1. HOME
  2. ブログ
  3. 絶対知るべき!2018大阪杯の予想オッズ過去の傾向から見た結果予想

絶対知るべき!2018大阪杯の予想オッズ過去の傾向から見た結果予想

こんちわ!komeです。

※3/30管理人の買い目追記しました!

今回は4/1(日)に阪神競馬場で開催されるGⅠ大阪杯2018にむけて、徹底的に過去のデータを調査してみました。こちらの情報からあなたも渾身の一頭を見つけて下さい!

kome
kome渾身の1頭はどの馬かっ?!
おっさん
おいおい。なにが渾身じゃ。

※かなり長い記事構成となっておりますので、『これが知りたい!』という部分だけ下の目次から選んでいただければ幸いです

大阪杯について

ここからは大阪杯の基本的な情報を書いてみました。

  • 大阪杯の基本情報について
  • 大阪杯2018が行われる阪神芝2000mのコースについて
  • 大阪杯の特徴について

以上のような事をまとめて詳しく書きましたので、特に『大阪杯ってあんまり分かんないよ』って方は読んでみて下さいね!

大阪杯の基本情報について

まずは基本情報からいってみましょう!

もともとは、GⅠ天皇賞(春)の前哨戦として位置づけられていたレースです。2016年まではGⅡとして格付けされていたレースで、2017年からGⅠに格上げされ、名前も産経大阪杯 ⇒ 大阪杯と変更になりました。

その初代チャンピオンはキタサンブラックになります。

これまでは春競馬で古馬が中距離を走るビックレース(GⅠ)はなかったのですが、大阪杯を新設したことによって、この大阪杯には豪華なメンバーが集まるようになり、また新たな楽しみが増えました!

おっさん
楽しみといっとるがまた大きなお金をJRAに抜かれるだけじゃろw
kome
おっさんシケすぎワロタw

大阪杯2018のコースについて

ここからは大阪杯2018が行われる阪神芝2000mのレースコースについてを詳しく解説していきます!

スタートは正面スタンド前でいきなり急坂が待ち構えており、その急坂をこえると1コーナーへはいります。その後は平坦な道のりを進み、最後の直線へと入っていきます。

最後の直線残り200m付近でまたまた急坂が待ち構えており、約120mの間に1.8mの急勾配を一気に駆け上がるコースとなっています。

kome
最初と最後に心臓やぶりの坂をもってくるとは…コース設計者はドSやな。

大阪杯は『リピート』しやすい?!

ここでは大阪杯の特徴についてみていきましょう!

大阪杯(産経大阪杯時代も含む)といえばやはり『リピートレース』ということが強く言えますね! 17’王者のキタサンブラックも16’産経大阪杯時代には2着に入ってます。

また、過去のレース成績データを見ていきますと、2015年同レース2着馬のキズナは前年となる2014年での優勝馬2013年2着馬のショウナンマイティも2012年の優勝馬となっておりますね!

同じく2013年の3着馬エイシンフラッシュは、2年前の2011年の同レースでも3着に入着とかなり多くの馬がリピートしていることが分かります。

今年の出走予定馬の中でリピート権利をもっている馬と言いますとヤマカツエース! このレースの特徴をどう考えるかはあなた次第です! また、過去10年間の配当を詳しく知りたい方は「これで的中率90%確定?!大阪杯過去10年の配当と傾向の分析結果はこちら」をご覧ください!

kome
大阪杯2018ではキタサンブラックの馬券をおさえておいたら馬券的中まちがいないっしょ?!
おっさん
お前はバカというか、本当に残念な男だなw もう引退したわ。

大阪杯2018 出走予定馬・予想オッズ・騎手について

それでは大阪杯2018に出走予定馬と予想オッズ、騎手についてを確認してみましょう!

