今回はジャグラーの記事を更新していきたいと思います。ジャグラーはAタイプ機種を代表するスロットになりますが朝一の立ち回りについて紹介していきたいと思います。ジャグラーは初心者でも攻略しやすい機種ですが、気を付けるべきポイントもあります。

この記事ではそのような部分も詳しく解説していきたいと思います。

ジャグラーの据え置き狙いについて

ジャグラーの据え置き狙いについてですが、前日が高設定のジャグラーに次の日も設定変更がされてないと予想して朝一から狙う事で勝つ方法になります。

この据え置き狙いはジャグラーで有効な立ち回り方法と思いますがこの立ち回り方法の注意点やポイントについて解説していきたいと思います。

据え置き狙いにはジャグラーの設定変更時の挙動を知る事が必要

ジャグラーの据え置き狙いをする場合は設定変更された時の挙動を知る事が重要になります。据え置き狙いで設定変更されたかどうか判断出来ない場合は無駄に回転数を回す可能性も出てきますし低設定に変更された時に設定変更されたかどうか気付く事が出来なければ大事な資金を失ってしまう可能性があります。

ですのでジャグラーは設定変更されるとどのような挙動を示すのかしっかりと理解しておく事が重要です。

リールのガックンを確認する

ジャグラーの設定変更で1番簡単に判断する方法は朝一0回転の状態でリールがガックンするかどうかです。

ジャグラーは設定変更されるとリールがガックンと一度上に上がって始動します。これは慣れたら誰でも簡単に判別する事が出来るのでオススメです。

リールのガックンでの注意点

ではリールのガックンでの注意点について解説していきたいと思います。

ジャグラーでは設定が変更されるとリールがガックンすると言いましたがこのガックンを100%信用してしまうと大きな失敗をしてしまう可能性もあるので十分に注意して下さい。

ホールがガックン対策をしてる可能性がある

最初に注意する事はホールがガックン対策をしてる可能性を考える事が出来ます。最近ではかなり多くのホールでガックン対策をしてるホールが増えて来ています。

ガックン対策と言いますのは設定変更を行った場合最初の1回転目はリールがガックンするのでホールが1回転だけ回しておくことです。

この対策をされてしまうと僕たち打ち手からするとリールがガックンしなかったので設定変更がされてないと判断してしまう場合があります。

ですので自分の行ってるホールがガックン対策をしてるかどうかを判断しておく必要があります。

同じ設定に設定しなおしてる可能性がある

次に考える事が出来るのが同じ設定に設定しなおしてるという事です。ジャグラーの据え置き狙いを行う場合はリールがガックンしなければ据え置きの可能性が高くなります。ですので据え置き狙いの場合はリールがガックンしない方が高設定に期待する事が出来ます。

ですがホール側は同じ設定に設定しなおす事もあるようです。

例えば前日の設定が6の場合閉店後にまた設定6に設定しなおすという事です。

この面倒な作業を行う事で打ってる人からすると朝一の時にリールがガックンするので設定変更されたと勘違いしてしまう事があります。

リールだけを回転させてる可能性もある

最後に考える事が出来るのはリールを手動で回転させただけのパターンです。

設定変更されずにリールだけを手動で回転させられると設定変更後のような感じでリールがガックンします。

ですのでこのような場合も注意が必要です。

正直リールは無視して良い

ジャグラーは設定変更されるとリールがガックンしますが正直ホール側も色んな対策を取ってる事は間違いないです!ですのでリールのガックンはあまり気にしなくて良いような気がします。

このようにジャグラーは設定変更されたかどうかを判断する事は難易度が高くなります。

他の機種のように朝一高確スタートする機種だったりは簡単に設定変更されたかどうかを判断する事が出来ますがジャグラーの場合はこのような判断方法はありません。

ジャグラーの据え置きを簡単に判断する方法

ではジャグラーの据え置きが設定判別を簡単に判断する方法について紹介していきたいと思います。ジャグラーはどこのホールでも結構な台数が設置されてる事が多いと思います。

そして設置台数が多いという事は高設定が使われてる可能性も高いと言えます。そもそもジャグラーの場合は設定6でも機械割が低いのでホール側も高設定を使いやすい機種だと思います。

周りの状況から判断する

ジャグラーの据え置きか設定変更か判断するオススメのポイントは周りの状況を確認する事もオススメの方法の1つです。

周りの状況を確認するという事がどういう意味かと言いますと、自分の周りに高設定っぽいジャグラーがあるかないかを調べます。

自分の周りに高設定っぽいジャグラーがあった場合、自分の台は設定変更されてる可能性を考える事が出来ます。逆に自分の周りに高設定っぽいジャグラーがない場合は自分の台が高設定の可能性が高くなるという事です。

日程で状況を確認する

次におすすめの方法は日程からホールの設定状況を確認する方法です。

ジャグラーの場合は全国的に見ても5のつく日は高設定の多く投入してくる傾向にあります。他にも7のつく日やゾロ目の日なども熱いホールが多いのではないでしょうか?

このような日に据え置き狙いをして周りの台の状況を確認する事で自分台が高設定なのか?低設定なのかを判断しやすくなります。

ジャグラーは設定変更されにくい機種

これはホールによっても変わってくると思いますがジャグラーは比較的設定変更がされにくい機種だと思っています。

理由はいくつかあるんですが下記のような事をあげる事が出来ます。

設置台数が多い

ジャグラーは先ほども言いましたがどこのホールでも設置台数が多なってる事が多いです。そのジャグラー全てを毎日設定変更するのは、かなり大変な作業だと思います。こう考えた時にホールはわざわざ毎日大変な設定変更をするかどうかという事です。

メイン機種の場合は話しが変わってきますがジャグラーがメイン機種のホールはそこまで多くないと思います。

設定1でも勝つ時は勝つ

次にジャグラーは設定でも勝つ時は勝てる機種です。設定1の据え置きでも設定6のような出方をする時があります。1か月間のトータルで見ると設定1はほとんどの確率で負けてしまいますが1日単位などで見ると設定1でも設定6のような出方をする事もあります。

このように考えると尚更ホール側はジャグラーの設定変更を頻繁に行っていないと思います。

まとめ

どうでしたか?今回はジャグラーの据え置きとリールのガックンの関係性について紹介させて頂きました。ジャグラーは設定変更されるとリールがガックンしますがほとんどのホールで対策されてる場合が多いのでリールのガックンにあまり気をつられないようにして立ち回っていきましょう。

ジャグラーの設定変更後の挙動について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

オンラインカジノのスロットを無料で遊んでみよう!

スマホゲームよりもハマる!!
暇つぶしにも最適!!

登録不要で無料プレー可能です。
一度お試しください♪

おすすめの記事