今回はジャグラーの設定判別要素であるぶどう確率について記事を更新していきたいと思います。ジャグラーの設定判別はシンプルなように見えて意外に難しったりします。

他の機種の場合は設定判別要素などが色々ありますがジャグラーの設定判別要素は逆に少なすぎるのでそこが1つの壁だと思います。

ジャグラーの設定判別要素について

最初にジャグラーの設定判別要素について解説していきたいと思います。

BIGの確率

ジャグラーのBIGには設定差が存在します。基本的に設定1が低く設定6がBIGの確率が高くなっています。

ですのでBIGの多い台は高設定の可能性が高くなるのですがBIGの確率には設定1と設定6でもそこまで大きな設定差は存在しないのでBIGの確率をメインで設定判別を行ってしまうと設定判別を失敗してしまう可能性があります。

BIGはあくまで1つの設定判別の要素と考えるようにしましょう。

ジャグラーのBIG確率について
ジャグラーの場合BIG確率に設定差は存在するがそこまで大きな設定差ではない。

のり
なるほど!
最初ジャグラーを打ってる時はBIGが多い台が高設定台って思って打ってたわw

その考えも間違いではないのですがジャグラーの高設定は必然的にREGも多くなるのでそういう意味ではBIGだけ来てると言っても高設定という事にはなりません。

REGの確率

ジャグラーの設定判別のポイントで一番重要視して良いのではREGの確率だと思います。REGもBIGと同じように低設定よりも高設定の方がREGがきやすくなっているんですがBIGと違ってREGには結構大きな差があります。

ジャグラーのREG確率
ジャグラーの設定判別ではREGに大きな設定差が存在する!

ですのでジャグラーを打ち込んでる方は分かると思いますが低設定でもBIGの確率が一時的に高設定のようになる事はあります。

ですがREG確率に関しては設定1などは高設定のようになる事は本当に難しいです。僕はジャグラーの設定判別の回転数を3000回転を1つの目安にしてるんですが低設定で3000回転回してREGが高設定のように来る事はほぼありません。

ですのでREG確率はジャグラーの設定判別の中でもかなり大きなウェイトを占めています。

ジャグラーの設定判別に必要な回転数について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

ぶどう確率

ジャグラーではぶどうの確率で設定判別を行う事が可能です。ジャグラーでは設定判別の要素が少ないのですがブドウ確率はREGとBIGと違ってコンスタントに設定判別を行う事が出来ます。

BIGとREGで設定判別を行うにはある程度の回転数が必要になってきますがぶどう確率で設定判別を行う場合はある程度少ない回転数でも簡単な参考にする事は出来ます。

ぶどうは約1/6前後で落ちるので1000回転も回せば設定1と6の違いは分かると思います。

ジャグラーではぶどうをしっかりとカウントする人もいますしカウントしない人もいますが実際の所はカウント出来るならした方が良いと思います。

スロットで勝つには様々な設定判別要素を駆使して出来るだけ早く設定を看破した人が勝ちます。ですので出来る設定判別は絶対にやった方が良いです。

チェリー重複のBIGとREGの確率

最後にジャグラーの設定判別要素で大きなウェイトを占めてるのはチェリー重複のBIGもしくはREGです。基本的に単独のBIGやREGを引く事が多くなると思いますが高設定になるにつれてチェリー重複のBIGもしくはREGを引く確率が高くなります。

そしてチェリー重複のボーナスの場合はBIGよりもREGに設定差が大きくチェリー重複のREGを多く引けば引くほど高設定に期待する事が出来ます。

ここでポイントになってくるのが毎回しっかりと左リールにBERを狙う事が出来るかどうかという事になります。

ですがジャグラーの目押しはそこまで難しくないので比較的誰でも簡単に行う事が出来ると思います。

のり
ジャグラーの目押しはそこまで難しくないから少し練習したら誰でもできそうだな!

ぶどう確率の信頼度について

それでは設定判別に使う事が出来るぶどう確率の信頼度について紹介していきたいと思います。

ぶどう確率でどれくらいの信頼度があるのかかなり気になる所ではないでしょうか?

僕もジャグラーを今みたいに打ってない時は正直どれくらいの信頼度があるのか詳しく分かりませんでした。

そしてこのような情報はあまりネットなどを探してもなかったので僕の実体験を踏まえて紹介していきたいと思います。

ぶどう確率を重視しすぎない

まず最初に言っておきたい事があります。

それはぶどう確率を重視しすぎないという事です。これはどういう事かと言いますと順番に説明していきます。

設定6はぶどう確率も6

僕はアイムジャグラーで設定6を何度か打った事があるんですがこの時は2台とも最初から最後まで(8000回転程)ぶどう確率はしっかりと6の数値をキープしていました。

と言うよりも6の数値よりもぶどう確率も良かったです。

ですので設定6に座る事が出来たらかなり高い確率でぶどう確率も6に近い数値になると思います。

簡単に言えば設定6はかなり設定判別しやすいと思います。本当に設定1と6を比べると全然違います。

低設定でもぶどう確率が良い時も

ジャグラーの低設定を打ってる場合でもぶどう確率だけは設定6の数値をキープしてる時が結構あります。僕もジャグラーはガッツリ打ち込む前にぶどう確率を重視しすぎて結局低設定だったという事がありました。

そして低設定でも、ぶどう確率が良い時のパターンなんですが1000~2000回転までは設定6の数値のぶどう確率だったんですが3000回転付近になるとぶどう確率がどんどん悪くなるというケースが頻繁になりました。

ですのでぶどう確率だけを重視してしまうと低設定を長く回してしまう事になりますのでこの辺はしっかりと注意して下さい。

ぶどう確率の使い方

ぶどう確率はどのように使っていくかと言いますと、

  1. REG確率
  2. BIG確率
  3. ぶどう確率

上記の順番で設定判別要素にしていきます。ぶどう確率はあくまで補足的な設定判別要素でEGの確率も悪くBIGの確率も悪い場合ぶどう確率を見て設定5もしくは6の数値を下回ってる場合は即辞めで良いと思います。

このようにブドウ確率をしっかりとカウントする事で辞める時の判断基準になります。

ジャグラーでは日々ある程度の回転数があるホールが多いのでホールの設定を入れる癖を掴んで朝一から狙いに行く方法もオススメです。閉店前にホールの設定チェックする事について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの設定判別要素であるぶどう確率の信頼度について紹介してきました。ジャグラーは他の機種に比べて設定判別要素が少ない機種になりますので少しの判断ミスで大きな失敗をしてしまう可能性があります。

ですのでジャグラーを打つ際はぶどう確率もしっかりとカウントしてある程度参考にする程度が良いと思います。

ギャンブル攻略では、ジャグラーの勝ち方や攻略情報について日々情報を更新していますのでジャグラーで勝ちたい方は是非チェックして下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。

オンラインカジノのスロットを無料で遊んでみよう!

スマホゲームよりもハマる!!
暇つぶしにも最適!!

登録不要で無料プレー可能です。
一度お試しください♪

おすすめの記事