こんちわ!カツです!

私はギャンブル狂ですが、ちゃんと収益は管理しています。

のり
ギャンブル狂のくせにオマエは生意気だな!
基本的にギャンブルと言えば競馬・オンラインカジノ・スロット少々って感じなんですが、収益を計算しているのはオンラインカジノだけです。

ハヤト
いや。オンラインカジノだけでなく他の競馬・スロットもちゃんとやれよ笑 ちなみに。お前ギャンブルやりすぎな!
私が月単位でプラス収益を達成できているのはオンラインカジノだけなわけなんですけども。
なぜ、オンラインカジノでは収益プラスが達成できているのか?という話ですが、前提にオンラインカジノは勝ちやすい(理論上)という部分と、しっかりと『やめどき・損切りタイミング』を設定しているという部分が大きな要因だと思っています。
おそらく、競馬やスロットでも同じように『やめどき・損切りタイミング』を管理できれば、プラスに持っていくことは可能だと思います。はい。

のり
いやいや。オマエは先に結果出してから言えよ!スロットは感覚的に何とかなりそうだけど、競馬はむずかしいんじゃないか?

カツ
だまらっしゃい!!一昨日は競馬でも年間プラス達成したわい!!60万円くらいやけど笑 なんか途中でおもしろくなくなって、収益の管理しなくなったらいっきにお金なくなってもたワロタ。
そこで、今回はオンラインカジノで結果を出すために私が意識している『やめどき・損切りタイミング』のコツを書いてみました。
これはオンラインカジノだけでなく、どのギャンブルにも共通して使えるテクニックなのでスロパチユーザーさん・競馬ユーザーさんも読んでいただければなと思っています!
これを読むだけで、ギャンブルの収益をアップさせることができますので、ぜひ最後までお読みださい♪

ギャンブルでのやめどき・損切りラインの重要性

 

ギャンブルでのやめどき・損切りラインを設定する重要性ですが、この設定で『トータルで勝つか』『トータルで負けるか』がかわると言っても過言ではないです!

逆に設定しないなんてのは話になりません。。

ハヤト
おいおい。ちょっときつんじゃないか?単純にギャンブルを楽しもうとしている人もいるじゃないか!!

カツ
そうやね。ここからはギャンブルで勝ちたい!と思っている人だけが読んでほしいかな。かなりシビアになるので。
もちろん設定したところで、負ける時は負けます。
ちなみに、やめどきってのは『勝っているときにやめるタイミング』のこと。損切りラインってのは『負けているときにこれ以上お金を使わないというライン』を言っています。
やめどきを間違ってしまうと、せっかく浮いていたお金がすっからかんに。
損切りラインを設定していないと、時間とお金があればいつまでも突っ込んでしまうことに。。
皆さんもこんな経験があると思います。
『あの時やめていれば今日は勝っていたのに。。』
『あの時やめていればこんなにお金を使うことはなかったのに。。』
ギャンブルをやっているとこういった局面は必ず訪れます。
大事なのは、こういう局面でちゃんとやめどき・損切りラインを設定して取り組めるかどうかです。
これができないと、一生かかってもギャンブで勝つことは不可能です。

カツ
次の項からは実際にオンラインカジノで稼いでいる私のやめどき・損切りラインの設定を例に出して説明していきます。

カツ流 ギャンブルで勝っているときのやめどきのコツ

月単位でギャンブルで成果を上げたいならば、勝っているときのやめどきを設定しましょう!

やめどきの設定方法ですが、今回はオンラインカジノで実際に私が行っている方法を紹介します。

 

まずは自分の目標額をきめましょう。

1日にどれだけ勝てばよい。気持ちに納得ができる。という額です。

 

私の場合、オンラインカジノでは主にルーレットで稼いでいて、1日の目標額3万円程度でやめどきを設定しています。

んでここからがかなり重要です。その目標額3万円に達する経緯です。

 

①じわじわ、やめどき設定額の3万円を達成
②いっきに目標額3万円をとおり越して達成

 

大体はこの2種類かなと思います。

①の場合のやめどきですが、このパターンの場合はすぐに3万円達成できたところがやめどきです。

 

次に、②のパターンですが、仮に目標額を大きく通り越して5万円を達成したとしましょう。

5万円という事は、目標額に対し2万円もプラスで余剰資金を獲得しています。その2万円を軍資金に勝負を続行させましょう。

②のパターンの場合、3万円は利確で残しておいて、余剰資金でさらに勝負を繰り返すようにしましょう。

余剰資金を使い果たしたときがヤメ時になります。

 

なぜ余剰資金で勝負続行するのか?

