今回は、パチンコ北斗無双の通常時の大当たり後について記事を更新していきたいと思います。北斗無双は大当たりを引く事が出来れば、時短もしくは確変に突入します。

確変だと良いのですが時短だけの場合は本当にテンションが下がります。ですが、多くの当たりの場合は偶数図柄で当たりを引く事が多いので時短で当たる場合が多いと思います。

そこで時短から確変にはどれくらいの確率で突入するかなども解説していきます。

時短と確変について

それでは最初にパチンコのかなり基本的な部分になるんですが、パチンコ初心者の方にも分かりやすいように時短と確変の違いについて解説していきたいと思います。

パチンコの時短とは?!

それでは、最初にパチンコの時短について解説していきたいと思います。時短と言いますのは、小デジタルの回転時間が短縮されます。

この事によって小当たり確率は変わらなくても抽選回数がアップします。そして電チューの開放時間も通常の時と比較すると圧倒的に長くなっているので玉持ちが格段にアップします。

見た目的には、確変と変わらないんですが内部的には、通常の状態ですので大当たり確率は通常時と変化なしです。

パチンコの確変とは!?

次に確変についてですが、大当たりの確率や小当たりの確率を上げる事で次の大当たりを格段に引きやすくなります。

確変搭載機の場合は、確変に突入させて、その確変中に大当たりを引き出玉を増やすという仕組みになっています。

確変に繋げないと勝つ事は厳しい

そして北斗無双のば場合だけに限らないんですが、大当たりを引いても時短だけの場合も結構あります。

逆に大当たりを引く事が出来ても、確変に突入させる事が出来なければ、出玉を中々増やす事が出来ないので確変搭載機を打つ上で確変に突入させる事が出来なければ勝つ事は非常に難しくなります。

スロットで例えるならARTやAT搭載機を例に出しますと、ボーナスを引く事が出来てもARTもしくはATに突入させる事が出来なければ出玉が増えてないという感じです。

ですので、北斗無双では、どれだけ早く確変に持ち込めるか勝負のカギになってきます。

大当たり時に注目

そして北斗無双を打つ上で重要な要素になってくる所が大当たりの時にどの数字で当たりを引き当てたかが可なり重要になってきます。

北斗無双では偶数の数字で当てた場合のほとんどが時短になってしまいます。(内部的には確変という事もある。)

逆に奇数の数字で大当たりを引く事が出来れば確変濃厚になりますので、ほとんどの確率で時短ではなく確変に突入します。そして7で当たりを引く事が出来れば確変は確定するので、かなり激熱の展開です。

北斗無双での7図柄について詳しい記事は下記になりますので興味のある方は是非ご覧下さい。

[clink url="https://xn--ock3dqb7a0b5982dvwxa.com/archives/2119"]

北斗無双の時短を徹底解説

それでは、北斗無双の時短について徹底的に解説していきたいと思います!時短や確変については、北斗無双で勝つ上では、かなり重要な要素になってきます。

ですので、今回の部分はかなり重要ですので、皆さんもしっかりと覚えて帰って下さいね♪

北斗無双 時短中のST引き戻しの信頼度は?!

それでは、北斗無双の時短について解説していきますが、北斗無双での時短は100回転に設定されています。

というか最近のパチンコ台では、ほとんどの機種で時短は100回転に設定されてる機種が多いように感じます。そして最初に肝心の時短から確変への引き戻し確率なんですが30%弱ほどあると言われています。

この数字を見てあなたはどう思いますか?

個人的な意見になるんですが、時短でもSTに突入する確率が30%程あるのは結構熱いほうなのではないかと思います。そして僕自身も体感的に時短から確変に突入する確率は30%程で間違いないと思います。

時短を引く事も結構あるんですが3~4回に1回程は確変に突入してる感じです。ですので時短を引いたからと言って諦めるのは早いです。

時短中の演出や保留玉について

それでは、次に時短中の演出や保留玉の信頼度について解説していきたいと思います。

時短中にも様々な演出が発生すると思いますが、実際の所どれくらいの信頼度があるのか、しっかりと数字を見て判断していきたいと思います。

時短中の保留玉変化はチャンス?!

