1. HOME
  2. ブログ
  3. 2018年フィリーズレビューの出走予定馬と予想オッズについて!

2018年フィリーズレビューの出走予定馬と予想オッズについて!

今回は、2018年3月11日(日曜日)に開催されますフィリーズレビューについての記事を更新していきたいと思います。この記事では、出走馬の情報や騎手そして予想オッズについて解説していきたいと思います。

そして個人的な予想にはなるんですが、2018年フィリーズレビューの結果予想もやっていきたいと思います。

フィリーズレビューとは?!

このフィリーズレビューというレースは、どのようなレースかと言いますと、かなり知名度の高い桜花賞の優先出場権をかけたレースになります。

そしてその条件と言いますのが・・・

上位3着まで入賞が条件

その条件と言いますのが、今回のフィリーズレビューで3着までに入る事で桜花賞の優先出場権を獲得する事が出来ます!

2018年フィリーズレビューのネットの盛り上がりについて

主にTwitterでフィリーズレビューの事についてツイートしてる人の意見を探してみたんですが、自分の好きな馬が出るなら参加するという意見が多くありました。

そして、桜花賞の絡みの部分が気になってる人がかなりいる傾向にありますね。

フィリーズレビューのコースの特徴

それでは、フィリーズレビューのコースの特徴について解説していきたいと思います。

フィリーズレビューは阪神競馬場の1400mで行われます。同条件で行われる重賞には他に阪神カップと阪急杯があり、スプリンターとマイラーの激突するレースとしておなじみです。

コースの特徴としてはスタートから最初のコーナーまでが長く、ゴール前の坂までは平坦と下り坂で構成されているためペースが速くなりがちで、ハイペースに適性のあるスプリンター寄りの馬が活躍する傾向があります。

ゴール前の急坂で前の馬が失速し差しが決まることもありますが、逃げ馬がスピードに乗って押し切ってしまうケースもあり、総合的には前に行く馬が若干有利です。ただしフィリーズレビューに限ると、過去10年の勝ち馬の内6頭が4コーナー10番手以降からの差し切り勝ちで、同条件の他のレースより差し・追い込みが決まりやすくなっています。

枠順に関してはコーナーで距離のロスがある外枠が不利な傾向。フィリーズレビューでも過去10年の勝ち馬の内7頭は真ん中より内側の枠でした。ちなみに、外枠で勝った3頭はいずれも上位人気で差し切り勝ちという共通点があり、末脚が確かな馬なら外枠は気にしなくてよいでしょう。

このコースの最大の特徴は荒れやすい点で、1番人気の勝率が(他の競馬場での1400mのレースや、阪神競馬場での他の距離で行われるレースでは全て30%を超えているのに対し)25%前後に低迷していることがそれを裏付けています。

フィリーズレビューの過去10年の1番人気の成績は[2,3,0,5]でやはり物足りなく、思い切った穴狙いも面白いかもしれません。

2018年フィリーズレビューの出走予定馬と騎手について

次にフェリーズレビューの出走馬の情報と騎手について公開していきたいと思います。

馬名 騎手
モルトアレグロ
田辺
アンコールプリュ 未定
コーディエライト 和田
アマルフィコースト 浜中
アンヴァル 未定
アリア 未定
アルモニカ 川田
レッドシャーロット 未定
ギンコイエレジー 未定
スウォナーレ 大山
ダンシングチコ 未定
ミトノレインボー 酒井
イサチルルンルン 国分
ナディア 未定
マドモアゼル 松田

出走馬と騎手の情報については上記のようになっています。まだ騎手が未定の部分がありますが情報が入り次第、記事を更新したいと思います。

2018年フィリーズレビューの予想オッズについて

それでは、2018年フィリーズレビューの予想オッズを公開していきます!

