今回はジャグラーの辞め時について紹介していきたいと思います。ジャグラーはAタイプの機種でゾーンや高確なども理論上は存在しない機種ですのでいつ辞めても関係ないという事にはなりますがジャグラーにはぺカりやすいG数があるのではないかと思わされるような当たり方をします。

そこで僕の考えを少しオカルト的な意見を交えて紹介していきたいと思います。

生放送中に1500万円的中させた男

ジャグラーの辞め時にも2つ存在する

ジャグラーの辞め時について僕なりの意見を話していきたいと思いますがジャグラーには2つの辞め時が存在します。

この記事ではその2つの辞め時について解説していきたいと思います。

のり
2つの辞め時ってなんなんだ?

ジャグラーの2つの辞め時と言うのは設定狙いの場合とG数狙いの場合です。

設定狙いとは!?

設定狙いとは名前の通りでジャグラーを朝一から勝負する時に高設定かどうか狙って立ち回る時の辞め時についてです。

ジャグラーで朝一から高設定を狙って立ち回る人は全体的に比べて低いかも知れませんが僕は最近朝一からジャグラーの高設定を狙って稼働する事が多いのでその辺の知識や経験なども織り交ぜて話したいと思います。

1000円以内にペカる台は優秀なのか!?

まず最初に朝一からジャグラーを打つ時に意識してる人は多いかも知れませんが1000円でペカる台を探してる人も多いのではないでしょうか?実際に1000円でペカッた台を打ったら大勝出来た経験がある人も多いのではないでしょうか?

では朝一に1000円でBIGもしくはREGを引いた台は高設定の可能性が高くなるのか?気になる所ですよね?

僕の考えは朝一1000円でペカッた台は高設定の可能性はそこまで高くならないと思います。理由は簡単で思考回数が少なすぎるという事が1番の理由です。

ですがジャグラーの高設定はボーナス確率が低くなっていますので必然的にぺカりやすいというのは事実です。そして朝一1000円でペカる台の事について詳しく解説してる記事がありますので興味のある方は下記の記事をご覧下さい。

BIGとREG確率はおまけ程度?!

ジャグラーを打つ場合一番参考にするのがBIGとREGの確率ではないでしょうか?僕も最近まではBIGとREGの確率をかなり重要視していました。ですがこのBIGとREGの確率で設定を予想する場合はある程度の回転数が必要になります。

ではその設定判別に必要な回転数はどれくらい必要なのか?という事なんですが僕の考えでは3000回転は必要になると思います。

正直3000回転未満の場合は中々設定通りの出方をしない場合が結構あります。

ですので朝一から設定を早い段階で予想する時にBIGとREGで判断するのはちょっと危険のような気がします。

設定判別に必要な回転数について詳しくまとめた記事がありますので興味のある方は下記の記事をご覧下さい。

ブドウ確率は重要

僕がオススメする設定判別要素はブドウ確率をチェックする事です。BIGとREGの場合は分母が約1/260前後になります。ですがブドウ確率は1/6前後になるので比較的少ない回転数でもある程度の設定を予想する事が出来ると思います。

そしてブドウ確率で設定を予想する時にどれくらいの回転数が必要に鳴るかと言いますと僕は大体1000G前後を1つの目安にしています。

そこでブドウ確率が設定6付近なら2000G付近まで回して再度ブドウ確率をチェック&BIGとREGの確率をチェックする感じです。

ジャグラーの高設定を掴むには、地道に回転数を回して地道な作業になりますがこれが高設定を掴む一番の近道だと思っています。

ですので設定狙いでの辞め時の最初のポイントは1000G付近になります。

G数狙いとは!?

次にG数狙いでの辞め時について紹介していきたいと思います。これはジャグラーを昼・夕方・夜から打つ場合の辞め時になります。

ジャグラー打つほとんどの人がこのようなパターンになると思いますのでこちらの方が気になる内容ではないでしょうか?

0G辞めは勿体ないのか?

