あけましておめでとうございます!!

カツ
2018年は-約100万円で収束しました。笑 是が非でも2019年は負けを取り返したいところ。みんなもそうやろ?

ハヤト
そんなに大負けしているのはオマエくらいやろw
中山・京都の両金杯レースは、『1年の計は金杯にあり』と言われるほど、その1年間を占ううえで重要なレースとして人気が高いレースです。誰もがこの金杯を当ててスタートダッシュを決めたいレースでもあり、力の入るレースですよね?!
そこで今回は、中山金杯2019・京都金杯2019の過去データを分析して、どんな傾向があるのか?そしてその対策はどのようにするべきか?などを整理し、公開してみました。皆さんのスタートダッシュを、少しでも手助けできるように頑張ってみました!
※中山金杯2019が前編。京都金杯2019が後編の構成で記事を書いています。目次から好きな構成へと飛んでください。

中山金杯2019の予想オッズ・騎手

※枠順が確定次第最新版に変更します。

人気は前走阪神チャレンジカップで好成績を残したステイフーリッシュやマウントゴールドが支持を集めそう。続いては初代ホープフルS覇者タイムフライヤーが人気を集めそうですね。

中山金杯 データ傾向と対策

中山金杯2019に出走予定の馬全頭を、過去10年間の各項目データをもとに点数評価してみました。

  • 好評価・・3点
  • 中評価・・2点
  • 低評価・・1点

データがないものに関しては、低評価の1点にさせて頂きます。

最後に、点数を合算した数値を出しています。穴馬でもトータルの点数が高ければ一発があるかもしれませんね。

年齢

中山金杯では、圧倒的に4歳勢が良い結果を残している傾向にあります。しかし、3着内率では5歳馬が一番よく、他の世代も『この世代はダメだな』というような極端な成績ではありません。

・アドマイヤリード牝6 (2点)
・ウインブライト牡5 (2点)
・エアアンセム牡7 (2点)
・クレッシェンドラヴ牡5 (2点)
・コズミックフォース牡4 (3点)
・サンマルティンセ7 (2点)
・ステイフーリッシュ牡4 (3点)
・ストロングタイタン牡6 (2点)
・タイムフライヤー牡4 (3点)
・タニノフランケル牡4(3点)
・ナスノセイカン牡7(2点)
・ブラックバゴ牡7 (2点)
・マイネルサージュ牡7 (2点)
・マイネルハニー牡6 (2点)
・マウントゴールド牡6(2点)
・ヤングマンパワー牡7(2点)
・ランガディア牡5(2点)

種牡馬

ステイゴールド・アドマイヤベガ・キングカメハメハ産駒が出走回数は多いものの、優秀な成績を残しています。
※種牡馬で判断していきます

・アドマイヤリード(ステイゴールド) (3点)
・ウインブライト(ステイゴールド)(3点)
・エアアンセム(シンボリクリスエス)(1点)
・クレッシェンドラヴ(ステイゴールド) (3点)
・コズミックフォース(キングカメハメハ)(3点)
・サンマルティンセ7(ハービンジャー) (1点)
・ステイフーリッシュ(ステイゴールド) (3点)
・ストロングタイタン(Regal Ransom) (1点)
・タイムフライヤー(ハーツクライ)(1点)
・タニノフランケル(Frankel)(1点)
・ナスノセイカン(ハーツクライ)(1点)
・ブラックバゴ(バゴ)(1点)
・マイネルサージュ(ハービンジャー) (1点)
・マイネルハニー(マツリダゴッホ)(1点)
・マウントゴールド(ステイゴールド)(3点)
・ヤングマンパワー(スニッツェル )(1点)
・ランガディア(キングカメハメハ)(3点)