(情報は随時更新していきます)

  • スワーヴリチャード 2.9 M・デムーロ
  • サトノダイヤモンド 4.9 戸崎
  • シュヴァルグラン 6.8 三浦
  • ペルシアンナイト 7.0 福永
  • アルアイン 11.6 川田
  • ウィンブライト 12.2 松岡
  • サトノノブレス 18.3 幸
  • ダンビュライト 25.4 浜中
  • ゴールドアクター 29.2 吉田隼
  • ヤマカツエース 33.8 池添
  • トリオンフ 37.7 田辺
  • ミッキースワロー 45.2 横山典
  • スマートレイヤー 55.9 吉田隼
  • メートルダール 78.0 福永

このように超豪華なメンバーが集結している今回の大阪杯2018! 騎手ではルメール・岩田・武豊騎手が同時期に行われる海外レース(ドバイ)に遠征中のため不在になります。そのため、前走と鞍上が変わることもこのレースのカギを握りそうですよね!

kome
僕の大好きなスマートレイヤーが人気薄で買えるなんてステキっ(*’▽’)♪

大阪杯2018の有力馬情報

ここでは大阪杯2018に出走予定の有力馬について、過去の成績などを詳しく見ていきましょう!

調教師  庄野 靖志(栗東)
馬主  NICKS
 ハーツクライ
 ピラミマ
本賞金  302,800,000円
馬主の由来・意味  冠名+人名より

前走は金鯱賞でゴリゴリの一番人気に支持されて、期待に応える見事な走りぶりを見せました。金鯱賞での馬体重は前走と比較して+10ながらまだまだ成長途上であるとの事。スローペースではあったものの、直線では先行体勢から上がり2位のタイムとなる33.8で突き抜け、3着のサトノダイヤモンドに1馬身差をつける圧勝でしたね!

ダービー2着と力はある馬だけに今回こそGⅠで初タイトルを取りたいところ。 強敵を相手に大阪杯の走りに注目が集まりそうです。

 

調教師  池江 泰寿(栗東)
馬主  サトミホースカンパニー
 ディープインパクト
 マルペンサ
本賞金  747,200,000円
馬主の由来・意味  冠名+宝石名。流星の形から連想

 

『強いサトノダイヤモンドを見せてほしい』そう願ってる競馬ファンの方も多いのではないでしょうか? 国内GⅠでは3着以内を外したことのない同馬。 2017年にフランスで行われたフォア賞ではまさかの4着、凱旋門賞ではまさか!まさかの18着という結果に。サトノならやれる!と信じていた私は相当凹みましたね(馬券もハズレーる)

帰国後初となる前走の金鯱賞では3着と好走。(この馬の強さからして好走と言ってよいかは疑問)

ペースがスローになった分差し届かなかったが、海外遠征後の疲れは見えなかった。大阪杯でもペース次第ではあるが十分巻き返せるチャンスはあるはずだ!

調教師  友道 康夫(栗東)
馬主  佐々木 主浩
 ハーツクライ
 ハルーワスウィート
本賞金  800,200,000円
馬主の由来・意味  偉大な馬(仏)

 

昨年末の有馬記念3着馬。この馬も強い笑

17’ジャパンカップの覇者でもあり、それ以外のG1でも数々の実績を残している同馬。毎レースいい脚を使って上がってくる同馬にとっては先行有利の大阪杯をどう立ち回るか? というのがカギを握りそう…

鞍上は初コンビとなる三浦騎手が騎乗予定。少し不安要素となりそうだ…

調教師  池江 泰寿(栗東) 
馬主  GⅠレーシング
 ハービンジャー
 オリエントチャーム
本賞金  224,200,000円
馬主の由来・意味  ペルシャの騎士

 

17’マイルCSの覇者。前走の中山記念では1番人気に支持されるも5着に敗れウインブライトが勝利したレースである。上りは最速を繰り出すも1着~3着までがすべて先行勢。ミドルペースも少し後ろすぎた印象。

昨年の皐月賞で2着と好走を果たしているところからみても距離適性は問題なさそうです。鞍上は最近バッシング受けまくりの福永騎手w

初コンビの相性は果たしていかなるものか?!