予想オッズ 馬名
4.4 モルトアレグロ
6.2 アンコールプリュ
7.1 アマルフィコースト
7.3 コーディエライト
7.3 デルニエオール
10.1 ラブカンプー
17.1 アンヴァル
18.1 アリア
19.1 アルモニカ
20.1 トロワゼトワル
25.0 リバティハイツ
31.5 マドモアゼル
41.0 ナディア
44.5 イサチルルンルン
59.9 ミトノレインボー
77.1 ダンシングチコ
79.9 レッドシャーロット
80.1 ギンコイエレジー
250.6 スウォナーレ

フィリーズレビューの予想オッズは上記のようなデータになっています。

nori
正直これだけ、馬がいたら、予想するのも大変だろ!というか俺を当てれる気がしないぜw
おっさん
それは自信をもって言う事じゃないぞ!
おっさん
競馬をやってる人はこんなに多くの馬の中から色んなデータを参考にして結果を予想しているんだ!

2018年フィリーズレビューの注目馬について

それでは、当サイトが選んだ3頭の注目馬についての情報を公開したいと思います。当サイトの個人的な意見ですので心温かい目で見て頂ければと思います。

フィリーズR 出走予定馬 /モルトアレグロについて

今年のフィリーズレビューの一番人気になりそうなのが、モルトアレグロです。2走前の阪神ジュベルナイルフィリーズでは、10番人気という低評価を払いのけての5着入着は素晴らしいものがありました。

そして、前走の紅梅ステークスでは、好位で競馬をし、後続を突き放す完勝をしました。そのレースを見た人は「この馬はクラシック戦線でも戦える」と思った人も多くいたと思います。しかし、このモルトアレグロの心配な部分というのが「距離」です。

1400mはいけても1600mはちょっとキツいのではないかという声も聞こえているので、クラシック戦線は少し厳しいかもしれません。ですが、このフィリーズレビューは1400mなので、問題なし。上位争いは濃厚だと思います。

フィリーズR 出走予定馬 /アンコールプリュについて

アンコールプリュの特徴というと「自在性」です。新馬戦では先行してそのまま押し切るといった感じの競馬をしましたが、前走のレースでは、スタートで出遅れてしまい、後方からのレースになってしまいました。

しかも、展開はスロー。万事休すかと思われたところに後方から豪快な足を発揮し、勝利をもぎ取りました。逃げても強い、後方からでも豪快な足を持っていると、どいういう展開になっても自分の力を出せるアンコールプリュは上位争いができそうです。

兄や姉に活躍馬が多数いる血統なため、血統的にも期待できるのですが、重賞を獲ったことがまだありません。このアンコールプリュが兄や姉をあっさり越えて、3連勝で重賞を獲るかもしれません。

フィリーズR 出走予定馬 /コーディエライトについて

コーディエライトはデビューが早く、2歳の重賞戦線をにぎわしてくれました。新潟2歳ステークスでは、展開が味方してくれ超スローな展開になり、2着に粘り込みした。次のレースのファンタジーステークスも2着だったことを見ると実力は確か。

そのまま期待された前走の阪神ジュベルナイルフィリーズでは、13着と結果が出ませんでした。その敗因はわかってるようで「距離」にあるのではないかと言われています。ベストが1400mで1600mは長過ぎたというのが本音のところ。

フィリーズレビューはこの馬の距離適正である1400m。まだまだ開幕したての芝で、前残りが多い阪神。逃げてスローにでも落とすことができたなら勝利が見えてきます。

2018年フィリーズレビューの結果予想について

それでは、2018年のフィリーズレビューの結果予想については2人の方に意見を聞く事にしました。どのような結果予想になるか見ていきましょう!

Nさんのフィリーズレビュー予想

1着 モントアレグロ

出走馬の登録がまだはっきりしていないので、この馬を100%押しすることはできませんが、今の登録しているメンバーでは、このモントアレグロを本命にしたいと思います。

鞍上がM·デムーロという心強さもありますが、前走の紅梅Sで好位から抜け出し、後続を引き付けなく完勝するところは、この馬はポテンシャルの高さを持っているのだと思います。阪神ジュベナイルで5着に入着しているところもこのメンバーからはひとつ上の力を持っています。

2着 アンコールプリュ

このアンコールプリュは自在性があり、新馬戦は先行して押しきり初勝利し、次のレースでは後方から豪快な足を見せつけて勝利しています。まだまだ若い駒が多い中でどんな展開になったとしてもレースをできるアンコールプリュは安心してレースを観ることができます。

