こんちわ!katuです!

秋のG1シリーズやってきましたね!!待てましたよホント。

カツ
夏競馬でボロボロんちょだったんで、これからの季節でなんとか取り戻したいね!
おっさん
キサマはワイドしか買わんからいかんのじゃ!

秋のG1一発目は『スプリンターズステークス』ですね!

ここ数年では2017,2016でレッドファルクスが連覇を果たしています。今年も参戦しそうなので注目が集まること間違いなしです。

私は昨年、武豊騎手騎乗のダイアナヘイローを軸にして馬券を購入しましたが、見事にブービーに散りました。。

カツ
逃げ馬を軸にして馬券を買った時のあるあるです。最後の直線で『ないな』って分かってしまうんですよね笑

今回は、そんな武豊騎手とスプリンターズステークスの相性をみていきましょうか!

過去のデータを参考に、武豊騎手の取捨選択について迫ってみます!

2018スプリンターズS 出走予定馬

(人名は調教師名)

・アドマイヤゴッド 牡6 須貝
・アレスバローズ 牡6 角田
・カイザーメランジュ 牡3 中野
・キャンベルジュニア 牡6 堀
・キングハート 牡5 星野
・グレイトチャーター 牡6 鮫島
・スノードラゴン 牡10 高木
・セイウンコウセイ 牡5 上原
・タマモブリリアン 牝5 南井
・ダイメイプリンセス 牝5 森田
・ティーハーフ 牡8 西浦
・ナックビーナス 牝5 杉浦
・ヒルノデイバロー 牡7 昆
・ファインニードル 牡5 高橋
・ブラヴィッシモ 牡6 須貝
・ムーンクエイク セ5 藤沢
・ラッキーバブルス セ7 ルイ
・ラインスピリット 牡7 松永
・ラブカンプー 牝3 森田
・レッツゴードンキ 牝6 梅田
・レッドファルクス 牡7 尾関
・ワンスインナムーン 牡5 斎藤

カツ
スノードラゴン頑張れっ!!死ぬまで応援しているゾ。

 

2018スプリンターズS 武豊騎手の騎乗予定馬は?

今年の騎乗予定馬はラインスピリットでしょうね。

これまでラインスピリットに騎乗してきた森一馬騎手から武豊騎手に乗り替わると予想されます。

カツ
ここまで森騎手に騎乗させてきたなら森騎手に。。って思っちゃいましたがG1ですしね。しゃーないか。

 

ラインスピリットの近走成績なんですが、このようになっています。

近5走すべて重賞を走っているのですが、3着以内には一度も入着できていません。

着順的には惜しいレースが続いていますが、
G1でいきなり好走できるのか?って感じもしてしまいますよね。。

 

しかし、今回は鞍上が変わります。

『武豊騎手』

に強化されますので、結果はどう変わってくるのでしょうか?

この鞍上強化に果たして期待できるのか?

次はスプリンターズSと武豊騎手の相性(実績)を見ていきたいと思います。

武豊騎手とスプリンターズSの相性はいかに?!

ここでは武豊騎手とスプリンターズSの相性について詳しく見ていきましょう。

スプリンターズSが行われる中山1200mの成績も踏まえ、考察していきましょう!

武豊騎手 スプリンターズS過去10年間の成績

年度 馬名 人気 単勝オッズ 着順
2017年 ダイアナヘイロー 4番人気 10.4倍 15着
2016年 ブランボヌール 6番人気 14.0倍 11着
2015年 ベルカント 2番人気 4.6倍 13着
2014年 ベルカント 10人気 27.8倍 5着
2013年 サドンストーム 8人気 67.2倍 13着
2012年 エピセアローム 3人気 9.9倍 4着
2011年 騎乗なし
2010年 騎乗なし
2009年 騎乗なし

 

過去10年間で3着以内の入着は一度ありませんね。
一番良かった着順でも4着どまりってデータがでています。

単純にスプリンターズSとの相性は良くない。といっても過言ででしょうね。

また、どちらかというと人気馬に騎乗したときよりも、穴馬に騎乗した時の方が着順成績は良いです。ここはおもしろいデータではないでしょうか?

今回はラインスピリットに騎乗する予定です。

ラインスピリット自体馬の人気はしないと思います(10番人気近辺と予想しています)ので、もしかすると好走する可能性はあるかもしれませんね。
(どっちだよw)

武豊騎手と中山1200mコースの相性

次に、武豊騎手の中山1200mコースのデータを見ていきましょうか。

 

と思ってJRA-VANの過去データを見てみましたが。。。

『30位圏外でデータがみれない!』

という事態に。。

 

武豊騎手が30位圏外へ飛ぶほどの不得意コースがあったとは。

間違いなく中山1200mコースは不得意確定演出ですね。

スプリンターズSも成績悪い。中山1200mコースも成績悪い。。

ちなみに、過去3年間(今年も含む)の短距離芝1200m以下コースの成績がこちら。

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 3着内率
2018年 7 6 2 31 15.2% 28.3% 32.6%
2017年 14 8 4 39 21.5% 33.8% 40.0%
2016年 7 4 4 34 14.3% 22.4% 30.6%

今年もそうですが、武豊騎手の短距離成績自体はかなりいいです。特に連対率は高い方だと思いますのでこのデータをどう見るかはあなた次第です笑

ラインスピリットとスプリンターズSの相性

次は武豊騎手騎乗予定のラインスピリットとスプリンターズSの相性を見ていきます。

前走・世代・脚質など過去のデータを参考に買える馬なのかを探っていきたいと思います。

前走 セントウルスS(GⅡ)組の成績は?

ラインスピリットは前走セントウルスSを経由してこのレースに参戦します。

その前走セントウルスS組の成績はどうなんでしょうか?

ほとんどの馬が前走セントウルスSを経由してきていることが分かります。

王道パターンなのかもしれませんね。圧倒的にセントウルスSだけ出頭数が多いので、なんとも言えませんが。。

データ的にはそこまでよくないですね笑

7歳世代の成績は?

ラインスピリットは7歳にあたります。

その7歳世代の成績は、過去10年間で一度も優勝したことがありません。

また3着内率も10%をきっているため、ここは期待できないでしょうね。

逃げ先行脚質の成績は?

ラインスピリットは逃げ・先行脚質にあたります。

スプリンターズSでは逃げ脚質が圧倒的に強いです。

ここはラインスピリットにとっては追い風ですね。

結論 2018スプリンターズS武豊騎手の取捨選択は?

さて結論です。

今まで書いてきた内容を整理してみます。

・過去10年間で武豊騎手は一度も3着以内に入っていない
・スプリンターズSと同コース、中山1200mコースでも成績圏外で不得意とされている
・1200m以下芝短距離コース自体は得意な方
・騎乗予定のラインスピリットも世代的に好走しそうでもない
・人気薄の馬に騎乗する方がスプリンターズSでの成績は良い方(それでも4着どまり)

以上を踏まえて、2018年スプリンターズステークスで武豊騎手×ラインスピリットコンビが買えるコンビなのか?ってところです。

 

結論。。

『私は買いませんっ( ゚Д゚)』

 

(紐にも入れることはない!って話です)

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事