今回はバジリスク絆のかなり重要な要素について記事を更新していきたいと思います。あなたはバジリスク絆の重要な要素と言えばどんな事を想像しますか?実はこの記事で紹介する内容は、テーブルについて徹底的な解説していきたいと思います。

バジリスク絆のゲーム性はテーブルで管理されていますのでテーブルを詳しく知る事が出来れば攻略の糸口になります。テーブルの事を全く分からない人は最初理解するのに苦しむかもしれませんが覚えておいて損はありません。

バジリスク絆のゲーム性について

画像引用元:https://chonborista.com/slot/universal-slot/bajirisk-kizuna/19817/

それでは最初にバジリスク絆のゲーム性について紹介していきたいと思います。バジリスク絆には、色んな要素がありますので絆をあまり打った事がない方は内部的な事に関しては難しい点があると思いますので、ここで紹介したいと思います。

まずバジリスク絆には、下記のようなものが存在します。

テーブル(この記事で紹介)

モード(こちらの記事で紹介「バジリスク絆設定判別!モードの示唆や演出を見極める7つの法則」)

高確や超高確(こちらの記事で紹介「見て損なし!バジリスク絆 弾正屋敷スタートや頻繁に行く・行かない全ての情報公開」)

この上記のような内部状況がどのようになっているのかと言いますと下記のような流れでバジリスク絆は進んでいます。

ゲーム性の流れについて

設定変更時にテーブルが決定される

テーブルとBCのスルー回数でモードが決定される

通常時の全役でモードの昇格抽選が行われる

BC終了後は「テーブルとBCのスルー回数でモードが決定される」ここに戻る

AT終了後は前回のテーブルに沿って確率で再抽選されて「テーブルとBCのスルー回数でモードが決定される」ここに戻る


上記のような流れでバジリスク絆は進んでいきます。それでは、バジリスク絆の気になる事や重要だと思う事を調べていきたいと思います。そして僕が勝手に気になる事で選んだ内容なんですが下記のような事を調べて紹介していきたいと思います。

nori
勿体ぶらないで早く言ってくれ!
おっさん
お前は焦るな!今からじっくり説明して貰えるだろ!
  • バジリスク絆の各テーブルの移行率
  • 各テーブルの判別方法
  • 朝一のテーブルの抽選方法や確率
  • 設定6のテーブルの移行率
  • テーブルnの詳細について

基本的に上記の事を書いていきたいと思います。

これ以外にも記事を書いていて気になる事や補足情報がありましたら追加で書いていきたいと思います。それでは少し長くなるかもしれませんが最後までお付き合い頂ければと思います。

バジリスク絆の各テーブルのモード移行率

それではバジリスク絆の各テーブルの移行率から見ていきたいと思います。その前にバジリスク絆には様々なテーブルが存在しているんですが、そのテーブルを紹介していきます。テーブルは全てでA~Zまでの全26種類のテーブルが存在します。

僕もバジリスク絆のテーブルを詳しく知る前は全てで3種類位かなと思っていたんですが実際に調べてみると26種類もあってかなりびっくりしました!

nori
13種類もテーブルの種類が存在したら今どこのテーブルにいるかとか見極める事とか出来るのか?!
おっさん
ポイントをしっかりと抑える事が出来たら大丈夫じゃ!

このテーブルによって絆ではモードが決定されるのですが、モードの状態は特定の演出などで見極める事が出来るのである程度のテーブルは慣れてくると分かると思います。

テーブル A B C D E F
0スルー A A B C B B
1スルー A A B C A A
2スルー A A B C B B
3スルー A B B C A A
4スルー A B C C B C
5スルー B B C C A B
6スルー B C C C C C
7スルー C C C C B B
8スルー C C C C C C
9スルー D D D D D D
テーブル G H I J K L M
0スルー C A A A A A A
1スルー A B B C A A A
2スルー C A A A A A A
3スルー A B B C A A B
4スルー C A B A A A B
5スルー C B C C A B B
6スルー C B B C A B C
7スルー C C C C A C C
8スルー C B B C A C C
9スルー D D D D D D D
テーブル N O P Q R S
0スルー A A B C B C
1スルー A A B C A A
2スルー A A B C B C
3スルー A B B C A A
4スルー A B C C C C
5スルー A C C C B C
6スルー A C C C C C
7スルー A C C C B C
8スルー A D D D D D
9スルー D
テーブル T U V W X Y Z
0スルー A A A A A D E
1スルー B C A A A
2スルー A A A B D
3スルー B C A B
4スルー B C B D
5スルー C C B
6スルー B C D
7スルー C C
8スルー D D
9スルー

テーブルの詳細は上記のようになっています。バジリスク絆を打った事がない方はちょっとイメージしずらいかも知れませんがバジリスク絆を打った事がある方は、何となくイメージする事が出来るのではないでしょうか?