血統もディープインパクトとオイスターチケットという奥が深そうなので、1着に指定したモントアレグロと同じくらいの力を持っている可能性がある馬だと思います。

3着 なし

まだ出走馬の登録がはっきりしていないので、3着馬はなしでお願いします。自分の中ではフィリーズレビューは差し馬が来ているイメージが強いレースのため、前残りは買わないのですが、今回は先行に行く馬が強そうなので、先行に行く馬を中心に買っていきたいと思います。

3着は後方から突っ込んできてもいいように厚めに購入します。今のところのメンバーで見ると3着に1頭あげるとするなら「コーディエライト」かなと思っています。

Sさんのフィリーズレビュー予想

1着 アンコールプリュ

理由はディープインパクト産駒でデビュー2連勝の実積もさることながらこの馬は1400から1600がベスト距離だという点です。1日の1週前追いきりでも友道調教師が落ち着きが出て休ませたぶん勝負根性がでて良いとほめていました。

あとは鞍上次第ですかね。無理やポツンや最後の直線だけ勝負させる騎手じゃなければ3着には確実にはいりますよ。もしかしたら桜花賞すら勝てる器なのかも知れません。非常に楽しみな馬です。

2着 モルトアレグロ

紅梅Sを快勝したモルトアレグロはロジャージーニアスと併せ馬をしたんですがこの時の動きが良かったですよ。

武井調教師は万能を確認したかったらしいですけど佳かったらしいです。関西への輸送は京都へ輸送経験あるので問題がはないでしょう。阪神1400は差し届きやすいコースなので道中8番手4コーナー5番手がこの馬にとってはいいかもしれませんね。あまり大外回される展開ではなければ1着もあります。

3着 アンヴァル

この馬は去年の福島以来からになりますが山元トレセンで追われてるぶん仕上がってきていますね。1400は初めてだったと思うのですが200の延長は問題ではないと思います。

この馬は先行したほうが粘るのではないかとは予想しておるのですがさすがに上の2頭には敵わないでしょうね。それでもギリギリ3着はありそうだと思いますよ。もしベスト体重なら一発の破壊力は一番だと思っています。道中6番手4コーナー3番手が理想ですね。

Cさんフィリーズレビュー予想

1着 コーディエライト

2歳時には重賞を連戦しキャリアは一番。しかも、馬券に2度絡むなど既に一定の力を示しています。脚質的には前に行って粘るタイプですが前走阪神JFでは2番手の競馬で惨敗。変に控えるよりも「前に行ってこそ」という印象です。

ファンタジーSでは、楽々とハナを奪えましたので同型次第ではありますが、スピード優位のこの馬にとって距離短縮は決して悪くないと思います。

直線の坂は決していいとは言えませんが、ハナさえ切れれば、十分に馬券に絡めると思いますので、連軸として推奨したい馬です。

 

2着 モルトアレグロ

阪神JFでは5着と実力を示しましたが、上位馬からは離されての掲示板。ただ、気性がかなり難しい馬のようで伸びきれなかったのも事実。1400mはその意味で合うでしょう。

実際、この距離ではくるみ賞を勝ち、前走の紅梅Sではスムーズな競馬ぶりで先団から直線抜け出して快勝しました。それでも、乗り替わったミルコ・デムーロ騎手によれば、まだテンションが高かったとのこと。

当日の落ち着きもカギになりそうです。

3着 アンヴァル

福島2歳Sの内容は圧巻でした。離れた3番手追走から直線では持ったままで抜け出して大楽勝。

テンのスピードに勝るタイプですが、決して折り合いを欠くというわけでもなく、ロードカナロア産駒という血統背景からもマイルぐらいまでは十分にこなせるはずです。

メンバーのレベルは格段に上がりますが、初戦負けてから3連勝でまだ未知の魅力がある馬。久々でもここまで順調に坂路で調教を重ねており、いきなりでも勝ち負けは可能と見ます。

まとめ

どうでしたか?今回は、2018年のフィリーズレビューについて記事を更新していきました。

結果予想も書いていますが当てれるように頑張りたいと思います。それでは、お気軽にコメントなど頂ければ嬉しいです。

競馬予想記事まとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事