こんちわ!カツです!

いよいよ日本にもカジノが誕生するときが迫ってきましたね♪

そこで今回は『カジノができたらいきたいけど、マナーとか知らないし不安...』っていう感じの方も多いと思いますので、カジノに入る際の基本的なマナーを解説してみたいと思います。

皆さんが思っているよりもハードルは高くありませんからご安心を。

カツ
臨場感がたまんないぜ!カジノは最高の空間って感じ♪

カジノには何を着ていったらいいの?

カジノには何を着ていくかって話ですが(ドレスコード)、一般的にはシャツとジャケットというフォーマルな感じでいくのがベストです!

 

 

世界のカジノでも、国によりそのドレスコードは様々です。ヨーロッパのカジノではシャツ・ジャケットというフォーマルな装いが一般的。一方で、オーストラリアや南太平洋では襟付きのシャツ(ポロシャツでもオケー)にチノパン(スラックス)などのカジュアル志向が強いです。さらにカジュアルなのがアメリカやアジア圏(韓国など)のカジノで、Tシャツや半パンでもOKだそうです。

 

 

 

しかし、いくらカジュアルが許されるといっても、タンクトップやホットパンツ(B'zかw)、ビーチサンダルなどのカジュアルすぎる装いはおすすめできません!ディーラーやお客、黒服にも白い目で見られる可能性もありますので、そこはある程度の服装を心掛けるようにしましょう。

 

 

カジノはもともとヨーロッパの上流階級のお遊びです。周りの人が居心地が悪くならないような服装を心掛けていればなにも問題はないでしょう。

 

カツ
せっかくカジノに行くんだったらかっこよく決めたいよな!イメージ的にはヨーロッパのギャング的な感じかな♪拳銃とか懐にぶっさして...みたいな。

のり
オマエそれ銃刀法違反なw

 

大きな荷物を持ち込むのはNG!!

カジノに入るときは大きな荷物を持ち込むのはNGです!大きな荷物とは『キャリーバック』や『大きな紙袋』なんかもその類に入ります。

 

 

なぜ、大きな荷物はNGなのか?と言いますと、カジノというものは不正に対するセキュリティー面が非常に厳しい場所です。大きな荷物を持っているだけで目立ってしまい、大きな荷物を持っているだけで『要注意人物』というレッテルを貼られかねません。自らアピールしているようなものです。

 

 

大きな荷物に限らず、目立った行動や不正を疑われかねないような荷物は絶対に持ち込まないように注意してくださいね!!

 

カツ
間違っても『IKEA』の青い袋なんか持ち込むなよ!!
大きな荷物はクロークに!!
クロークとは、カジノの入り口にある荷物を預かってくれる場所です。渡されるタグにサインをして、代わりにタグの半券を受け取る。そして、荷物を引き出す時に半券をクロークスタッフに渡して荷物を引き取る。という流れになります。

カジノ場内でのマナーについて

カジノ入場のマナーを覚えたあとは、実際にカジノに入った時、いわゆるカジノ場内でのマナーもしっかりと覚えておきましょう!!

決められた撮影スポット以外での撮影は完全NG!!

始めてカジノに来た時や、勝ってテンションが上がってしまった時には注意が必要です。カジノゲーム場での撮影はスマホ・カメラ問わず基本的には禁止されています。(記念撮影的な感じで気持ちは分かりますがやっちゃだめです)

 

 

 

これはカジノ側の配慮として、カジノゲームでプレーしている人たちの(お客さん)プライバシーをも守るためというのが一番の理由だそうです。

 

 

特に『ハイローラー』と呼ばれる1回のベットに多額のお金を突っ込む人たちは、有名な資産家だったり、会社の役員だったりします。そういう人たちは、顔や賭けている額を見られたり、顔が映り込んだりすることを嫌います。当たり前かもしれませんが、カジノ側としても『ハイローラー』の方たちに嫌な思いをしてほしくない。という思考がありますからね。

 

 

そのため、カジノ場内での写真撮影に関してはNGという事になります。

 

カツ
カジノ側も、『太客』を手放したくない。ってことだな。売り上げはハイローラーからがほとんどだそうだしね。
ただし、カジノ場内には『撮影OKスポット』がいくつかあります。記念撮影などするときには、そういった『撮影OKスポット』で写真を撮るようにしましょうね!

現金やチップの手渡しはNG!!

カジノでは直接現金で賭けて遊ぶことはできません。この辺は皆さんもご存じだと思いますが、カジノゲームをする場合は『現金→チップへ交換』が必要になります。

 

 

カジノ場内では『キャッシャー』と呼ばれる両替所があり、そこで現金からチップへ交換することができます。また、各ゲームテーブルには必ずディーラーがいます。そのディーラーに現金からチップへの両替を依頼することもできます。

 

 

注意が必要なのは、ディーラーにチップ交換を依頼するときです。必ず『ベッティングエリア以外に現金を置く』という事を忘れないで下さい。ベッティングエリアに現金を置いてしまうと、現金をそのまま賭ける!という意味になってしまいますのでご注意ください。

 

カツ
10万円分チップを交換したいのに、ベッティングエリアに置いてしまうと『いっきに10万円を賭ける』という意味になりますんで『ま、まちがった!!』では済まないことに笑
そして、カジノ側がもっとも恐れていることは『ディーラーと客の共謀』です。要はイカサマをもっとも恐れています。
そのため、全テーブルにはカメラが取り付けられており、ディーラーは身の潔白を証明するために毎ゲームごとに手を広げたり、手をたたいたりします。『袖になにもないよ~』とか『何も持ってないよ~』という意味合いですね!
カジノでは様々なタブーがありますが、初心者がついやってしまいがちばタブーとして現金やチップの手渡しです。先ほども言いましたが、天井にもカメラが取り付けられております。手渡しのなにがいけないかというと、チップや現金を手渡しした際に、その下でチップのやりとりができてしまう(イカサマ)ので、手渡しというのは固く禁じられているのです。
両替の時や、配当を受け取るときは必ず一度テーブルに置くこと!!
これを頭に入れておきましょう!!

紳士的な態度で!!

当たり前の話ですが、『大きな声で叫ぶ』『賭けるか賭けないかの判断に時間がかかりすぎる』『マナーを守らない』というような行動は、ゲームを楽しみに来てる他のプレイヤーから相当嫌がられます。

 

カツ
ホリケンみたいなやつがカジノ場におったらぶっとばすわw

 

あくまでもカジノ場は『大人の遊び場』という意識をもって、冷静にカジノゲームを楽しみましょう!!

 

他のお客さんとも楽しめる格別な場所に!

 

 

まとめ

もうすぐ日本にカジノが誕生します。その時に、最初からマナーを知っている人間であれあ一目置かれる存在となること間違いなしです。

 

カジノに関するマナーをまとめますと、

 

  • カジノ場に入るときはある程度気品のある服装で!(タンクトップやビーサンはだめ!)
  • 大きな荷物を持ち込まないこと!
  • 撮影は基本NG。記念撮影は決められたスポットで!
  • ディーラーとの現金・チップ交換は手渡ししない!
  • 紳士的な態度でプレーしよう

 

この辺を知っているだけでも、周りの初心者の方たちとは違ってきます。ぜひカジノに行く際には頭に入れ、カジノを全力で楽しんでくださいね♪

番長が言ってんだからゆーこと聞いて!

ギャンブルで稼ぎたい人必見!!
ギャンブルで勝ちたいなら読むべし!
スロパチや競馬好きならまずは読むことをおススメするコンテンツです

おすすめの記事