ドラゴンタイガーとはカンボジア発祥のカードゲームでカジノをやらない日本人の方には、ほとんど馴染みも聞いたこともないかと思いますがアジアで人気のカジノゲームです。

ドラゴンタイガーの基本ルール

 

ドラゴンタイガーの基本的なルールは物凄く簡単です。

 

ドラゴンタイガーはプレイヤー同士の勝負(例:ポーカー)でも、プレイヤーとディーラーの勝負(例:ブラックジャック)でもありません。

 

ディーラーはいますが、カードを配る進行役です。

 

仮想のドラゴンとタイガー。どちらが勝つのかを予想する。ただそれだけです。

1番分かりやすく言うと簡易版バカラです。

バカラとの違いはバカラよりもドラゴンタイガーの方が分かりやすく簡単だと言うことです。

 

勝敗のルール

ではドラゴンとタイガーの勝敗をどう決めるのか、ですがこれがバカラよりも単純です。

 

  • まずカードは1枚ずつしか配りません。

 

  • 数字が大きい方が勝ちです。

 

 

※本当に勝敗のルールはこれだけです。

この場合ドラゴンが『9』タイガーが『7』なのでドラゴンの勝ちです。

 

ですのでプレイヤーは次にドラゴンとタイガー、どちらの方が大きい数字になるかを予想するのです。

 

ドラゴンタイガーのカードランク

カジノゲームではそれぞれのゲームによってカードの数え方に独特のルールがありますが、ドラゴンタイガーでは単純にそのままです。

 

『K』『Q』『J』は全て『13』『12』『11』とそのまま数字で数えます。

そしてカードの強さは数字の大きさになりますので『K』が『13』で最強であり、『A』が『1』で最弱です。

 

ドラゴンタイガーの賭け方

 

  • ドラゴンorタイガー

これは単純にドラゴンかタイガーどちらが勝つのか予想してどちらかにベットします。

※引き分けのタイが出た場合

賭け金の半分が没収となり半分だけ戻ってきます。

 

  • タイ

ドラゴンとタイガーが同じ数字になると

引き分けですのでそのタイにベットします。

 

  • スモールorビッグ

『7』を基準とし(1.2.3.4.5.6)をスモール

(8.9.10.11.12.13)をビッグとして

ドラゴンかタイガーを選び

次の数字がビッグかスモールか予想してベットします。

※この場合基準となる真ん中の『7』が出ると

賭け金は没収となります。

 

  • 奇数or偶数

カードが13枚ありますので確率を均等にする為に

この場合も『7』を省き

(1.3.5.9.11.13)を奇数

(2.4.6.8.10.12)を偶数とし

ドラゴンかタイガーを選び

次の数字が奇数か偶数を予想してベットします。

※この場合も『7』が出た場合は

賭け金は没収となります。

 

ドラゴンタイガーの配当

  • ドラゴンorタイガーにベットした場合。

2倍配当(1:1)

  • タイ(引き分け)にベットした場合。

11倍配当(10:1)

  • スモールorビッグにベットした場合。

2倍配当(1:1)

  • 奇数or偶数にベットした場合。

2倍配当(1:1)

 

ドラゴンタイガーを攻略する。

とてもシンプルなルールのドラゴンタイガーに必勝法はあるのか?

どうやって攻略していくのかを考えます。

 

ハウスエッジ(控除率)を考える。

ドラゴンタイガーで1番シンプルに

どちらが勝つのかにベットした場合

プレイヤーがカジノ側に取られるのは

引き分けの時に取られるベット額の半分ですね。

 

  • ドラゴンタイガーで引き分けになる確率は17回に1回です。

5.88%の確率で引き分けとなり

賭け金の半分を没収されるので

2.94%が控除率です。

 

ドラゴンタイガーベットですと

期待値は約97%ですが

タイにベットすると

期待値は約90%まで落ちてしまいます。

 

タイ(引き分け)には賭けるな!!

バカラでも同じなのですが、カジノゲームではタイ(引き分け)に賭けることができます。

そしてタイ(引き分け)は当たると、倍率がその他のベットに比べると高いです。

 

何故タイ(引き分け)は高配当なのでしょうか?

それは明確な答えがあります。

当たり前ですがそれだけ出にくいということです。

 

なかなか出ないから高配当なのは分かりますが、この引き分けの出現率と配当の割合が、全くプレイヤーには割りが合わないのです。

 

ドラゴンタイガーに必勝法はありませんが、いち早く負ける方法必敗法はあります。

それはタイに賭け続けることです。

 

であれば逆にドラゴンタイガーで、負けない為の行動としてタイ(引き分け)には絶対にベットしてはいけません。

 

まとめ

 

ドラゴンタイガーはバカラの簡易版と考えていただければわかりやすいと思いますし、多分実際にプレイしてみれば1分もかからないうちにルールは把握出来ると思います。

 

ゲームの流れというのも1枚ずつカードを配って、数字が大きい方が勝ちという多分カジノゲームで1番シンプルでわかりやすいゲーム性だと思います。

 

その分他のカジノゲームに比べて、圧倒的に1ゲーム当たりにかかる時間は短いです。

という事は勝敗の流れというのも物凄い早いですので悪い流れに乗ってしまうとあっという間にのまれてしまいます。

 

攻略するために絶対に重要な事は、まず分が悪い勝負は絶対にしない事。

これはタイ(引き分け)には絶対に賭けない事です。

 

そして流れがわからない、悪い流れの時は落ち着いてルックしゲームの流れを観察するということです。

 

自分にとって流れが悪い時に無理に抗うと、ペースの速いドラゴンタイガーでは危険です。

逆に言えば少し待てば流れはすぐに変わります。

そのタイミングが来るまでじっと待つことがとても重要になってくると思います!

 

ドラゴン&タイガーが楽しめるカジノ『ライブカジノハウス』

【当サイト限定ボーナス特典】

下のボタンからのご登録で30ドル分の軍資金ボーナスがつきます。

ご登録後、チャットにてサポートに、『ギャンブル攻略.comから登録しました!登録ボーナスください!』と伝えれば、入金せずに30ドル分のチップと20回転フリースピンがプレゼントされます♪

 

おすすめの記事