今回は、ジャグラーと熱いとされてる日について僕なりの考えを書いていきたいと思います。現在ジャグラーの実践日記という形で日々のジャグラーでの戦いを記事を記事にしてるんですがその中でジャグラーについて色々と考える事があったので僕なりの考えをシェアしたいと思います。

この考えについては色んな人の意見があると思いますがコメント欄などで意見を頂ければ幸いです。

ジャグラーの立ち回り方法について

まずはジャグラーの立ち回り方法についてですが、色んな方法でジャグラーを実践してると思いますが大きく分けて2種類の立ち回り方法が存在すると思います。

  • 朝一から高設定を探す
  • 夕方or夜から高設定を打つ

上記のような立ち回り方法が存在すると思います。それぞれのメリット・デメリットがあるのでその辺を考えながら色んな立ち回り方法を実践すると良いと思いますが上記2つのメリットとデメリットについても説明させて頂きます。

朝一から高設定を探す

メリット

メリットは高設定台を掴んだ場合は長い時間高設定台を打ち続ける事が出来るので比較的大勝出来る可能性が高くなります。

ですがジャグラーは他の機種に比べて機械割はそこまで高くないので万枚などはかなり難しいと思いますが2000~4000枚くらいなら十分に狙えると思います。

デメリット

やはり朝一からジャグラーを打つ事になるのである程度の軍資金が必要になると思います。ジャグラーはAT機などに比べたら資金の減りは緩やかですが、それでもREGなどが続いたり少しはまってしまうと意外に早く資金はなくなってしまいます。

夕方or夜から高設定を打つ

メリット

既にある程度回されてる状態でデータカウンターを確認する事が出来るので高設定っぽい台を打つ事が出来て尚且つ低設定台を避ける事が出来る可能性が高くなる。そして朝一から打つ場合に比べて投資は低く抑えれる可能性が高い。

デメリット

高設定っぽい台が埋まってる可能性があり、そのような場合は勝負する台をを見つける事が出来ない。稼働自体が出来ない可能性がある。朝一から打つ場合と比較して大勝の可能性が低くなる。

双方の特徴を生かして立ち回る

上記のように朝一から打つ場合と夕方から打つ場合のメリット・デメリットについて僕の考えを紹介させて頂きました。このようにジャグラーはシンプルな機種になっていますが立ち回り方法や打つ時間が変わるだけで戦略を変える必要があります。

僕も最近ジャグラーばかり実践していますが打てば打つほど奥が深い機種だと思います。

ですがそれは皆が思ってる事ですので自分の中で勝てるルールを作って徹底する事が出来れば収支の方も安定してプラスにもっていく事が出来るのではないかと思います。

朝一から打つ場合は熱い日に限る

ジャグラーについてなんですが朝一から稼働する場合は熱い日に絞って勝負をした方が良いと思います。特に5のつく日などはどこのホールでもジャグラーに力を入れてる場合が多いのでこのような特定日に朝一からジャグラーで勝負をするようにした方が良いと思います。

通常の営業日からでもジャグラーに高設定を使ってるホールはありますが、やはり熱い日の方が高設定の入る割合も高くなると思いますのでこのような勝ちやすい日に勝負をかけるのが無難な作戦だと思います。

ホールを使い分ける事も作成の1つ

僕の場合なんですが5のつく日などは3つ位のホールで実践するようにしてます。何度も言いますがこれは完全に僕の場合ですので参考程度に聞いて頂ければ幸いです。僕の行ってる地域では比較的ホールが密集してるんですがその中でも良く行くホールは3つほどあります。

  • 大型ホール
  • 中規模ホール
  • 小規模ホール

上記のホールをうまく使い分ける事で大負けのする率を下げています。

攻めるホールの順番

僕の場合は最初に大型ホールで高設定を狙って勝負に行きます。大型ホールの方が中規模・小規模と比較した時に高設定台が入る台数が多いので朝一はまずは大きなホールで設定6を狙って立ち回ります。

この時に高設定を掴めば問題はないんですが高設定を掴む事が出来なかった場合は。中規模・小規模ホールに足を運びます。

大規模なホールはジャグラーをしっかりと狙って来てる人も多いですが中規模・小規模ホールの場合は、年配の方や時間つぶしのサラリーマンの方などが多く高設定っぽい台でもすぐに捨てられたりします。

ですので1つ目のホールで失敗しても残りの2つのホールで高設定っぽい台を掴む事はそこまで難しい事ではありません。

行ってすぐに見つかる事もありますが台があくまで待ったりする場合もありますが大規模ホールに比べて台移動するペースが早く感じるので僕の場合はこのような狙い方をしています。

ホール移動の時に落ち着いて考える事が出来る

同じホールでずっと打っているとどんどん熱くなってきて自分が思った以上に投資し続けた事はありませんか?僕は結構そのような事があるんですがホールを変える時に移動で一旦外に出て少し落ち着いて考える事が出来るので勝負する上でも非常に有効だと思います。

やはりギャンブルで熱くなってしまうと正常な判断が出来なくなってしまい負けてしまう事もありますが冷静に判断する事が出来れば、深追いなどせずにしっかりと損切りをする事が出来ると思います。

かなり精神論のように語っていますが凄く効果があるので投資がかさんでしまう人は是非1度実践してみてはいかがでしょうか?

熱い日は朝一から行った方が良いのか?!

それではあジャグラー熱い日の勝負方法なんですが朝一から行った方が良いのか?という問題があります。僕は5のつく日と7のつく日に朝一からジャグラーで実際に勝負にいきました。その時の様子を確認したい方は下記の記事をご覧下さい。

このように実際にホールに足を運んで色んな事を考えた上で熱い日のジャグラーの勝ち方について考えてみました。

昼頃からホールに行く

昼頃からホールに行く
ある程度の設定を確認する事が出来る
昼頃からホールに行く事である程度の設定を確認する事が出来て尚且つ稼働時間もある程度確保する事が出来るので非常にバランスが良い。
そして投資の方もある程度抑える事が出来るので朝一から打つような資金がない時にもオススメ。
朝一から高設定を狙って立ち回る
ホールの特徴を知っておくことが重要
朝一からジャグラーの高設定を狙って勝負する場合は設定などを自分で回して確認する必要がある。なので必然的に投資金額は大きくなる。
だが朝一に高設定台を掴む事が出来たらある程度の出玉を確保する事が出来る。
そして朝一から勝負する場合は狙える台がかなり多くなるのでホールの設定を入れる癖をある程度知っておく事が重要になってくる。
夜からの稼働
ほとんどの台の設定を知る事が出来る
夜から稼働する事でほとんどのジャグラーの設定をある程度知る事が出来る。
夜になるとほとんどの台の回転数もかなり回ってると思うのでデータカウンターをうまく活用する事で勝率を上げる事が出来る。ですが夜からの稼働は当たり前ですが稼働時間が短くなるので大勝出来る可能性は低い。
そして夜からの稼働の場合は通常営業日でも普通に行う事が出来る。熱い日の立ち回り方法という観点で3位にさせて頂きました。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの熱い日の立ち回り方法について僕の考えを紹介させて頂きました。ジャグラーの立ち回り方法などは色んな意見があると思いますので是非コメント欄などで教えて頂ければ幸いです。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。当サイトではジャグラーに関しても色んな記事をアップしていますので宜しければ是非ご覧下さい。

おすすめの記事