調教師  池江 泰寿(栗東) 
馬主  サンデーレーシング
 ディープインパクト
 ドバイマジェスティー
本賞金  222,000,000円
馬主の由来・意味  ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉

つよいつよい4歳世代がひしめく中で皐月賞を制覇した同馬。また、前走となる京都記念でもダービー馬レイデオロよりも先着となる2着と好走した。

実績から力は上位とみるも、強豪古馬相手にはどうか?というところが疑問ですな。関東馬というところも気になるポイントだ…

 

 

大阪杯 過去3年間のレースデータと配当を振り返り!

ここでは大阪杯(産経大阪杯時代も含みます)の過去3年間の3連単配当とレース映像を見ていきましょう!

2017年 勝ち馬キタサンブラック

着順 馬名 単勝オッズ 人気
1 キタサンブラック 2.4 1
2 ステファノス 17.7 7
3 ヤマカツエース 10.2 4
  • 3連単配当 23,910円

2016年 勝ち馬アンビシャス

着順 馬名 単勝オッズ 人気
1 アンビシャス 3.9 2
2 キタサンブラック 6.2 5
3 ショウナンパンドラ 5.9 4
  • 3連単配当 12,810円

2015年 勝ち馬ラキシス

着順 馬名 単勝オッズ 人気
1 ラキシス 12.0 4
2 キズナ 1.4 1
3 エアソミュール 15.0 6
  • 3連単配当 16,620円

 

大阪杯過去10年間の枠順傾向まとめ

それでは大阪杯における過去10年間の枠順傾向をいっきに見ていきましょう!!

□1枠 [0-0-0-10/10]  
2枠 [0-0-2-  9/11]  
3枠 [2-2-1-  8/13]  
4枠 [1-0-1-11/13]  
5枠 [1-3-1-11/16]  
6枠 [1-1-3-14/19]  
7枠 [3-2-1-13/19]  
8枠 [2-2-1-14/19]  

上記のような傾向となりました。

大阪杯でもっとも勝率の高い枠順

kome
ここからは大阪杯におけるもっとも勝率の高い枠順傾向を見ていきましょう!

                                (勝率)
□1枠 [0-0-0-10/10]     0%
2枠 [0-0-2-  9/11]     0%
3枠 [2-2-1-  8/13]   15%
4枠 [1-0-1-11/13]  7.6%
5枠 [1-3-1-11/16]  6.2%
6枠 [1-1-3-14/19]  5.2%
7枠 [3-2-1-13/19]   15%
8枠 [2-2-1-14/19]   10%

勝率は『3枠』『7枠』15%の同率で成績が一番良いですね! 次に良いのが『8枠』10.5%という結果となりました。

逆に一度も勝ったことがない枠順が『1枠』『2枠』ですね。これは単純に出走回数が少ないということも言えていますが…

大阪杯でもっとも3着内率が高い枠順傾向

次に3着内率の高い枠順傾向については以下の通りです。

                                (3着内率)
□1枠 [0-0-0-10/10]       0%
2枠 [0-0-2-  9/11]  18.0%
3枠 [2-2-1-  8/13]  38.4%
4枠 [1-0-1-11/13]  15.3%
5枠 [1-3-1-11/16]  25.0%
6枠 [1-1-3-14/19]  26.3%
7枠 [3-2-1-13/19]  31.4%
8枠 [2-2-1-14/19]  26.3%

ここでも『3枠』が3着内率38.4%と高い数字をたたき出し、好成績をおさめていますね! 次に良いのが『7枠』31.4%

出走頭数の多い外枠に向かった数字的には有利になりますが、『1枠』はいただけないですね…

しかしながら出走頭数の少ない『3枠』で数字的に良い結果がでていますからここは熱いのかもしれませんね!

大阪杯と同コース・同距離での枠順傾向まとめ

ここでは大阪杯と同じコースである阪神芝2000m戦の枠順成績を見ていきましょう!!

先ほどと同じように3枠(赤帽子)が強い傾向となるのでしょうか?!

