今回はジャグラーの当たりやすい回転数について紹介していきたいと思います。

ジャグラーにはゾーンという概念はなく常に一定の確率でボーナスの抽選が行われてると言われています。ですがオカルト的な考えになるんですがジャグラーの当たりやすい回転数やゾーンと言った事について触れていきたいと思います。

このような話が苦手な方は違う記事をご覧下さい。

ジャグラーに当たりやすい回転数は存在するのか!?

あなたはジャグラーを打つ時はどのような事を意識して台を選びますか?

  • 回転数
  • 台の合成確率
  • 台の設置場所

上記のような事を見ながら打つ台を決める事が多いのではないでしょうか?

ジャグラーの回転数について

まずは回転数を見て判断する人も多いのではないでしょうか?ジャグラーはBIGとREGが搭載されてるAタイプ機種になります。そしてボーナスの抽選方法は常に一定の確率で抽選が行われてるという事を知ってる人が殆どだと思います。

それでもジャグラーに当たりやすい回転数(ゾーン)が存在するのではないかと思ってしまうような当たり方をします。

このように当たりやすい回転数(自分の中で)を探して台を選択してる人も多いと思います。

このゾーンについては後で詳しく紹介していきたいと思います。

合成確率について

合成確率をチェックして打つ台を決める人もかなり多いのではないでしょうか?

合成確率と言うのはBIGとREGの発生確率で設定判別で一番分かりやすき数値になっています。まだ回転数がそこまでない場合はあまり参考になりませんが昼頃からホールに行った場合は既に回転数もそれなりになるので自分で回さなくてもある程度の設定判別を行う事が出来ます。

合成確率で設定判別の目安になるのは3000回転を超えたらBIGとREGの数値を見て判断しても良いと思います。ジャグラーの設定判別に必要な回転数について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

台の設置場所について

最後に台の設置場所で判断する方法もあります。初めて行くホールや強いイベントや熱い日などにどのような台に座るか判断する時にカド台やカドから2番目の台に高設定を入れるホールなどがあります。

ですのでこのような台に狙いを絞って座るというのも1つの作戦です。

ですがこの台を選ぶ方法は熱い日だけに有効ですので通常の日ではあまり効果があるとは言い切れません。

ジャグラーにゾーンは存在するのか?!

ここからはオカルトっぽい話しになるんですがジャグラーにはゾーンと呼ばれる当たりやすいゾーンは存在するのか?という事について僕なりの意見を話していきたいと思います。ジャグラーにはジャグ連と呼ばれる100G以内にBIGもしくはREGが連続で来る事があります。

これがジャグラーの醍醐味であり、ジャグ連を体験したくてジャグラーを打ってる人も多いのではないでしょうか?

100G以内が当たりやすい?

ジャグラーでは100G以内が当たりやすいと言われています。それはジャグ連の存在が大きいかも知れません。ですがジャグラーのボーナスは常に一定の確率で抽選されてると言われていますが何故このような事が発生するのでしょうか?

これはジャグラーのスペックに大きな秘密があると思います。ではジャグラーのスペックを見てみましょう。

 マイジャグラー4のスペック
設定 BB確率 RB確率 合成確率
6 1/240.9 1/240.9 1/120.5

マイジャグラー4の場合は上記のような確率でBIGとREGが発生するようになっています。

そして合成確率をちょっと見て下さい!設定6の場合は、約1/120回に1回の確率でBIGもしくはREGが来ます。そして確率というのは何回も何回も実践する事で確率通りの数字に近づいていきます。

何が言いたいかと言うと数少ない実践(回転数)の中では確率通りにはなりません。

それは120Gを超える事もありますし、120G以内に当たる事があります。これがジャグ連の正体です。

そして合成確率を見ても分かると思いますが平均で約120回に1回の確率でBIGもしくはREGを引く事が出来ます。この数値を見たら100G以内にBIGもしくはREGを引きやすいというのも納得する事が出来ます。

ゾーンは理にかなってる

そしてジャグラーの当たりやすい回転数やゾーンという事について色んな意見があると思いますがこの考えを意外に理にかなってると思います。その理由に関してはジャグラーの合成確率が物語っています。

ではジャグラーで当たりやすいと言われる回転数についてですが下記のような感じで認識してる人も多いのではないでしょうか?

回転数 当たりやすさ
0~100
101~200
201~300
301~400
401~500
500~ ×

上記のような感じではないでしょうか?基本的にジャグラーを打つ場合はこのような感じで狙い台を決めてる人も多いと思います。そして注意が必要になるのが500Gを超えて当たってない台です。

ジャグラーの怖い部分は天井がない事です。ART機などは天井が設定されていますので当選するGは分かるのですがジャグラーにはいつ当たるか分からないという部分があります。そして500Gを超えてしまうと正直どこまではまるか予想する事が出来ません。

僕も以前600G位で放置されてるジャグラーがあったので打ってみる事に・・・そしてペカったが1000G位でした。このように結構はまってるから「もう少しで当たる」と言うのはちょっと違うような気がします。

ですので500Gを超えてるジャグラーを打つのはオススメ出来ません。ジャグラーのはまり台や天井について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

ジャグラーは0~300G以内の台を狙う

上記の表で紹介しましたがジャグラーの回転数で狙う場合は0G~300G以内の台を狙った方が良いと思います。この理由についてはゾーンや当たりやすい回転数という言い方もありますがジャグラーのスペック的に考えると必然的にこのようになります。

そしてジャグラーの場合は高設定の方がはまりにくくなっています。

これは確率的にという意味です。絶対にはまらないという事ではなくはまる確率が低いという事です。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの当たりやすい回転数だったりゾーンについて紹介させて頂きました。ジャグラーは毎回抽選する仕様になっていますが本当に当たりやすいゾーンがあるのではないかと思わせるような当たり方をします。

ですがそれはジャグラーのスペックに関係がありスペックが大きく関係してるのでこのように見えます。

ジャグラーを攻略するには簡単な事ではありませんが様々な戦略や工夫する事でジャグラーで勝ち続ける事は出来ます。

ジャグラーの人気記事

オンラインカジノのスロットを無料で遊んでみよう!

スマホゲームよりもハマる!!
暇つぶしにも最適!!

登録不要で無料プレー可能です。
一度お試しください♪

おすすめの記事