した馬の成績が上記表となっています。

出走数の母数が、他ローテと違いすぎるので単純に比較できるものではありませんが、成績としては悪い傾向にありますね。過去66頭走って馬券内に入ったのは9頭、13%ほどしかありません。勝利回数は多いものの、勝率でいえば6%程度なので、データで見れば好走確率は低いといえます。

【カツジ買えるポイント:△】

前走距離 1600m組の成績は?

カツジは前走、NZTを経由しておりその距離は1600m戦です。前走が1600m戦を走った馬の成績は、前走1600m以上走った馬よりも劣ります。

当然かもしれませんが、前走1600m組の出走回数が多いため各データの割合が落ちやすいです。それでも成績は中間くらいなのかな?と予想はしています。

【カツジ買えるポイント:△】

 父馬ディープインパクト産駒の成績は?

ディープインパクトを父にもつカツジですが、そのディープインパクト産駒の3着内率は高い数字です。連対率も高ければ勝率も高い。しかしながら、単勝・複勝回収率を見れば分かるのですがそこまで高くはない...ということは人気上位に支持された馬が好走し、下位人気に落ちるとなかなか好走しないのかな?と考察します。

NHKマイルカップにおいてカツジは上位人気に支持されると考えていますので、この産駒は良い傾向かもしれませんね。

【カツジ買えるポイント:〇】

 カツジは買える脚質か?

カツジのこれまでの走りを確認すると、先行→2回、差し→2回の競馬をしています。脚質は「先行~差し脚質」にあたるといってよいでしょう。その先行~差し脚質のNHKマイルカップにおける成績は上記表でも確認できるように逃げよりやや劣ります。というか逃げ脚質つよすぎw(勝率で言えば)

前走のNZTでは上がり2番目となる差し脚で快勝していますから、今回も...となると、データ的にはそこまで良い結果ではありません。2歳デイリー杯では先行しながらも脚を伸ばしていましたので、NHKマイルでも当時のように先行策でと個人的には思っています。

【カツジ買えるポイント:〇】

松山騎手と東京芝1600mの相性

昨年のNHKマイルカップでは6番人気ボンセルヴィーソに跨り、結果は3着でしたね。見事です。

ここでは松山騎手と東京芝1600mについて、相性をみてみましょう。(過去3年間集計)

東京1600m戦に6回騎乗して2回、3着以内に2度入着しています。1回は昨年のマイルカップ3着は、2回は定かではありませんが...(データ見つかりませんでしたが、おそらく穴馬)

昨年のように、人気薄でも十分走らせる可能性は秘めていますし、成長著しい騎手でもありますから期待をしてもよいでしょうね。

【カツジ買えるポイント:〇】

カツジ総評まとめ

  • 前走、NZT組に該当:△
  • 前走、距離1600m組に該当:△
  • ディープインパクト産駒に該当:〇
  • 先行~差し脚質(やや先行強)に該当:〇
  • 松山騎手の鞍上:〇

【カツジ総評】
ここは脚質+血統に期待したいところ。絶大な信頼がおけるか?と言われると、データ的にはそうでもなさそう。昨年、馬券内に6番人気馬を入れた松山騎手が騎乗するため、『今年も!』となるか?!

管理人komeの買い目公開!

枠順が決まり次第、買い目を決めて公開したいと思います!

※4/22(日)LINEで公開した馬券で19万円の払い戻し成功♪(競馬収支は毎週、ブログコンテンツで掲載しています)

 

komeの購入馬券を見たい方はLINEでともだち追加オナシャス!!!!(もちろん無料です!)

ともだちになってわいわいしましょう(笑)

NHKマイルカップ2018の総合情報はこちら!

今回はカツジにスポットを当てて解説してきましたが、

NHKマイルカップ2018の過去データ(ジンクスや枠順成績など)についてもっと知りたい! という方は「5枠が強いっ!!NHKマイルカップ2018有利な枠順とは?!」をご覧下さいね!

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事