このように見ると各テーブルによってモードの変わり方に大きな差がうまれます。バジリスク絆ではモードは、かなり重要な要素でBCの当選確率やATの当選確率も、このモードによって大きく変わってきます。

モードにはA・B・C・D・Eの5種類のモードが存在する。Aが一番低くEが一番高いモードになっている。

このようにモードを決定するのがテーブルという事になります。このように見た時にABCのテーブルは早めのBC当選やATにあまり期待する事が出来ませんね。

ATに期待出来るのはテーブルDから?!

そしてATの当選に期待する事が出来るのは、テーブルD以降からではないかと思います。その理由に関しては、テーブルDを見て頂ければ分かると思うんですが、テーブルDの場合は、0スルーでもモードはCからのスタートになります。バジリスク絆では。モードAとBでは、中々ATの当選や早めのBC当選にも期待する事があまり出来ません。

ですがモードC以上になると高確の移行確率や超高確の移行確率も大きく変わってきますので、ATの当選確率もAとBに比べると大幅に期待する事が出来るようになります。

それでは、ここで簡単にモードCの特徴について紹介しておきます。

モードCは高確や超高確に移行しやすい!演出が派手(リールの再始動「縦回転」などが発生)弦之介BCで100人スタート

上記の枠の中がモードCの特徴になります。

そしてモードCになるとATの当選確率が上がると説明しましたがモードCがモードAと比べて、どれくらいATの当選確率が上がるのか下記の表をご覧下さい。

モードAのAT当選確率

設定 通常 高確 超高確
1 1.04% 6.25% 8.33%
2 2.50% 10.00% 12.50%
3 1.39% 8.33% 10.00%
4 3.13% 12.50% 15.00%
5 1.39% 8.33% 10.00%
6 4.17% 13.33% 16.67%

モードCのAT当選確率

設定 通常 高確 超高確
1 4.17% 33.33% 40.00%
2 10.00% 44.45% 57.14%
3 5.55% 33.33% 40.00%
4 12.50% 50.00% 60.00%
5 5.55% 33.33% 40.00%
6 16.67% 53.33% 66.67%

どうですか?モードAとモードCを比較した時に通常の状態でも結構な差が発生しているんですが、高確や超高確に注目して頂くと差は一目瞭然だと思います。これがモードCが熱いと言われてる理由です。

ですがバジリスク絆にはモードCの上位版にモードDとモードEが存在します。ですのでモードCでも熱いんですがDとEは更に熱いという事です。そしてモードについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

[clink url="https://xn--ock3dqb7a0b5982dvwxa.com/archives/702"]

設定6のテーブルの移行率

それでは、次に設定6のテーブルの移行率について見ていきたいと思います。

高設定になれば、なるほど色んな部分で優遇される事が多いのですがバジリスク絆ではテーブルの移行確率も優遇されてるのか調べていきたいと思います。

設定毎の移行確率はかなり細かい数値になっていても見ても実践中に判断する事はかなり難しいという事を思いましたので、ここでは高設定と低設定のテーブルの移行に関する事をまとめていきたいと思います。

バジリスク絆では、高設定程良いテーブルが選択されやすくなっています。逆に低設定の場合は、当たり前ですが、厳しいテーブルが選択される確率が高くなっています。

各テーブルの判別方法

ですので、テーブルの移行確率で高設定を見極める事は少し難しい可能性が高いので、朧BCでしっかりとモードの具合を確認しながら実践するのが1番良いような気がします。

知ってる人が殆どだと思いますが、朧BCでは、次回のモードを示唆していますので、この辺を確認しながらテーブルをある程度把握する事は出来ると思います。それでは、朧BCの詳細については記事の記事で詳しく解説していますので、朧BCについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

[clink url="https://xn--ock3dqb7a0b5982dvwxa.com/archives/702"]