のり
もう2万円も浮いてんだからスパッとやめるべきではないのか??
のりくんの言う通り、それも一理ありますね。
しかし、私のながーいギャンブル経験上でお話をするとそれはナンセンス!!
ギャンブルで月トータルプラスにもっていくには、月に数回『大きな勝ち』が必要になります。実際に、私が月100万円プラスを達成するときって1か月の間に『大きな勝ち』が数回あります。
その大きな勝ちを、せっかくできた余剰資金で狙いにいくという感じです。
実際に私は2万円の余剰資金ができればルーレットから退席後、ビデオスロットをうちます。ビデオスロットの魅力は『爆発力』です。
100円/1回転で回していても500,600倍配当なんかもたまにでてくれますから、大勝ちするにはもってこいですね。逆に、荒いので余剰資金を溶かす可能性もありますが、利確した3万円がありますので勝ちは勝ちです。
仮に利確分3万円+余剰資金で遊んで爆発!5万円獲得=8万円の収益になりますから十分大勝ちといっていいでしょう。
こんな感じで、『更に収益を伸ばすために』余剰資金を使った方が、絶対に月トータルプラスにはもっていきやすいのです。

スロパチの場合は?

ハヤト
スロパチの場合、どうすればよいかも教えてくれよ!
そうですね。スロパチの場合も本質は同じです。
自分で『今日はなんぼ勝ちたい!』と明確に決めておいて、ARTや確変が長くつづき目標額より余剰資金ができたとします。
先ほどと同じく、3万円目標の5万円獲得。余剰資金2万円という設定で。
先ほどと同じく、3万円は利確で置いておきましょう!
スロパチの場合、時間に限りがありますので(閉店時間)おそければ帰った方がよいでしょう笑
まだ時間がある場合は。。。
私なら余剰資金2万円でパチンコかスロの爆裂機(GODやバジ)を打ちますかね。2万円あっさりなくなるのを覚悟のうえで爆裂機で大勝ちを狙います。
奇跡的にGOD引いたら2万円以上は確定しますし、爆発したら余剰資金の2万円が10万円に化ける可能性もありますからね笑
こんな感じで、スロパチも一緒です。
『浮いた資金で大勝ちを狙いにいく』
というのを忘れないでください!

損切りについて

損切りってのは『これ以上勝負を続けても、資金をムダにするだけ』と判断して、勝負をきりあげることを指しています。

この損切りができない人は、いつまでたってもギャンブルで稼ぐことはできません。株もしかり、FXもしかりです。

損切りタイミングが分からなければ、時間とお金を持って人はすぐには破産してしまう事でしょうね。

損切りのタイミングを設定する

これもやめどきと同じで、勝負をする前にきっちりと損切りラインを設定しておきましょうね!

カツ
『3万円負けたら撤退しよう』の『3万円』ってのが損切りラインになりますね!

 

例えば、損切りラインを5万円で設定していたとするならば、財布やオンカジアカウントに10万円以上あったとしてもその日はやめておきましょう。

ギャンブルというのは運やその時の流れ.その日の流れに左右されることが大きいです。

ハヤト
ふむふむ。その言葉はよく分かる!あかんときは全然あかんから損切りせんとそのままずるずる資金をなあくしてしまうでーってはなしやな!!

 

何をやってもダメな時はダメなものです!それであれば『次の勝負まで資金を残しておこう』と、気持ちに余裕を持たせることがギャンブルで勝ち越す第1歩ですね!!

これを強制的にできるようにしているのが、損切りラインの設定。というわけなのです!!

まとめ

いかがでしたか??

皆さんやっているギャンブルは違うと思います。競馬・競艇・パチンコ・スロット・オンラインカジノ。。。

しかし、ギャンブルの種類は違えど、本質は同じです。(何回目笑)

今回紹介したように『やめどき・損切りタイミング』をどのギャンブルでも設定するかしないかで大きく変わってきます。もちろん、設定している方が結果は良いです。

設定しているが勝てない!という人は今やっているギャンブルとの相性が良くないのでは?ギャンブルとの相性についてを下の記事で詳しく書いてますのでよければぜひ♪

 

まとめると。。

  • じわじわやめどき目標額に達した時はすぐに勝ち逃げする
  • 余剰資金ができた場合は、利確分を残してさらに収益を伸ばす挑戦をする
  • 損切りラインを設けないと無駄な資金を使いかねない

まずは行動!!

やめどき・損切りラインを設定するところから見直してみてはいかがでしょうか?

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事