今回は僕が考えるジャグラーの勝てる時間帯について紹介していきたいと思います。

このサイトでもジャグラーはかなり勝ちやすい機種という風におしていますがどんな時間帯に行けば更に勝率を上げる事が出来るのか詳しく解説していきたいと思います。

生放送中に1500万円あてた男

どれくらいの金額を勝ちたいかで変わる

まず最初にジャグラーでどれ位の金額を勝ちたいかで時間帯も大きく変わってきます。やはりジャグラーで大きな金額を勝ちたいと考える場合は機械割も設定6でもあまり高くありませんので朝一からの稼働になるのは当たり前です。

そして3000円~10000円くらいの金額なら比較的短時間でも勝つ事が出来ると思いますのでその辺の時間帯との兼ね合いも同時の紹介していきたいと思います。

ジャグラーで勝てる金額と時間帯
ジャグラーは比較的機械割の低い機種ですので勝てる金額は時間が大きく関係してくる。

3万以上勝ちたい場合

まずジャグラーで3万円以上勝ちたいと考える場合は必然的に高設定を回す必要があります。そして設定5と6ではないと安定して3万以上の勝ちを出す事は現実的ではありません。

ですのでジャグラーの設定5もしくは6を掴む事が前提になってきます。

のり
ジャグラーで1500枚出すのは簡単な事じゃないしな!

カツ
ジャグラーは設定6でも機械割がそこまで高くないからな!

朝一からの稼働は必須

ジャグラーで3万以上勝ちたい場合は朝一からの稼働は必須の条件になります。そして狙いは設定5もしくは6になるんですが設定4などでも辞め時させしっかりとする事が出来れば3万以上勝つ事も出来ると思いますが少し運の要素が強くなる場合もあります。

ですので安定して勝ちたい場合は設定5と6がオススメです。

それではジャグラーの機械割で紹介したいと思いますが下記の数値をご覧下さい。

上記はハッピージャグラーの機械割になりますが僕の場合でいきますと1時間に約700~750回転回す事が出来ます。そして10時からホールに行き22時まで稼働した場合約10時間の稼働時間があります。

700~750×10時間=7000~7500回転回す事が出来ます。


設定5(105.8)

1218枚~1305枚

設定6(108.4)

1764枚~1890枚


上記のような結果になります。

このように見るとハッピージャグラーの場合で3万以上勝とうと考えた場合設定6じゃないと理論的には無理という事になってしまいます。

のり
ジャグラーで大きな金額を勝つのは難しいんだな・・・

カツ
機械割がそこまで高くないから仕方ないけど負けた時もそこまで大きな金額負ける事もないからリスクは少ないと言えるけどな

ジャグラーは大きな金額を勝つ事がスペック的に厳しいのでスロットに慣れてる人からすると少し物足りないのかも知れません。

ですが安定して勝つという事にフォーカスした場合はライバルも少なく非常に勝ちやすい機種とも言えます。

設定判別も必須条件

ジャグラーの設定を掴む場合設定判別も必要な要素になってきます。このサイトでも何度も言っていますし僕自身ジャグラーばかり実践してる中で思う事は3000回転まで本当の設定はかなり分かりにくいという事です。

ジャグラーの場合は設定判別はそこまで難しくありませんが回転数も必要になってきます。

そして3000回転まで出玉が伸びなくても高設定という可能性もありますのでその辺の判断などが難しくなってくると思います。

ジャグラーの設定判別
ジャグラーの設定判別に関してはそこまで難しい事ではありませんが
回転数もある程度必要になって来るので早い段階で高設定を確証を持つ事が出来ない。

ホールの癖を掴む必要がある

ジャグラーで高設定を掴む事を考える中でホールの癖を読む事は重要な要素になってきます。ですので勝負するホールのある程度の癖などを予想する事が出来なければジャグラーの高設定を安定して取る事は出来ないと思います。

そしてジャグラーを朝一から狙いに行く人は比較的少ないですので癖を少し掴む事が出来たらかなり高き確率でジャグラーの低設定を回避する事が出来ると思います。

どのような台が出てるかしっかりと調べる

ではホール側がどのような台に高設定を入れてるか判断する必要があると思います。ですがどのような判断基準なのか全く想像出来ない人もいると思いますので僕がホールの癖を調べる時にチェック項目を良かったら参考にして下さい。