テーブルnの詳細について

次にテーブルnの詳細について紹介していきたいと思います。何故テーブルnについて知りたい人が多いかと言いますと・・・その前にテーブルNの特徴について見ていきたいと思います。

テーブルNのモード移行は上記のようになっています。見て頂ければ分かると思いますが、テーブルNは0スルーから8スルー目まで全てモードがAになっています。モードAの特徴は詳しく説明しなくても分かると思いますが簡単に説明すると下記のような特徴になっています。

最も低いモードがAそしてBTの当選確率ATの当選確率が最も低い。BC間に大きくはまる事もよくある。

モードAの特徴は上記のようになっています。このデータだけを見ると絶対に打ちたくないゾーンになります。ですが何故多くの人がテーブルNを調べているかと言いますと、テーブルNにはもう1つの秘密が存在します。

その秘密と言いますのが、テーブルNでATに当選させる事が出来たら次回は必ずテーブルY・Zが確定します。これがかなり熱くてテーブルNが気になってる人が多いのが理由です。

テーブルY・Zについて

それでは、テーブルY・Zについて見て行きたいと思います。

テーブル Y Z
0スルー D E

このようになっています。モードDとEはAT当選確定ですので、かなり熱いです。そしてモードEになりますと50%以上の継続率が確定したATの当選になるので大量の出玉に期待する事が出来ます。

このような事もありテーブルNは注目されてるんです。

朝一のテーブルの抽選方法や確率

画像引用元:https://koseidaijidane2.com/archives/post-3361.html

それでは最後に朝一の設定変更後のテーブルの抽選確率について紹介していきたいと思います。最初に説明しましたが、バジリスク絆では設定変更後にテーブルが抽選されるのですが、この抽選方法は各設定によって変わってきます。

その設定毎の確率を解説していきたいと思います。

テーブル 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
A 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
B 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
C 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
D 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
E 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
F 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
G 6.5% 7.1% 6.3% 6.9% 6.1% 6.7%
H 3.0% 3.6% 3.0% 3.6% 3.0% 3.6%
I 3.0% 3.6% 3.0% 3.6% 3.0% 3.6%
J 3.0% 3.6% 3.0% 3.6% 3.0% 3.6%
K 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0%
L 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0%
M 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0% 2.0%
N 4.5% 3.5% 4.9% 3.9% 5.3% 4.3%
O 1.5% 1.0% 1.6% 1.1% 1.7% 1.2%
P 3.5% 3.0% 3.6% 3.1% 3.7% 3.2%
Q 7.5% 7.0% 7.6% 7.1% 7.7% 7.2%
R 2.5% 2.0% 2.6% 2.1% 2.7% 2.2%
S 4.5% 4.0% 4.6% 4.1% 4.7% 4.2%
T 1.0% 0.5% 1.1% 0.6% 1.2% 0.7%
U 2.0% 1.5% 2.1% 1.6% 2.2% 1.7%
V 1.5% 1.0% 1.6% 1.1% 1.7% 1.2%
W 1.5% 1.0% 1.6% 1.1% 1.7% 1.2%
X 1.5% 1.0% 1.6% 1.1% 1.7% 1.2%
Y 7.0% 7.0% 7.0% 7.0% 7.0% 7.0%
Z 1.0% 1.0% 1.0% 1.0% 1.0% 1.0%

朝一の設定毎のテーブルの振り分けは上記のような数値になっています。テーブルの数が多くて少し分かりずらいかもしれませんが、設定変更後は上位のテーブルが選択される確率が十分にあるので、バジリスク絆は朝一に狙って美味しい台と言えます。

そして、ここでも高設定の方が良いテーブルが選ばれる傾向にあります。ですがその差は少しになっていますので、一発目のテーブルだけでは設定判別を行う事は難しいと思います。

設定判別では色んな要素で

バジリスク絆では設定判別を行う際は本当に色んな要素で行う事が出来ます。

モードやテーブルの移行などでも判別する事は出来ますが難易度的には少し難しいと思います。ですがバジリスク絆には、BCがあり、弦之介BCを選択する事で6確定演出などもありますので、この辺を上手く活用しながら設定看破を行う事をオススメします。

まとめ

どうでしたか?今回はバジリスク絆のテーブルについて記事を更新していきました。テーブルは全部で26種類も存在し全てを把握する事はかなり難しいと思いますのでモードなどを見ながら立ち回る事が出来れば設定看破が出来ると思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事