騎手

ベリーや川田騎手が好成績を残していることが良く分かりますが、今年の参戦はありません。その次に松岡騎手の成績が良いですね。

・アドマイヤリード(横山典) (2点)
・ウインブライト(松岡)(3点)
・エアアンセム(田辺)(2点)
・クレッシェンドラヴ(??) (1点)
・コズミックフォース(石橋)(2点)
・サンマルティンセ7(マーフィー) (1点)
・ステイフーリッシュ(藤岡) (2点)
・ストロングタイタン(大野) (1点)
・タイムフライヤー(和田)(1点)
・タニノフランケル(内田)(1点)
・ナスノセイカン(ブロンデル)(1点)
・ブラックバゴ(戸崎)(2点)
・マイネルサージュ(津村) (1点)
・マイネルハニー(柴田大)(1点)
・マウントゴールド(武豊)(1点)
・ヤングマンパワー(丸山 )(1点)
・ランガディア(北村宏)(2点)

枠順

枠順に関しては、2枠6枠が良い成績を残していますね。6枠の勝率は低いですが、3着が4回もあり、好走率の高い枠順となっています。

傾向を見ていると、1枠・2枠・3枠の内枠勢が特に好走のチャンスがありそうですね。

逆に、過去10年間で一度勝利していない枠順が5枠と8枠になります。ここは対策が必要ですね。

前走レース

前走レースで成績がよさそうなのは金鯱賞組・鳴尾記念組・ディセンバー組・中日新聞杯組・福島記念組このあたりでしょうか。

このローテで参戦する馬を高評価としてみましょう。

・アドマイヤリード(ディセンバー) (3点)
・ウインブライト(マイルC)(2点)
・エアアンセム(福島記念)(3点)
・クレッシェンドラヴ(霞ヶ浦特別) (1点)
・コズミックフォース(菊花賞)(1点)
・サンマルティン(毎日王冠) (2点)
・ステイフーリッシュ(チャレンジカップ) (2点)
・ストロングタイタン(毎日王冠) (2点)
・タイムフライヤー(菊花賞)(1点)
・タニノフランケル(大原S)(1点)
・ナスノセイカン(ディセンバー)(3点)
・ブラックバゴ(オールカマー)(1点)
・マイネルサージュ(小倉記念) (1点)
・マイネルハニー(ディセンバー)(3点)
・マウントゴールド(チャレンジ)(2点)
・ヤングマンパワー(富士S)(1点)
・ランガディア(ノベンバーS)(1点)

前走着順

意外や意外。前走レースで3着の馬が、中山金杯では好成績を収めていますね。しかも、前走10着以下でもあなどれない成績となっています。

・アドマイヤリード(ディセンバー1) (3点)
・ウインブライト(マイルC9)(1点)
・エアアンセム(福島記念3)(3点)
・クレッシェンドラヴ(霞ヶ浦特別1) (3点)
・コズミックフォース(菊花賞15)(2点)
・サンマルティン(毎日王冠10) (2点)
・ステイフーリッシュ(チャレンジカップ3) (3点)
・ストロングタイタン(毎日王冠3) (3点)
・タイムフライヤー(菊花賞6)(1点)
・タニノフランケル(大原S1)(3点)
・ナスノセイカン(ディセンバー9)(1点)
・ブラックバゴ(オールカマー6)(1点)
・マイネルサージュ(小倉記念10) (2点)
・マイネルハニー(ディセンバー6)(1点)
・マウントゴールド(チャレンジ2)(3点)
・ヤングマンパワー(富士S15)(2点)
・ランガディア(ノベンバーS1)(3点)

 

中山金杯2019 全頭点数評価の結果

・アドマイヤリード(13点)
・ウインブライト (11点)
・エアアンセム(11点)
・クレッシェンドラヴ (10点)
・コズミックフォース (11点)
・サンマルティンセ(8点)
・ステイフーリッシュ (13点)
・ストロングタイタン (9点)
・タイムフライヤー(7点)
・タニノフランケル(9点)
・ナスノセイカン(8点)
・ブラックバゴ (7点)
・マイネルサージュ (7点)
・マイネルハニー (8点)
・マウントゴールド(11点)
・ヤングマンパワー(7点)
・ランガディア(11点)

 

このような結果となりました。中山金杯2019で点数の良かった上位3頭は、

  • アドマイヤリード(13点)
  • ステイフーリッシュ(13点)
  • (あとは11点で並んでいるので割愛)

