今回は、ちょっと真面目な話しをしていきたいと思います。このサイトは主にパチンコやスロットの情報を書いていますが、このサイトに来て頂いてる方の多くは、パチンコやスロットで勝ちたいと考えてる人が多いのではないでしょうか?

そして中には、専業になってパチプロとして働きたいと考えてる人も中にはいるかもしれません。この記事では、そのような人達に向けての記事になります。

パチプロとはどんな仕事なのか?!

それでは、最初にパチプロとはどのような仕事なのかという事を紹介していきたいと思います。この事に関しては知らない人はいないと思いますが、ライターとの違いなどについて解説していきたいと思います。

ライターとパチプロの違い

それでは、ライターの人とパチプロの人の違いについて紹介していきます。ライターと言うのは、簡単に言うとスロットやパチンコ専門のユーチューバーみたいなものです。

スロットやパチンコの勝利した金額ではなく、会社などから給料を貰って生活しています。

ざっくり言うと会社員と同じです。そしてパチプロの場合は、ライターの方と違ってスロットやパチンコの勝った金額で生計を立ててる人の事を言います。

パチスロ業界の現状

それでは、2018年のパチプロの現状についてですが、以前と比べると、業界自体がかなり厳しくなってるのは皆さんも知ってると思います。

これは規制の影響もありますし、それに伴ってパチンコやスロットに足を運ぶお客さんも減少傾向にあるという事が大きく関係してきます。

ホールに足を運ぶ人が少なくなるという事は必然的にホールの売り上げも下がってしまいます。売り上げが下がるという事は、高設定などを入れる事も難しくなってしまうんです。

パチプロはかなり減った

以前に比べて業界自体の売り上げが下がっているという事は分かって頂けたと思いますが、この事が関係して全盛期に比べるとパチプロの人は、かなり減少したと言えます。

これは元パチプロの人も言っていましたが、以前は稼ぐ事が出来たけどどんどん稼ぐ事が難しくなったと言っていました。パチプロの人も全員が同じ実力ではありません。勿論運的な要素もありますが、実力のない人は業界が厳しくなるにつれて撤退していきます。

このようにパチスロ業界の規制などが厳しくなるにつれてパチプロの人も引退していきます。

パチプロの人が引退した先はどうなるのか?!

パチプロで稼ぐ事は難しい

ここで本題になるんですが、単刀直入に言いますと、これからパチプロを目指すのは可なり厳しいと思います。ここで勘違いして欲しくないのは「無理!」という事ではありません。

ですが、現状はかなり厳しいと言えるでしょう。それでは、僕がパチプロを目指す事が厳しいと思う理由について書いていきたいと思います。

以前よりも設定の投入率は低くなった

まず最初に難しいと思うポイントは、以前の全盛期よりもホール側が高設定を投入する事が難しくなっています。これは変える事が出来ない事実です。パチプロで利益を出そうと考えた時に考える事は非常にシンプルです。

スロットなどで勝ち続けてる人は、高設定の台をぶん回して、低設定の台を出来るだけ回さないようにするという事です。他にも天井狙いやゾーン狙いがありますが、高設定狙いが以前と比べて厳しくなった事は間違いない事です。

やはり高設定台が少なくなったという事はスロプロの方からすると、かなり致命的な事と考えて良いと思います。

イベントなどの告知が出来なくなった

イベントの告知などが出来なくなった事も専業の人からすると、かなり厳しい規制だったのではないでしょうか?

僕の知る話しでもイベント告知が出来ないという規制が入った事でパチプロを引退した人も少なくないと聞いています。ちなみにですが、以前の告知が出来た時なんかは朝一のメルマガなどでも、堂々と鬼武者に設定5が〇台!緑ドンに設定6が〇台という風に告知されていました。

そして夕方頃になりますと、高設定台が発表される事もありました笑

普通に今の現状と考えると本当に信じられないような話しになりますが、ちょっと前はこのような事が当たり前に起きていたんです。僕も夜勤をしていた頃にこのような告知があったんですが、当時は鬼武者にはまっており、仕事が朝に終わって毎日、朝一からホールに並んでいました笑

結果は察しの通り負けばかりでしたが・・・涙

ライター来店は高設定が投入される?!

最近では、主にライターの来店などの時は比較的高設定が投入される傾向にあります。特にスロパチステーションのいそまる氏やよしき氏の来店イベントの時はかなりホール側も力を入れてる傾向にあります。

ですが、ここで大きな問題があります。上記であげたライターの方が来店する場合は、多くの人が高設定を狙ってホールに足を運びますので、大阪のホールなどですと並びが1000人を超える事も普通にあります。

ですので抽選だけでもかなりの難易度が高くなっており、狙い台に座るという事は運否天賦の勝負になってしまいます。

規制の影響での出玉規制

そして最後になりますが、規制がどんどん厳しくなりつつある中で最近では6.1号機などがホールに登場しました。このような規制の影響でどんどん出玉が規制される事により、パチプロの方は厳しい現状に立たされるのではないかと思います。

やはり出玉が規制されてしまうと、負ける金額は今までと同じように負けて、勝てる金額はどんどん減ってしまうと、スロットやパチンコで生活してる人からすると、かなり深刻な問題になるのではないかと思います。

僕もパチスロ好きの一人として思う事は、イベントの告知などの規制は我慢する事が出来ますが、出玉規制は、本当に辞めて欲しいです。ですがこればかりは国の方針なので、もう止める事が出来ない事だと思います。

今後パチプロになりたいと考える人

それでは、今後パチプロになりたいと考えてる人は、どのようにするのが良いかという事について僕の考える事を話したいと思います。これは、あくまで僕が勝手に考えてるだけですので、参考になるかどうかは分かりません。

ですので1つの意見としてお聞き下さい。

ブログやYouTubeで実践記録をアップする

まず最初に思いついた事は、自分で実践の記録をブログもしくはYouTubeを使って定期的に更新する事で、パチスロだけの収益以外に広告収入などを獲得する事が出来ます。

パチンコやスロットだけの収入に頼ってしまうとメンタル的にも、かなりしんどいと思いますし、月のトータルがマイナスになる事も普通にあると思います。

ですので他の収入源を確保する事はこれからの時代かなり重要な要素になって来るのではないでしょうか?

そして実践記録を定期的にアップするという事は自分の好きな事ですので他の事と比較すると継続して続ける事も出来ると思います。

まとめ

どうでしたか?今回は、2018年の現在、今後パチプロを目指す事は大変なのか?という事について僕の考えてる事を書かせて頂きました。かなり個人的な意見になっていますが、やはりパチプロになり続ける事は、かなり大変と思って良いと思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事