今回は、バジリスク絆について記事を更新していきたいと思います。

最近ではバジリスク関係の記事を書く事が多いのですが、その理由としまして僕自身バジリスク絆が好きという事はあるんですが、今だホールでの稼働がトップクラスという事と演出や示唆が可なり多くあり、毎日のように新しい発見があるという事から最近またバジリスク絆の更新頻度が上がっています。

バジリスク絆の異色BCについて

画像引用元:https://pachist.jp/slot/61/?p=3

それでは、今回の記事の内容になるんですが主に異色BCについて記事を更新していきたいと思います。皆さんも知ってると思いますが、バジリスク絆には異色BCと同色BCが存在します。

この異色BCについて徹底的に調べ上げていきたいと思います。この異色BCには、そのような秘密が隠されているのか?そして同色BCとの違いなどについて見ていきたいと思います。

異色BCと同色BCの違いについて

まず多くの人が疑問に思ってる事としまして、異色BCと同色BCにはどのような違いがあるのか?という事です。以前の僕の簡単な認識なんですが同色BCは高設定示唆?赤同色なら偶数示唆で青同色なら奇数示唆?くらいの感覚でした。

では実際に本当の所詳しく解説していきます。

ATの当選確率が変わってくる

まず異色BCと同色BCの大きく変わってくるポイントは、ATの当選確率が変わってきます。

これは、どのような事を指してなのかと言いますと、純粋にATの当選確率が上がる事もあるんですが、BC中にレア役などを引いた時のATの抽選確率も上がってきます。

それでは、その数値の詳細を紹介していきたいと思います。

BC別の当選確率(通常リプレイ)
設定 異色BC 同色BC
1.2.3 0.78% 3.13%
4.5 1% 4%
6 1.25% 5%

BC別の純粋なATの当選確率は上記のような振り分けになっています。この数値を見て頂ければ分かると思いますが、正直な所、異色BCでも同色BCでもレア役を引かない限りは純粋な当選確率だけを見ると、結構低い数値になっています。ですが、やはり高設定は低設定に比べてATの当選確率が高くなってる事が分かります。

nori
設定6は良くBCからのATに当選しやすいと聞くけど、実際の数値を見れば、その割り振りが直に出てるのが分かるな。

そして同色BCは異色BCに比べてATの当選確率が高くなってる分、バジリスク絆の肝はいかに同色のBCを引くかにかかってる部分はあると思います。

各子役でのATの当選確率

それでは、次に各子役でのATの当選確率について紹介していきたいと思います。BC中に巻物を引く事でATの大チャンスになりますが、その数値はどれくらいになってるのか?

そして他の子役の当選確率なども詳しく見ていきたいと思います。

共通ベルでのATの当選確率

設定 異色BC 同色BC
1.2.3 1.56% 6.25%
4 3.13% 12.5%
5 2.08% 8.33%
6 4.17% 16.67%

弱チェリーでのATの当選確率

設定 異色BC 同色BC
1.2.3 0.78% 3.13%
4 1.56% 6.25%
5 1.04% 4.17%
6 2.08% 8.33%

強チェリーでのATの当選確率

設定 異色BC 同色BC
1~6 16.67% 66.67%

巻物でのATの当選確率

設定 異色BC 同色BC
1~6 25% 75%

チャンス目でのATの当選確率

設定 異色BC 同色BC
1.2.3 8.33% 33.33%
4.5 10% 40%
6 12.5% 50%

各子役でのATの当選期待度は上記のような数値になります。この数値を見てかなり予想外な数値がいくつかありました。まず最初に思った事は、同色の場合なんですが、強チェリーでもかなりATに期待出来るという点です。

同色BCの場合でも巻物を引く事が出来なければATの当選確率は、そこまで高くないと思っていましたが、実際の数値を見ると全設定共通で、約66%の確率でATに当選するという事が分かりました。

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kFa02dYh67w

そして巻物に関してなんですが、同色の場合は75%の確率でATに当選するようになっています。この時のちょっと意外だったのが強チェリーと巻物の当選確率の差があまりない!という事です。

僕の個人的な感覚では、もう少し当選率に差があるのかなと思っていたのでびっくりです。

そして他の子役に関しては、異色BCよりも同色BCの方が4倍程優遇されています。そして注目するポイントとしては、共通ベルでのATの当選確率です。

同色BCでの共有ベルでの当選確率に注目してみると何か思った事はありませんか?

nori
設定6だけが数値がかなり良くなってるな!