ステイフーリッシュは人気ですが、アドマイヤリードは中穴ですので積極的に狙いたいところですな。

 

 

京都金杯2019 予想オッズ・騎手

京都金杯2019では、リゲルSの勝ち馬で18NHKマイルC6着のバクスアメリカーナが人気の中心。続いては牝馬のサラキアが支持をあつめそうな感じですね。どっちにせよ、難しいレースなのは間違いありませんね。

京都金杯2019 データ傾向と対策

ここでも中山金杯と同じく、点数制でデータ分析を行いたいと思います。

  • 好評価・・3点
  • 中評価・・2点
  • 低評価・・1点

データがないものに関しては、低評価の1点にさせて頂きます。

最後に、点数を合算した数値を出しています。穴馬でもトータルの点数が高ければ一発があるかもしれませんね。

 

年齢

年齢別成績を見ると、4歳世代・6歳世代が多く好走しているのが分かります。逆に7・8歳世代は、過去10年間で勝ち馬が出ていません。

まぁ4歳~6歳世代が中心でしょうね。

・アサクサゲンキ牡4  (3点)
・アドマイヤアルバ牡4  (3点)
・カツジ牡4  (3点)
・キャンベルジュニア牡7  (1点)
・グァンチャーレ牡7(1点)
・コウエイタケル牡8 (1点)
・ゴールドサーベラス牡7(1点)
・サラキア牝4  (3点)
・ストーミーシー牡6  (3点)
・スマートオーディン牡6  (3点)
・ツーエムマイスター牡7 (1点)
・トゥラヴェスーラ牡4 (3点)
・バリス牡8(1点)
・パクスアメリカーナ牡4 (3点)
・ヒーズインラブ牡6  (3点)
・マイスタイル牡5 (2点)
・ミエノサクシード牝6  (3点)
・リライアブルエース牡6  (3点)
・ロードクエスト牡6 (3点)

 

種牡馬

種牡馬で成績が良いのは、ディープインパクト・キングカメハメハ・スペシャルウィーク・Singspiel・チーフベアハート。

 

・アサクサゲンキ(Stormy Atlantic)  (1点)
・アドマイヤアルバ(ハーツクライ)  (1点)
・カツジ(ディープインパクト )(3点)
・キャンベルジュニア( Encosta de Lago ) (1点)
・グァンチャーレ(スクリーンヒーロー)(1点)
・コウエイタケル(ステイゴールド) (2点)
・ゴールドサーベラス(スクリーンヒーロー)(1点)
・サラキア( ディープインパクト) (3点)
・ストーミーシー(アドマイヤムーン)  (2点)
・スマートオーディン(ダノンシャンティ) (1点)
・ツーエムマイスター(メイショウボーラー)(1点)
・トゥラヴェスーラ(ドリームジャーニー) (1点)
・バリス(ステイゴールド)(2点)
・パクスアメリカーナ(クロフネ) (1点)
・ヒーズインラブ(ハービンジャー) (1点)
・マイスタイル(ハーツクライ)(1点)
・ミエノサクシード(ステイゴールド) (2点)
・リライアブルエース(ディープインパクト)  (3点)
・ロードクエスト(マツリダゴッホ) (1点)

騎手

ルメール・岩田・福永あたりが好成績。(もちろん乗ってきた馬にもよる。。)

 

・アサクサゲンキ松若 (1点)
・アドマイヤアルバ岩田  (3点)
・カツジ松山(1点)
・キャンベルジュニア(??) (1点)
・グァンチャーレ古川(1点)
・コウエイタケル小牧(2点)
・ゴールドサーベラス柴山(1点)
・サラキア池添(2点)
・ストーミーシー吉田隼 (1点)
・スマートオーディン秋山  (1点)
・ツーエムマイスター(??) (1点)
・トゥラヴェスーラ(??) (1点)
・バリス(??)(1点)
・パクスアメリカーナ川田 (2点)
・ヒーズインラブ藤岡(1点)
・マイスタイル田中勝(1点)
・ミエノサクシード川島 (1点)
・リライアブルエース坂井 (1点)
・ロードクエスト福永(3点)

