有馬記念2018は本気で当てたい!いや、あてなきゃまじ卍。。という事で、有馬記念2018の出走予定馬や予想オッズ・騎手等を考察し、本気で当てにいきたいと思います。

有馬記念以前にこれまでの成績は散々。今年はマイナス100万円前後といったところ。。でしょうか?

のり
いや、しらねぇわw
なんとか、今年の負け分を「1発」で回収するために、有馬記念2018では1点10万円の大勝負でけりをつけたいと思っています。。が、が、が!思っていましたが、先日パチスロGOD凱旋で10万いかれたので1万円に減らします。

ハヤト
俺はやめとけっていったのにな。

有馬記念2018 出走予定馬・予想オッズ・騎手

引用元:net.keiba

産経オールカマー・天皇賞秋を連勝でのぞんでくるレイデオロが1番人気に支持されそうですね。

続く2番人気は、ジャパンカップ2018で好走したキセキが支持されてています。キセキは尻上がりに調子が良くなってきてるので注目が集まりそう。

なんといっても一番の注目株は、障害絶対王者のオジョウチュウサン。現在4番人気ですが、当日はもう少し人気が落ちる予想しています

 

有馬記念2018 カツ渾身の買い目発表!

データ・サインから3連単勝負です。もうレイデオロ頼み(´Д`)

サイン馬券の考察は下の記事をご覧ください。

 

 

1着:12レイデオロ
2.3着:2クリンチャー、3モズカッチャン、9リッジマン、10ミッキスワロー、11ミッキーロケット

これでいきます。当たるでしょう。

 

有馬記念のコース解説

 

スタート地点は外回りコースの3コーナー手前。4コーナーを目掛けて緩い下り坂を約192m(Aコース時)走る。
正面スタンド前で最初の急坂。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。
最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。
なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。コーナーが多いので道中で息を入れやすいコース形態だが、実際には激しい消耗戦になりやすく、スタミナが問われる。
ハイレベルなレースになるほど、ラストスパートの地点が前になる。
以前に比べるとだいぶ時計が出るようになったが、実際には上がりがかかりやすいレースと認識しておいた方がいい。3歳以上の重賞以外の平均勝ち時計が全クラスほぼ同じになっているが、あまり気にしなくていい。
同じクラスのレースでも、ペースや馬場の違いにより平気で1秒以上タイムが異なったりすることがある。長丁場のレースなので、テンからガリガリやり合うシーンは少ないが、できるだけ好位を取れる馬を狙いたい。
有馬記念を見ても分かるように、先行できる馬の方が圧倒的に有利。大きな穴があく場合は、たいてい人気薄の馬の前残り。
差し・追い込み馬は、かなりの力がないと勝つのは難しい。
逃げ、先行馬ならばできるだけ内枠が欲しい。

有馬記念2018 出走上位人気馬データ分析

※有馬記念過去16年間のデータを参考にしています。

レイデオロ 牡4

前走天皇賞秋の勝ち馬。また、前々走は有馬記念と同じ舞台である中山2500mオールカマーでもアルアインにクビ差まで詰め寄られたが勝ち馬となっている。

コース適正も十分にあると言える。。

また、有馬記念の過去データからもレイデオロは信頼度の高い馬だと言える。ファン投票でも1位になり、レース当日の人気も1番人気に支持されるのは間違いなさそう。有馬記念の1番人気成績は勝率40.6%。連対率62.5%。複勝率71.9%と非常に高い。過去16年間のデータになるが、1番人気の平均着順は3.2着。単勝オッズ別の成績は下表を参照。

レイデオロの単勝オッズは2倍台を予想。単勝オッズ2倍台のレース成績も優秀で、7割以上馬券にからんでいる。

レース当日、レイデオロに騎乗するルメール騎手の戦績だが、【2-3-0-6/11】で勝率18.2%。複勝率45.5%とこれまた高い。暮れにかけて『G1レース4連勝』などルメール騎手の勢いにも注目しておきたいポイントだ。

レイデオロを管理する藤沢調教師にも注目してもらいたい。有馬記念における藤沢調教師の成績は【3-1-2-10/16】で勝率18.8%。連対率25.0%。複勝率37.5%と優秀。

 

逆らう要素がなさそうな感じだが。。

このデータを見て確信したのが『レイデオロは軸に一番適している』ということ。1番人気のため、配当妙味としての面白さはかけるものの、10万円賭けるのだから的中させるのが前提。私はレイデオロを馬券の軸として購入します。

 

キセキ 牡4

牝馬怪物アーモンドアイがいなければジャパンカップは勝っていた前走内容。先行策に変えてから重賞でも安定した走りをしている。

直前予想では2番人気に支持されています。これまで先行策で良い結果を残してきたキセキには内枠が欲しいところ。枠順抽選会が楽しみだ。

ライバルのレイデオロとは同じ馬齢の4歳。その4歳の有馬記念レース成績だが【10-13-9-103/135】勝率7.4%。連対率17.0%。複勝率23.7%と3歳に次ぐ好成績。昨年の菊花賞を勝ったように、長い距離も問題はない。しかし、気になるのが有馬記念と同じコースで行われた日経賞の結果。出遅れもひびいたが、それでも道中先行でレースをすすめたが、最後の直線で伸びを欠いての9着。コース適正としては問題がありそうな結果となった。

血統的にも不安材料が多く、キンカメ産駒の有馬記念成績が奮っていない。勝率は0%で連対率は5.6%。複勝率は22.2%と他産駒よりも低い数字。

あと気になるのが、秋に激走し続けていること。当日の馬体重にも注目し、極端に減っているのならば軽視したい1頭だ。

 