                                
□1枠 [13-  8-  9-109/139]  
2枠 [13-11-14-111/149]  
3枠 [13-17-10-121/161] 
4枠 [11-11-19-125/166]  
5枠 [18-15-14-130/177]  
6枠 [13-15-22-146/196]  
7枠 [23-19-12-152/206]   
8枠 [12-18-15-170/215]   

上記のような傾向となっています。

阪神2000mで最も勝率が高い枠順傾向

ここでは阪神2000m戦でもっとも勝率の高い枠順傾向を見ていきます。

□1枠 [13-  8-  9-109/139]   9.4%
2枠 [13-11-14-111/149]   8.7%
3枠 [13-17-10-121/161]   8.1%
4枠 [11-11-19-125/166]   6.6%
5枠 [18-15-14-130/177] 10.2%
6枠 [13-15-22-146/196]   6.6%
7枠 [23-19-12-152/206] 11.2%
8枠 [12-18-15-170/215]   5.6%

勝率No.1の座に輝いたのは『3枠』ではなく、『7枠』の方でしたね! 数字としてはそこまで驚くほどの数字ではなさそうです。

しかし、『7枠』『8枠』では約6%もひらきがあり、これは大きな差だと言えます。

阪神2000mでもっとも3着内率が高い枠順傾向

次に阪神2000m戦でもっとも3着内率の高い枠順傾向を見ていきます。

□1枠 [13-  8-  9-109/139] 21.6%
2枠 [13-11-14-111/149] 25.5%
3枠 [13-17-10-121/161] 24.8%
4枠 [11-11-19-125/166] 24.7%
5枠 [18-15-14-130/177] 26.6%
6枠 [13-15-22-146/196] 25.5%
7枠 [23-19-12-152/206] 26.2%
8枠 [12-18-15-170/215] 20.9%

大数の法則ってすごいですねw

ほぼほぼ、どの枠番も同じ傾向です。3着内率に関してはあまり気にしなくても良いかもしれません。

大阪杯2018 枠順傾向の結論!

大阪杯過去10年間と阪神芝2000m過去10年間の傾向を見た結論です。

  • 大阪杯では『3枠』と『7枠』の勝率がもっとも高い15%となり、3着内率は『3枠』が38.4%と高い成績を残している
  • 大阪杯では『1枠』が10年間で一度も3着以内に入ったことがない
  • 阪神2000mでは『7枠』の勝率が高い

以上のことから、単勝買うなら『3枠』『7枠』! レースの軸に選択するなら『3枠』! の馬が良いかもしれませんな!!

kome
枠順はレース前々日くらいだから、どの馬がどの枠に入るかが非常に楽しみですな!

大阪杯で強い世代は?!

ここでは大阪杯で強い世代について探っていくことにしてみましょう。

上図のように大阪杯では『4歳世代が強い!』ということが分かりますね! それに続いては『5歳世代』が強いイメージです。

それ以上の年齢になると尻つぼみ…

んで『4歳馬』と言えばスワーヴリチャード・ペルシアンナイト・アルアイン・ウインブライト・ミッキースワロー・ブレスジャーニーと計6頭も出走していますね! 6頭も出走となると…点数が増えちゃうじゃないの。

大阪杯2018 1番人気に支持された馬の信頼度は?!

今のところ1番人気はスワーヴリチャードと予想しておりますが、過去の傾向として『1番人気に支持された馬の成績は?』というところに着目してみました。 果たして1番人気は信頼できるのでしょうか?!

圧倒的に1番人気の信頼度が高いですね! 勝率は40%で3着内率に関しては驚異の90%という傾向になっています! ここは素直に1番人気馬を信頼してもなんの問題もないでしょう?!

kome
とういうか、スワーヴリチャード確定でしょ?!
おっさん
この青2才がっw

 

2番人気馬も3着内率は50%とそれでも高い傾向なのですが、それ以外にも気になるデータが! なんと6番人気馬の勝率が20%もあり、しかも3着内率は40%とかなり高い傾向にあります。 6番人気ということで、配当的にもうま味がありますし、ここは結構熱いデータだと思うのですが…

kome
スワーヴリチャードとウインブライトの2頭軸馬券を大量に買うぜ!
おっさん
まだオッズも正式に決まっとらんわ!

大阪杯2018で活躍しそうな前走距離は?!

ここでは大阪杯に臨む前に出走した『前走距離』がどうレースに影響するのか? その傾向を探っていきましょう。

はい!ドーン!!