 

枠順

枠順データの傾向はやはり内枠が好成績を残している。特に1枠には要注意。1枠に穴馬が入ったときなど対策が必要だ。

その他では4枠の成績も光っている。逆に6枠~8枠の成績が悪く、7枠・8枠に至っては過去10年間で一度も勝利していない。

前走レース

前走ローテは、鳴尾記念・キャピタルS・リゲルS組が王道ローテとなっているようですね。マイルチャンピオン組も出走回数が多い中、高い3着内率を誇っています。

 

・アサクサゲンキ(リゲルS)  (3点)
・アドマイヤアルバ(オクトーバーS)  (1点)
・カツジ(マイルチャンピオンS )(2点)
・キャンベルジュニア( スプリンターズS ) (1点)
・グァンチャーレ(キャピタルS)(3点)
・コウエイタケル(タンザナイトS) (2点)
・ゴールドサーベラス(富士S)(1点)
・サラキア( 秋華賞) (1点)
・ストーミーシー(リゲルS)  (3点)
・スマートオーディン(リゲルS) (3点)
・ツーエムマイスター(タンザナイトS)(2点)
・トゥラヴェスーラ(リゲルS) (3点)
・バリス(白秋S)(1点)
・パクスアメリカーナ(リゲルS) (3点)
・ヒーズインラブ(マイルチャンピオンS) (2点)
・マイスタイル(中日新聞杯)(1点)
・ミエノサクシード(ターコイズS) (2点)
・リライアブルエース(関屋記念)  (1点)
・ロードクエスト(マイルチャンピオンS) (2点)

前走着順

中山金杯に引き続き、ここでも前走3着の馬が好成績を残しています。また、意外なことに前走5着も好成績。3着内率では前走2着の結果となった馬が一番高く、軸信頼度としては前走2着の馬を持ってくる方が良いかもしれませんね。

 

・アサクサゲンキ(リゲルS2)  (3点)
・アドマイヤアルバ(オクトーバーS5)  (3点)
・カツジ(マイルチャンピオンS 4)(2点)
・キャンベルジュニア( スプリンターズS8 ) (2点)
・グァンチャーレ(キャピタルS1)(2点)
・コウエイタケル(タンザナイトS6) (2点)
・ゴールドサーベラス(富士S13)(1点)
・サラキア( 秋華賞4) (2点)
・ストーミーシー(リゲルS6)  (2点)
・スマートオーディン(リゲルS9) (2点)
・ツーエムマイスター(タンザナイトS13)(1点)
・トゥラヴェスーラ(リゲルS5) (3点)
・バリス(白秋S14)(1点)
・パクスアメリカーナ(リゲルS1) (2点)
・ヒーズインラブ(マイルチャンピオンS8) (2点)
・マイスタイル(中日新聞杯8)(2点)
・ミエノサクシード(ターコイズS9) (2点)
・リライアブルエース(関屋記念6)  (2点)
・ロードクエスト(マイルチャンピオンS17) (1点)

 

京都金杯2019 全頭点数評価の結果

・アサクサゲンキ(11点)
・アドマイヤアルバ (11点)
・カツジ (11点)
・キャンベルジュニア (6点)
・グァンチャーレ(8点)
・コウエイタケ (9点)
・ゴールドサーベラス(5点)
・サラキア  (11点)
・ストーミーシー  (11点)
・スマートオーディン  (10点)
・ツーエムマイスター(6点)
・トゥラヴェスーラ (11点)
・バリス(6点)
・パクスアメリカーナ (11点)
・ヒーズインラブ  (9点)
・マイスタイル (7点)
・ミエノサクシード  (10点)
・リライアブルエース  (10点)
・ロードクエスト (10点)

 

このような結果となりました。京都金杯2019で点数の良かった馬は7頭も並んでいます(次はもう少し考えます笑)

  • アサクサゲンキ
  • アドマイヤアルバ
  • カツジ
  • サラキア
  • ストーミーシー
  • トゥラヴェスーラ
  • パクスアメリカーナ

 

おすすめの記事