保留玉の変化は通常時でも変化しますし時短中にも変化します。ですが時短中の保留玉の変化は通常時の保留玉変化よりも信頼度が高くなっています。

それでは、時短中の保留玉の変化の信頼度を見ていきたいと思います。

通常時

赤保留:30.4%

時短中

赤保留:42.7%

時短中は赤保留に注目!

上記の信頼度を見て頂ければ分かると思いますが、通常時の赤保留の信頼度は30%程になってるんですが、時短中の赤保留の信頼度は40%オーバーになっています。

ですので時短中の赤保留はSTに期待出来るという事です。そして時短中は最低が赤保留になり、その次に金保留そしてエイリやん保留とランクアップしていきます。

そして時短中は赤保留でも熱いんですが、金保留以上になると大当たり濃厚でほぼSTに突入すると言っても過言ではありません。

逆に言いますと、時短中の時は保留玉が変化する場合は、ほとんどが赤保留になるので保留玉が変化しない時はSTにもあまり期待する事が出来ません。

時短中の金保留は大当たり激熱&超濃厚

そして赤保留でも、大当たりに期待する事が出来るので、時短中の金保留の場合の信頼度は90%を超えるのではないかと思っています。

僕自身がまだ時短中に金保留を引いた事がないので、ハッキリと言う事が出来ませんが時短中に金保留を引いた事がある方は是非コメント欄で教えて頂ければと思います。

時短中の熱い演出について

それでは、最後に時短中の熱い演出について紹介していきたいと思います。

時短中には様々な演出が発生すると思いますが中々リーチに発展しない事でイライラした経験がある方もいるのではないでしょうか?

そこで今から紹介する演出はリーチの発展にも期待出来て大当たりの信頼度も高い演出を紹介していきたいと思いますので是非覚えてて下さいね。

対戦相手の組み合わせ演出

時短中には画面の中央の上の部分に対戦相手の組み合わせが表示されてると思いますが、この組み合わせでも大当たりの信頼度を知る事が出来ます。

通常の場合ですと、通常&通常が多いと思いますが、通常&チャンスのような場合もあると思います。この時にチャンスの方の対戦相手が選択されると信頼度は、63%程ありますので大当たりに期待出来ます。

ですがこの組み合わせは結構見る機会が多いと思いますが、チャンスの方が選択させる確率は低いのであまり気にしないで大丈夫です。

そしてチャンス&チャンスという表示もあるんですが、この場合はリーチにも発展しやすく大当たりの信用度もお互い76%ありますので大当たり濃厚になっています。

そして激熱&チャンスの組み合わせは問答無用で熱く、激熱の方が選択されるとほぼ確定で右のチャンスの方が洗濯されても信頼度は98%程あるので、ほぼ当たったと思って大丈夫です。

逆に外す方がかなり難しくなっています。

時短中のwarningについて

次に時短中にwarningという文字の演出が発生する事があると思うんですが、この演出は何を示唆してるのかと言いますと、一応連続演出になっていました。

1回だけwarningが発生しただけでは、ほぼ意味がなく、4回ほど連続で発生してやっとリーチにかかるかなという演出ですので、どちらかという熱くない演出になります。

ネットなどでもwarningの文字は一体何を示唆してるのか?と気になってる人が多かったですので、ここで紹介させて頂きました。

まとめ

どうでしたか?今回はパチンコ北斗無双の時短中の演出や時短から確変に移行する信頼度について記事を更新してきました。

北斗無双では、確変に突入させる事が勝負のカギになっていますので時短から確変にどう繋げるかが可なり重要になっています。それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

当サイトではギャンブルについて幅広く記事を書いていますので良かったら他の記事も是非チェックして下さい。

ギャンブル攻略のコンテンツをチェックする

オンラインカジノのスロットを無料で遊んでみよう!

スマホゲームよりもハマる!!
暇つぶしにも最適!!

登録不要で無料プレー可能です。
一度お試しください♪

おすすめの記事