  • 前日の凹み台
  • 1週間凹んでる台
  • 前日高設定(据え置き狙い)
  • 角台

上記のような事に当てはめながらそのホールの癖を調べるようにしています。

1万以上勝ちたい場合

ジャグラーで1万円以上勝ちたい方にオススメの方法は設定が既に分かりきっている時間にホールに足を運び高設定と思われる台を回す方法が1番効率が良く勝率も高くなると思います。

では何時頃が狙い目なのかと言いますと夕方の18時~20時までにホールに行く事が出来たら理想です。

ジャグラーの場合は設定6でも終日打ち切る人はそこまで多くありません。それはジャグラーの機械割が高くないのでジャグ連が終了したタイミングなんかで辞める人も結構いるからです。

ですので18時~20時の間位にホールに行き設定5もしくは6の台に座る事が出来たら1万位の金額を勝つ事はそこまで難しい事ではありません。

台を確保する事が重要

この場合はしっかりと狙ってる台を確保する必要があります。ジャグラーは朝一から狙いに来る人はかなり少ないですが夕方から夜の時間のジャグラーの稼働率はかなり上がります。

ですので稼働の多い中で狙い台をしっかりと確保するには作戦しっかりと立てる必要があります。

狙い台の隣の台を打つ

狙い台の後ろにずっと立って待っておくのはマナー的に良いとは言えません。ですので狙い台の隣に座りゆっくりと回すなどして台を確保しやすいようにするのもオススメです。

台に座って回さなかったらルール違反ですが、ゆっくりでも回しさえすれば問題はありません。待ってる間にお金はかかってしまいますがこれは作戦の1つですので台を確保せずに休憩所などで待つ作戦でも良いと思います。

基本的にいつでも勝ちやすい

ジャグラーは基本的にいつでも非常に勝ちやすい機種です。他の機種とジャグラーの違う部分が存在します。

ではどのような部分が他の機種と大きく違うのか?しっかりとその部分を理解する事でジャグラーで勝ちやすい理由を知る事が出来ると思います。

どこのホールでも設置台数が多い

ジャグラーはどこのホールでもある程度の設置台数が確保されてると思います。最近ではバジリスク絆や番長3そしてまどマギ2などが人気の機種になってると思いますがジャグラーはこの3機種よりも設置台数が多くなってる事がほとんどです。

ホールの中で一番設置されてる機種と言っても過言ではないかも知れません。

それくらいジャグラーは設置台数が多いので、どの時間からホールに行っても座れないという事がほとんどありません。

バジリスク絆等などは、そもそも勝負出来ないという事も考える事が出来ますがジャグラーの場合はそれがないんです。

設置台数が多い
ジャグラーは全国的に見ても設置台数がかなり多く常に勝負する事が出来る

ある程度の稼働がある

ジャグラーは設置台数が多いだけではなく、ある程度の稼働があります。それはジャグラーを専門で狙う人もいますがスロット初心者の人や年配の方はART機やAT機などよりも簡単で分かりやすいジャグラーを好む人が多いからです。

ある程度の稼働があるという事はホール側も高設定を使う可能性が高いという事も考える事が出来ますし、途中からジャグラーを打つ場合などにも設定状況を判断する事が出来ます。

ジャグラーはAタイプ機種で主にBIGとREGの確率で設定を予想する事が出来ます。(自分で打つ必要がなく)

ジャグラーの設定判別について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの勝ちやすい時間帯という事について記事を更新させて頂きました。

基本的にジャグラーはどの時間からでも非常に勝負しやすく僕も1月1日に勝負に行く予定はなかったんですがちょうど別の用事でホールの近くに行ったのでジャグラーのシマの様子を確認すると良い感じの台を発見する事が出来ました。

そして30分程で11400円勝つ事が出来ました。

日々ジャグラーの事やスロットについての事をツイートしているので良かったらフォローお願いします。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの記事