ブラストワンピース 牡3

有馬記念に一番強い3歳世代。菊花賞2018では1番人気に支持されるも4着と敗れた。G1での勝利はまだないが、新潟記念・毎日杯では勝利。脚質は差し脚質で、有馬記念では少し苦しい脚質ではあるがペースや仕掛けどころ次第では十分にチャンスはあるかと。毎日杯のような競馬ができるとおもしろいかもしれない(番手でレースをはこんだら)

一部競馬ファンの中では『レイデオロを倒すのはこの馬かもしれない。。』との声も。レイデオロの後ろぴったりマークで競馬を運んだら。。だそうだ笑

データに目を向けていこう。

なんといってもブラストワンピースが魅力的に感じるのは『3歳世代の菊花賞ローテ組』ということ。有馬記念に出走する馬の王道ローテはジャパンカップとなっているが、それ以上に成績が良いのが菊花賞組。勝率は17.5%。連対率32.5%。複勝率40.0%とローテの中でもかなり優秀な成績。直近ではサトノダイヤモンド・オルフェーブルが有馬を制したローテ。

個人的にはまだG1での好成績がないのが不安材料である。ここは軽視でいきたいところですね。

 

モズカッチャン 牝4

有馬記念2018は紅一点の存在。国内G1 では安定した走りを見せるモズカッチャン。同世代で戦ってきた相手リスグラシューやディアドラの活躍をみると、この馬にも十分チャンスがあると思う。

しかし、気になるのが中山競馬場と同じように坂のあるコース『阪神競馬場』での成績がいまいちである。ということ。急坂のあるコースは苦手なのかもしれない。

騎乗はG1無双中の外人騎手のエース。デムーロ騎手。昨年は人気薄クイーンズリングを2着に食い込ませた。そのデムーロ騎手の成績はというと【1-1-1-7/10】という数字。鞍上する馬にもよるが、昨年の結果からして不得意ではなあいと考えておこう。

ローテは作年2着のクイーンズリングと同ローテ。斤量も優遇されることを考えるならばレイデオロとともに狙いたい1頭である。あとは枠順で決めたい。

 

ミッキーロケット 牡5

今年の宝塚記念でGⅠ初勝利となったミッキーロケット。メンバーレベルは低く、同馬の実力からしても勝って当然のレースだったのかもしれないが。。しかし、宝塚の時計・ラップはかなり優秀で、前が崩れた中でミッキーだけが残ったレースでした。着差以上の勝利だったと思います。

私自身も、有馬記念ファン投票を唯一ミッキーロケットに投票しています(それは関係ないが)

これまでコンビを組んできた和田騎手から世界No.2騎手マーフィーに乗り替わることが非常に残念。鞍上強化の声の方が高いが、私個人的にはマイナスだと考えている。それは中山のトリッキーなコースという事が起因していて、乗りなれている日本のジョッキーの方が有利だと考えているから。(ルメール・デムーロは例外)

問題は枠順。内枠が取れたのならば積極的にレイデオロの対抗として狙いたいですね。

 

レイデオロは軸に最適?

もうレイデオロと心中します笑

データはあれこれ調べましたが、その中でも人気別・単勝オッズ別データを見てみましょう。

人気別・単勝オッズ別成績データ

まずは人気別成績からみていこう。

人気別成績はこのとおり1番人気の1人勝ち。ずば抜けて1番人気の信頼度が高い。有馬記念2018ではレイデオロが1番人気に支持されている。ここは軸本命で問題はないでしょう。

毎年、1番人気に支持される馬とファン投票結果はリンクされており、逆を言えばファン投票1位に支持される強い馬は有馬でも必ず活躍するという事が言える。直近10年間で3着以内を外したファン投票1位馬は2015年ゴールドシップ(8着)と2011年ブエナビスタの2頭のみの結果だ。

そして次に成績が良いのは2番人気...ではなく、意外にも4番人気の成績が良い。

3着内率は実に40%以上をほこり、勝率も25%と4年に一度は勝っている。

カツ
4番人気はオリンピック!!
そのせいもあって、単・複回収率がずば抜けて高い!!
4人気に支持されて有馬記念を制した馬は直近ではジェンティルドンナが皆さんの記憶の中にあるのではないでしょうか?
現段階で4番人気に支持されているのは障害王者オジョウチョウサン。
うん。ないと思う(1000万クラスを勝ったところで平地オープンで通用するとは到底思えないから)
あとは枠順発表が重要。枠順次第ではモズカッチャンが4番人気に支持される可能性があると思うのでそうなれば積極的に狙いたい。
あと言えるとすれば5番人気・7番人気の頭はないということ。間違っても馬単の頭固定で買わないように気をつけておこう(俺はね)
次に単勝オッズ別成績について。
これは1番人気の信頼度をさらに分析するためのもの。
ほう。1.0~1.4倍でも勝てないことがあるのね笑
今回有馬記念で軸にしたいレイデオロはというと。。単勝オッズ2倍以上はつくと想定。そうなれば2.0~2.9倍ゾーンに収まるので勝率は53.3%。連対率66.7%。複勝率73.3%。もう鉄板としか言いようがない。(どれだけひいきするねん)
あとは、これからのデータを分析してより信頼度が高まることに期待するしかないな。

まとめ

一撃100万円!!返してくれー(´Д`)

レイデオロたのむで。

おすすめの記事