オリケン
よっしゃ今日はルーレットの必勝法をみんなに伝授しよう!

nori
マジか早く教えてくれ!!

オリケン
ルーレットの必勝法とはベッドしないこと!!賭けなければ負けることもない勝つことはないけど資金が減ることもない!カジノに勝たせなければこちらの勝ちと言える‼‼これすなわち必勝法!!

nori
あ?ふざけんなよ

オリケン
いやでもね、正直やらないことが一番負けないための方法であることに間違いはない

nori
でもそんなこと言ったら元も子もないじゃない

オリケン

まあ確かにね

じゃあ今回はルーレットの必勝法とは言わないけど勝つための方法利益を残しやすい方法をみんなに伝授しよう!

ルーレットで勝つ為には?

ルーレットはベッドする箇所も多いし遊ぶやり方がたくさんある分覚えなきゃいけない事が沢山ありますよね

そうなってくると面倒だから手っ取り早く賭ける為に赤黒にベットする 人が多いかもしれません。

しかしそれは大きな間違いです。

賭ける箇所や箇所ごとに変わる配当などの種類が多い=その種類の数だけ戦術や手法を取り入れることが可能になるということです。

それなのに赤黒ベッドという1/2の可能性に止めてしまうとその分、戦術も薄っぺらいものにせざるを得なくなってしまうのです。

本当にルーレットを攻略したいのであればルーレットの全ての書き方をマスターするのが一番の近道と言えるでしょう。

赤黒を使った勝ち方

nori

なんとなく言いたいことはわかったけどでもそれだとかなり時間がかかっちゃうよね?

もっと手っ取り早く赤黒ベッドを使った攻略法ってないのかな?

 

オリケン

仕方ないなあ・・・

じゃあここからは単純に出現率パーセントの話をしていこう。

確率で勝率を上げる

ちなみにここから話すのはヨーロピアンルーレットを中心とした話になります(0が一個のホイール)

ルーレットには0以外に1から36までの数字を選ぶ事が出来その数字は18個ずつ赤と黒に分かれています。つまり計 37箇所からアタリを見つける必要があるのです。

この0という存在がある為赤か黒に入る確率は完全な50%ではなくなり 18/37で48.64%となります。

それでも大体50%なので2回に1回はほぼ当たる計算になります。

しかし肝心なのはここから

2回に1回当たる確率のゲームを2連続で勝つ確率・3連続で勝つ確率、4連続5連続6連続・・・・

このようになってくると勝率は最初の48.64%から÷2÷2÷2とどんどん下がっていきます。

例えば仮に勝率を50%として計算したとしても連勝するとなると以下のような確率になってきます。

連勝数 確率
1 50% 1/2
2 25% 1/4
3 12.50% 1/8
4 6.25% 1/16
5 3.125% 1/32
6 1.563% 1/64
7 0.7813% 1/128
8 0.39% 1/256
9 0.195% 1/512
10 0.097% 1/1024
11 0.048% 1/2048
12 0.024% 1/2096
13 0.012% 1/4192
14 0.006% 1/8384
15 0.003% 1/16768

 

上記のように1ゲーム目勝つ確率は50%だとしても連続で勝利する確率は10ゲーム目になると0.1%を切ります。

逆に言えば連続で負ける確率も上記のようなパーセントになると思われます。

そこで使用するのがマーチンゲール法

マーチンを有効に使う

ようは負けた際に、負けた金額の倍の金額を次のゲームに賭ける、負ければ倍、負ければ倍。と賭け金を上げていけば最終的にどこで勝っても最初の掛け金文プラスになる今までの負けを全て帳消しにしてくれるという手法です 。

ただしこの手法は掛け金が急激に跳ね上がっていく為、ある程度の連敗数になると資金が底を尽きるもしくはテーブルのベット額を超えてしまう恐れがあります。

例えば1ゲーム目から100円をかけ始めた場合

2ゲーム目200円

3ゲーム目400円

4ゲーム目800円

5ゲーム目1600円

6ゲーム目3200円

7ゲーム目6400円

8ゲーム目12800円

9ゲーム目25600円

10ゲーム目51200円

このように掛け金は一気に跳ね上がっていき11ゲーム目には10万円を超えてしまいます。

さらにそこで勝ったとしても利益はたったの100円・・・少し割に合いませんよね・・・

ちなみにだいたいどこのカジノも一箇所にベットできる最大額は100円からの場合2500円から1万円までとなっています。

ですから資金はあってもテーブルのリミット額のせいで途中で諦めなければならない結果になりかねません。上の表で行くとせめて5ゲーム目までには勝負を決めたいところです。

ではもっと早めに勝負を決めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

マーチンの欠点を補う

 

まずは赤か黒どちらかがすでに連続で出現している台を探しましょう。

例えば5回連続黒が出ている台があった場合、6回目黒が出る確率は1.563%(勝率50%として)

逆に赤が出る確率は98.437%となります。

そこからマーチンゲール法を取り入れ5連敗するまで追いかけます。

つまり黒が連続で10回以上続かなければこちらの勝ちとなりプラス100円の利益を生むことができます。

ちなみに10回連続で負ける確率は1024回ゲームをやって一回あるかないかの確率です。

そう考えると危険なマーチンゲールでもなんか勝てそうな気がしますよね(笑)

まとめ

実際1/2の確率で当たることを考えたら結構勝率高そうな気がしますが、1/2の確率といえども実際にその確率が収束させるためには数万回施行する事が必要になります。

100回ぐらい遊んだだけでは赤70回黒30回の場合もあるでしょう。

しかしそのような大きな差も1万回10万回と繰り返すと小さな誤差になりほぼ50%に落ち着きます。これが大数の法則です。

勝率は低ければ低いほどこの誤差の幅も狭くなります。勝率が50%のような非常に高い確率の場合偏りの幅も大きくなり収束するのに時間がかかります 。

これが勝率の高いゲームのメリットとデメリットと言えるでしょう。

最初の方でお伝えしたようにルーレットには数多くのベッド方法が存在しますそしてそのベッド方法を用いれば最大勝率99.9%にまで可能性を高めることが可能になります。

現に自分もこの攻略法を用いることによって日給10万円に近い利益を生み続けることに成功しています 。

興味がある方は是非こちらの記事もご覧ください!!

1週間で100万稼ぎだしたオリジナルルーレット攻略法とは?!

おすすめの記事