ここで言えることは大阪杯と同じ距離となる『2000m組』がのきなみ成績が悪いという傾向ですね。 28頭も過去に出走していて、わずか2頭しか3着以内に入りこめていません。 次に『1800m組』も出走頭数のわりに結果が出ていない傾向に。

そして意外や意外。この成績が悪い傾向にある『2000m組』に大阪杯2018の有力馬であるスワーヴリチャードやサトノダイヤモンド、ヤマカツエース、ブレスジャーニー、メートルダールという馬たちが該当してしてしまいます。

kome
じゃ、スワーヴ買ったらだめじゃん?!乙。
おっさん
お前はデータをうまく活用できない典型的なタイプじゃなwクソが。

 

逆に活躍しそうな前走組が『2200m』組で、過去の出走頭数はわずか17頭ながらも(1-3-3-10)で3着内率が41.2%となかなか良い傾向であることが分かりました。この前走『2200m組』に該当する馬(AJCCが前走)がダンビュライト・ミッキスワロー・ゴールドアクターの3頭になりますね! ここは人気薄の馬が激走する可能性を秘めているということにしておきましょう!

大阪杯2018は関東馬は消し?!

少し強引な言い方かもしれませんが、大阪杯2018において関東馬が勝つことは過去の傾向からしてほぼ皆無です。

このように関東馬は出走頭数23頭のうち、一度も勝った馬が出現しませんでした。今回の大阪杯2018で関東馬に該当するのがウインブライト・ゴールドアクター・メートルダール・ミッキースワローになります。

kome
思い切って1着固定を外しても良いかもしれませんね!

大阪杯2018 管理人の買い目公開!

それでは枠順も確定しましたのでkomeの買い目を載せていきます!

まずは印をチェックください。

◎(本命)⇒スワーヴリチャード
〇(対抗)⇒ダンビュライト
▲(単穴)⇒アルアイン
△(連下)⇒ペルシアンナイト、サトノダイヤモンド
×(入着)⇒ウインブライト、シュバルグラン

今回はこのように印をうってみました!そして馬券はというと…

【馬連】◎ー〇 2000円(38.4倍)
    ◎ー△ 各1000円(ペ40.5倍 サ8.3倍)
【3連単フォ】◎〇-◎〇△-◎〇△▲×(計30点×100円)

 

これで逝く…

逝っちゃう!!ドピュッ

※ダンビュライトを対抗に選んだ理由は「これで的中率90%確定?!大阪杯過去10年の配当と傾向の分析結果はこちら」のデータを参考にしてみました!

まとめ

いかがでしたか?今からでも大阪杯2018の出走が本当に楽しみですよね?!

今回の内容を簡単にまとめますと、

  • スワーヴリチャード、サトノダイヤモンドが人気する
  • 枠番は『3枠』『7枠』があつい!その逆で『1枠』はまだ勝ったことがない!
  • 1番人気の信頼度は3着内率90%とかなり高い。また、6番人気馬の成績も勝率・3着内率ともに高い傾向。
  • 4,5歳馬が圧倒的に強いレースである
  • 関東馬はまだ1勝もあげていない
  • 前走『2000m組』の成績が奮わない(金鯱賞ローテ組)

このあたりも踏まえて、馬券予想をしてみてはいかがでしょうか?

また、過去10年間の配当を詳しく知りたい方は「これで的中率90%確定?!大阪杯過去10年の配当と傾向の分析結果はこちら」をご覧ください!

kome
買い目が決まりしだい更新しますのでまた見に来てくださいネ!!

※大阪杯からGⅠレースが連続して開催されますね! 少し気が早いですが、大阪杯の次は桜花賞です!桜花賞の情報については「桜花賞2018予想オッズ!騎手情報と3連複馬券で10万ゲット作戦公開!を参考にしてみて下さい!


また、その次の皐月賞については「
皐月賞2018予想オッズは?!枠順と好走率を徹底調査!」に出走予定馬や予想オッズについて詳しく書いておりますのでそちらも併せてご覧くださいね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事