ジャグラーのボーナス終了後に0Gで辞めるのは実際の所どうなのか?かなり気になる部分ではないでしょうか?実際の所ホールでジャグラーの0G辞めを見る事はほとんどないのではないでしょうか?

僕もここ1年くらいはジャグラーの0G辞めの台を見た事がありません。ちなみに僕も0G辞めほとんどしません。やる時は本当に時間がない時くらいしかありません。

ではジャグラーでは0Gで辞めるのは勿体ないのか?

という事についてなんですが、このサイトでも何度も言ってる事なんですがジャグラーはレバーオン時に毎回ボーナスの抽選を行っています。(北電子はそう答えてる)

ですので理論上はいつどこで辞めても全くは問題はありません。ですが誰も0Gでジャグラーを辞める事はしません。それはジャグ連が大きく関係してるからだと思います。ジャグ連はジャグラーの醍醐味でボーナス後100G以内にまたボーナスが発生する事です。

100G以内はぺカりやすいのか?

ではジャグラーは1~100Gの間はぺカりやすいのか?という事についてですが「ぺカりやすいと思います!」

のり
それは何か根拠があるのか?

確かに100G以内にぺカりやすいというのは根拠があるのかどうかは一番重要な事だと思います。半分オカルトです笑

これはどういう事かと言いますとジャグラーのBIGとREGの合成確率から話していきたいと思います。ジャグラーのBIGとREGの合成確率は120~140前後になっています。そしてジャグ連は100G以内に来たボーナスの事をジャグ連と言います。

そして上記の確率でボーナスが来るという事は100G以内でボーナスが来る確率は約50%ないくらい存在します。このように確率的にも証明されてる事ですので100Gまで回すのは理論上正しいとも言えます。

100Gまで回すのが普通?

上記でも話したように設定狙いの稼働でない場合は100Gを超えてぺカらなかったら辞める最初のポイントではないかと思います。

そして、その台が高設定の可能性がある場合はもう少し回しても良いと思います。高設定の可能性がある場合は下記のような感じをチェックポイントとして設定しています。

  • 130Gまで回す
  • 150Gまで回す
  • 180Gまで回す

上記のような感じで辞め時を設定しています。そしてここからは完全にオカルトな意見になるんですが180Gを超えると少しはまるような印象があります。何度も言いますがこれは棒のオカルトな意見ですのであまり参考にしなくても良いです笑

ジャグラーの辞め時で一番重要な事

それでは最後にジャグラーの辞め時で一番重要な事について紹介したいと思います。ジャグラーという機種は機械割がAT機やART機に比べて機械割はそこまで高い機種ではありません。ですので出玉獲得のスピードも遅いですし、メダルの吸い込むスピードも遅いです。

そしてジャグラーで大勝を狙う場合現実的に考えて機械割の高い設定6を出来るだけ多く回すという事になります。

利益が出たら辞める事を考える

あなたがどのような感じでジャグラーを打ってるのかが重要になって来るんですが専業だったり稼働時間を結構確保できる場合は高設定の可能性がある場合は閉店時間までぶん回す事法が良いと思いますが、副業だったり趣味打ちの場合、そこまで稼働時間を確保する事が出来ない場合は使った金額よりも稼げたタイミングで辞める事がオススメです。

理由は簡単でジャグラーは高設定でも綺麗な右肩上がりに出玉が増えていくという事はありません。

上がったり、下がったりを繰り返しながら出玉を増やしていきます。ですのでまとまった出玉を確保出来たタイミングで勝ち逃げするのはジャグラーで勝ち続ける上でかなり重要な要素になってきます。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの辞め時について紹介させて頂きました。ジャグラーはパチスロ初心者の人も実践しやすく尚且つ勝ちやすい機種だと思います。

だからこそジャグラーを極める事で安定して勝ち続ける事が出来る機種だとも思います。あなたがパチスロで勝ち続けたいと思ってるならまずはジャグラーを実践する事をオススメします。それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

当サイトではジャグラーについて色んな記事を更新していますので是非他の記事もご覧下さい。

おすすめの記事