そうなんです。共通ベルでも設定6に関してはATの当選確率が16%もあるので、この辺でAT当選に大きな差がうまれると思います。

偶数・奇数の判断要素に使用出来る

次に異色BCと同色BCで奇数か偶数かの設定判別に使う事が出来るという点なんですが、奇数と偶数での割り振りの数値は下記のようになっています。

BCの出現確率
設定 通常時 AT中
1 1/139.4 1/104
2 1/138.7 1/108
3 1/137.9 1/104
4 1/130.6 1/106
5 1/130.1 1/98
6 1/118.6 1/100.5

BCの出現率は上記のような数値になっています。この時に注目するポイントなんですが、AT中のBCに関しては差はあるんですが、そこまで大きな確率にはなっていません。

ですので通常時のBCの出現確率に注目するようにしましょう。当たり前ですが高設定の方がBCの出現確率が高くなっています。

それでは次に同色と異色の割り振りについて見ていきたいと思います。

※通常時

設定 赤同色 青同色
1 1/1742.5 1/1742.5
2 1/1359.8 1/2039.7
3 1/1915.3 1/1276.9
4 1/1026.7 1/1540.1
5 1/1465.1 1/976.7
6 1/766.1 1/1149.2
設定 赤赤青 青青赤
1 1/331.9 1/331.9
2 1/278.5 1/417.8
3 1/420.4 1/280.3
4 1/276.2 1/414.3
5 1/418.1 1/278.7
6 1/266.4 1/399.6

上記の数値が通常時の異色と同色の割り振りになります。データからも分かるように赤同色は偶数設定に多く青同色の場合は、奇数設定に多い傾向にあります。

この事から、BCの同色で設定判別を行う事が出来るようになります。ですので赤同色が多く発生する場合は高設定、尚且つ設定4or6に期待する事が出来ます。

※AT中

設定 赤同色 青同色
1 1/981.6 1/981.6
2 1/807.2 1/1210.8
3 1/1130.4 1/753.6
4 1/736.1 1/1104.2
5 1/1000 1/666.7
6 1/654.3 1/981.4
設定 赤赤青 青青赤
1 1/263.9 1/263.9
2 1/231.7 1/347.5
3 1/337.7 1/225.1
4 1/232.5 1/348.7
5 1/324.5 1/216.3
6 1/225.1 1/337.7

上記の数値がAT中の同色・異色の割り振りになっています。

そして通常時の割り振りに関しては、設定差が分かりやすかったんですが、AT中になると多少の設定差はあるんですが、数値的に小さくなっていますので、AT中のBCで設定判別を行う事は、ちょっと難しいと思います。

ですので、同色や異色BCで設定判別を行う際は、通常時に行う事をオススメします。

バジリスク絆AT中の異色BCで真瞳術揃いはするのか?!

画像引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ruy-ctnDTtM

次に気になるポイントについてなんですが、AT中に異色BCを引いた際には、真瞳術揃いの抽選を行っているのか?という事についてなんですが、異色BCでは、無想一閃に突入する事はありません。

ですので無想一閃に突入させるためには、同色BCを引く事が重要になってきます。ですが、ここで注意して欲しい事があるのですが下記になります。

異色BCからの昇格抽選で同色に

ですが特例というか、かなり少ない確率になるんですが、異色BCに当選した場合でも前兆中に同色BCの昇格抽選というものを行っています。

ですが確率的には、かなり低くなっているので本当におまけ程度で考えて下さい。むしろ覚えておかないでもいいレベルです笑

ですが参考までに確率だけを載せておきたいと思います。

異色BC当選中の共通ベル

設定 無想一閃(赤同色)へ 無想一閃(青同色)へ
1 0.04% 0.04%
2 0.05% 0.03%
3 0.03% 0.05%
4 0.05% 0.03%
5 0.03% 0.05%
6 0.05% 0.03%

異色BC当選中の弱チェリー

無想一閃(赤同色)(青同色)全て0.01%の確率

異色BC当選中の強チェリーor巻物

設定 無想一閃(赤同色)へ 無想一閃(青同色)へ
1 0.31% 0.31%
2 0.38% 0.25%
3 0.25% 0.38%
4 0.38% 0.25%
5 0.25% 0.38%
6 0.38% 0.25%

異色BC当選中のチャンス目

設定 無想一閃(赤同色)へ 無想一閃(青同色)へ
1 0.16% 0.16%
2 0.19% 0.13%
3 0.13% 0.19%
4 0.19% 0.13%
5 0.13% 0.19%
6 0.19% 0.13%

昇格抽選の確率は上記のような数値になっています。本当に確率的には、かなり低くなってるので全然気にしなくて良いレベルです。

ですので瞳術揃いをさせるためには、必然的に同色BCを引くしかありません。

このような点から考えても高設定方が同色BCが来やすくなっているので、高設定の方が無想一閃に突入しやすくなっていると言えます。

まとめ

どうでしたか?今回はバジリスク絆の異色BCと同色BCについて記事を書いていきました。

バジリスク絆では、同色BCの方が熱いという事を知ってる人がほとんどだと思いますが、異色と同色の発生確率なども詳しく紹介させて頂きましたので、同色の熱さや設定判別に使えるという点を以前よりも詳しく知る事が出来たのではないでしょうか?

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

[clink url="https://xn--ock3dqb7a0b5982dvwxa.com/archives/2472"] [clink url="https://xn--ock3dqb7a0b5982dvwxa.com/archives/2456"] [clink url="https://ギャンブル攻略.com/archives/2423"]
番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事